【余命三年時事日記】2563 2018/06/13アラカルト@ 2018年6月13日 - 気になるニュース

【余命三年時事日記】2563 2018/06/13アラカルト@ 2018年6月13日

【余命三年時事日記】2563 2018/06/13アラカルト@ 2018年6月13日

ソース:2563 2018/06/13アラカルト@ 2018年6月13日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/06/13/2563-20180613%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

2563 2018/06/13アラカルト@
 
ミカンの実

 日本が大好きです。余命様スタッフの皆様、関係者の皆様、いつも本当にありがとうございます。さて私、ついに週刊プレイボーイ読者デビューしました!。最初は書店で自分で買うつもりだったのですけど、知り合いにでもバッタリ会ったりしたら気まずくなるし、文教堂さんでいつも買うからお店の方とは顔見知りだし、色々とハードルが高くて断念!。 でも、でも、どうしても小坪議員の記事が読みたくて、急遽夫に電話して、会社帰りに購入してもらいました。一生買って読むことはないであろう成人男性用雑誌を自宅で読む日々が来ようとは思いませんでしたが、これも楽しい経験です。

 記事は4ページで、最後のページの最後の方で「これって洗脳ではないのかな?お金も払ってるし。」と、個人的には思いましたが、それはそれ。いろんな考えの人がいますからね。今の私の不安とか、しんどさは、『答えがすぐに判らない。』という状況に置かれていることから生じるもので、まぁ耐えられないことはないですね。受験ではないのですから、すぐに答えが分かるわけがないのです。そういう事はすでに覚悟していましたからね。状況が変わって、もっと苦しくなったら「ごめんなさい。戦線離脱するわ。」でもいいと思ってます。こういうのは個人差がありますから。今のところ状況はどんどん楽に良くなっているので、まぁ、大丈夫かな?。このままどんどん状況が良くなっていったら嬉しいな。

 弁護士会もね、会費が高過ぎです。会費を10分の1くらいにしたら、弁護士さんたちも助かるのではないかな。若い人は安くして実績のある人や大きな仕事をしている人には高い会費を設定するみたいな、何か差別化したらいいのではないかしら。

 あ、差別は絶対に許されないのか…。なら弁護士さん全員高い会費のままで仕方ないですね。すみません。余計な口出しでした。あまむし氏のコメント記事がすごく素晴らしくて、私ノートに書き写ししてます。ありがとうございます。皆さま、どうかご自愛ください。

 
RK

 余命様、スタッフの皆様、

 こんばんは。

 日々大変お疲れ様でございます。ありがとうございます。

 この度、小坪しんや様に寄付しました!

 例のお手紙を受け取り後、楽天家の私もさすがに思い出すたびドキドキさせられていたところの小坪様の活動!

 余命ブログを読んでいるので、そんなに心配は無かったのですが、これで一切の不安が消し飛んだ御礼の気持ちとして、少しばかり寄付しました。

 そして話は変わりますが、と言うか、こちらの話を読んでもらいたかったのですが、最近購入した歌の歌詞が素敵でよく聞いてるんです。皆さまもよければ聞いてみてください。

 それは、RADWIMPS の HINOMARU です。

 話題になってるのでご存知の方も多いとは思いますが、タイトルからも分かる通り、左の人達?は批判してます!

 でも普通の日本人だったら良い歌だなぁと思いますよ。

 歌詞の最初の部分だけですが、

 『風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に
 意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに
 胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
 この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊
 さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に‥』
 素敵な歌詞ですよね!
 それでは、この歌聞いてこれからも頑張ります!

 
ダイナマイト四国愛好会

 お疲れ様です

 トランプ激おこですね

 有事になったらどうなるやら

 パヨっぽい奴らは目をそらしてモリカケガ?ばかり


匿名女子

 余命様、余命チームの皆様、日本の為日々のお働きありがとうございます。

 少し疑問に思った事があります。

 せと氏の緊急余命プロジェクトの事ですが、その中で氏が書かれている言葉

 『このメールに皆さんの思いなどを先ずは入れて下さい。その都度ブログでお知らせします。お一人で悩まないで、皆さんと思いを共有しながら戦って行きましょう。私のブログを千人の人全てが見ているとは限らないので、この千人の人全員に対して、近く郵便で書面を送ります。』と書かれていますが、せと氏はどうして懲戒請求の千人の方に郵便で書面を送ることが出来るのでしょうか?

 懲戒請求を出した千人の住所、氏名をどうしてご存知なのでしょうか?

 私がせと氏を知らないので、こんな馬鹿な質問をしたのでしたらお許し下さい。

 


 こんにちは、

 たった今おそらく陸自?(もしくは米軍)黒色のチヌーク2機が家の横、距離にして約200m、低空飛行で横須賀方面に飛んでいきました。さすがにチヌークがここを通過したことは無かったのでびっくりしました。 一週間ほど前には、輸送ヘリではなく戦闘ヘリも通過したのを確認しています。機種がだんだん変わってきているので何かの前兆かもしれません。 どう考えても、米国大統領の動きと関連があるだけだとは思いますが…。念のため近隣の事故に見せかけたテロ等が起こらないか注視(警戒)しておきます。 彼らの暴発は全て事故や精神疾患者の傷害事件扱いで報道するでしょうから、早めに全局制圧していただきたいものです。 期待しております。
 

宮崎マンゴー

 コメント送信致しましたが、凍結して動かず…1時間後消されてしまいました。再度投稿致します。採否は構いません。余命先生の御目通しがありましたなら、我愚文満足でございます。
 

終止符

 戦いが始まった。

 始まりがあれば終わりがあるように、この戦いの終止符は誰がうつのであろう…

 [日本を取り戻す][日本再生]の正義をかけたパズルは次々と埋まっている。待ち望む最後の一欠片を埋めるのは、安倍総理?トランプ大統領?余命先生?読者有志の皆様?それは、日本国民だと。

 通州事件、通化事件、二日市保養所など、戦前そして戦後に起きた多くの民が犠牲になった残酷なる事件史。戦後73年、皇歴2678年の日本において、まだ続いていたのです。 何度も何度も伝えてきた事は届いておりましょうか?ここ最近では、連れ去り監禁殺害事件、連れ去り集団強姦事件、新幹線殺傷事件と非道かつ残虐なる事件が多発しております。

 闇サイト監禁殺人事件の被害者の親御様が、何年も街に出て叫び署名を集められておられた御姿、そして裁判を覚えておいででしょうか?繰り返してはならない犯罪、事件が再び繰り返される日本の現実が哀しい。被害になられた方の、その御家族の叫びが届かない。

 誰もが手をさしのべられない弾圧 、虐待、殺害が行われ続けているチベット、東トルキスタン、内モンゴルの現状は誰が知る(チベットNOW@ルンタ)そして、我が国においても現実は同様に全土に存在しております。

 カズ様、二代目様、余命先生が、ご発信され続けて下さいました事全てが、ようやく読者有志の皆様へ届きひた押し続行の今。オブラートに包んでしか伝えられなかった囚われ救い待ち望む人々の現実は、決して絵空事ではなく、安心安全なる家が収容所の如く、自由無き心身への責苦の日々、もはや鎖で繋がれた生活の地が在るということ。歴史書、伝文書、人による聞き伝えでの日本の真実の拡散、そしてそれを知った人々の怒りは待ち望む我々にとってはありがたい事でした。しかし、術が無い、闘う武器も無い、輩に囲まれた丸裸の日常から、叫び、涙は伝わらない届かない。多くの人々の命が消され行く、動けば消されかねない現実。術無き状況の中、少なく集まりで行動する者、命がけでネット発信する者…お気づきでしょうか?24時間365日数年に及ぶ中、作られた不幸の中消された尊き命、生きたくても生きられなかった人々の無念、救い待ち望む我々の屈辱、痛み、叫び。ここは日本であるはずなのに…
終止符は誰がうつ。

 日本全土に覆われた闇の中で光待つ我々の世界へ風穴を開けて、手を差しのべて下さる時はいつ。

 時間がない、日本が泣いている。

 日本人が泣いている。

 戦前戦後、誰もが予期していなかったおぞましき世界に引きずり込まれた民が確かに居る。噛み締めた唇から真実を語れないもどかしさ、辛さ。北の拉致問題とは異なるあり得ない状況下で、幼子が、婦女子が、男性が、お年寄りが待っている、この事件の終止符を(婦女子へ何の残虐な事が起きているか伺い知れないでしょう。)

 ここに目があると信じ、オブラートに包まれてしか発信出来ない自分は、護らねばならない者がいる。動けば人質となり得る者、自分の身代りとなり人生を脅かされる者が発生する。誰に託せばよいのでしょう…八百万の神々様冴え、日本冴え恨むことも。しかし、それは間違いでした。こうして生かされていることに感謝せねばなりません。自分の運、自分の番だったのでございましょう。そして、「生きる」という一本の柱を気づかせて下さったのが、[余命三年時事日記]余命先生であります。読者有志の皆様であります。

 戦いを終わらせるには「ひた押し」しかございません。丸腰で何が出来よう。これ迄の戦後の日本が味わってきた凄まじい現実、屈辱の数々を想えば分かります。綺麗ごとでは済まされない、乗り越えられない、取り戻せない現日本。全てが侵食、腐敗。危機、危険をも訴える場所は無い。

 けれど、一つだけ穢されていないもの。「日本の心=正義」です。

 「諦めない心=忍耐」です。

 立ち上がった愛国の志士、愛国のライオンの皆様、もしも武器を与えられたなら…闘って下さいましょう(そう信じております)

 誰もが心に身体に傷を負っている日本。今しかないと思います。

 阻まれる壁、壁、壁かもしれません。誰かがやらねば、誰かが立ちあがらねば、戦いの終止符はうてない。

 迎え討つ相手は、敵は、神無き国、族、餓鬼である。そのおぞましさは、犠牲となられた亡き先人の方々、そして我々が知っている。

 人面獣心ものへは、一筋縄ではいかない。それは群となり、武器を持ち潜んでいる。既に囲まれている。刃を突きつけられた状況下で伝えねばならなかったこれ迄。「自分達の現実を知って欲しい!」と、命がけで発信される人々の願いは届きましょうか?

 ここに目がある。国防を守る、治安をお任せ願いたい強き方々の目がある。「その時」が一刻も早くまいりますことを願ってなりません。最後の[日本再生]のピースを、[平和の奇跡]のピースを握っているのは、一人一人の民だということ、終止符は日本の民がうつ。

 6/12神社にて、御神籤の神の教。

 *生きた親御に御仕えすると同じ思いで神仕え(神様はおなつかしい親さまである。子を慈しむ親心をもって常に側去らず、みまもり助け居て下さる。されば生きて居らるる親に仕える心持ちで神様を拝み嬉しい時にも、悲しい時にも御話申して御祭りする。そして常にぴったり御一体になって居る事が肝要だ)   祈

 
琵琶鯉

 琵琶鯉です。

 翁さま、スタッフの皆様、同士の皆様、いつも感謝しております。

 私達による懲戒請求事件(?)後、小坪議員による保守の連携が成り立ち、敵方も攻勢を強めております。
そういった中で、有名どこのYouTubeが削除さるたり(どうよら香山リカさんが絡んでいるようです。香山リカさんを扱った動画が軒並みやられているようむです。)

 また、保守速報など、まとめサイトの広告停止をやられているようで、敵も形振り構わないようになっております。

 もし、このblogをご覧の経営者の方、もし宜しければ、保守速報に広告を出しませんか?月間100万人が閲覧するサイトは、美味しいですよ。

 
五省

 余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様、いつも勇気を頂いておりますありがとうございます。

 以下、シェアしたくなる法律相談らしいです(笑)

 ttps://lmedia.jp/2018/06/12/86058/

 一部抜粋

 Q.懲戒請求をしてきた人々に伝えたいことはありますか?

 A.私を懲戒しても日本は特に良くならないと思います。

 ↑この辺りは笑う所でしょうか?

 相変わらずの被害者ヅラで嫌悪感を感じますね。国民の権利である懲戒請求を虚偽告訴及び威力業務妨害とは、まあ訴状が来ませんから只の恫喝でしかありませんし、我々懲戒請求者を公衆の面前と同じSNSにて恫喝し恐怖ならびに不安に貶めた罪は重いよ。

 
マンセー名無しさん

 米朝会談では実質何も決まりませんでしたが、むしろ制裁が継続することになりました。一時、保留されていた制裁リストが発動することになりますかね。

 【米朝首脳会談】対北制裁は「核の脅威がなくなったときに終わる」 トランプ氏
 ttps://www.sankei.com/world/news/180612/wor1806120121-n1.html

 【シンガポール支局】トランプ米大統領は12日の米朝首脳会談後の記者会見で、対北朝鮮制裁について「核の脅威がなくなったとわれわれが確信できたときに終わるだろう」と述べ、北朝鮮が核を放棄するまで継続する考えを示した。


くれは


 余命様、スタッフ様、読者様

 小倉弁護士は自身のブログに懲戒請求者の方々の個人情報を晒すことについて、以下の認識をお持ちのようです。

 これが本当に弁護士なのか?と呆れ果てるばかりです。

 このような弁護士の炙り出しを計画された余命様や、行動を共にされた読者の皆様に深く感謝を申し上げます。

 @Hideo_Oguraさんのツイート:
 ttps://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1006403321538596865?s=09
 Hideo_Oguraさんのツイート:
 ttps://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1006405877287378944?s=09

 以上

 発見しました

 
皆様お疲れ様です。

 さて、弁護士の職務権限による住民票や戸籍情報の取得について、『弁護士自治を考える会』のホームページから引用します。

 以下当該ホームページ

 弁護士は事件を受任した時に相手方や当事者の情報をとることができます。書類の調査などありません。職務上請求書に「損害賠償請求訴訟の準備のため」と書けば戸籍謄本が取れます。裁判しなくてもかまいませんというのが弁護士職務上請求制度の日弁連の対応、さらに、損害賠償請求訴訟ではまったく必要のない除籍謄本、原戸籍謄本も取った弁護士もいます。実際は身元調査です。

 【損害賠償請求訴訟を○○裁判所に提起する際の書証】と書けば役所は黙って戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍を発行します。これも実際には裁判に書証として提出してなくてもわかりません。謄本を上げられた人が自ら役所に行き調査しない限りわからないからです。

 まして従前戸籍地(以前の本籍地)などに自分の戸籍が上げられているかどうかの調査をする人などほとんどいないからです。

 とにかく弁護士だけは何をしても許される特別な存在なのです。

 以下当該ホームページにある懲戒例

 浅見 隆行 28017 第二東京 戒告 2013年7月1日

 3 処分の理由

 被懲戒者はAからAが提起した損害賠償請求訴訟事件への協力及び助言の依頼を受けたが具体的な代理業務を受けておらず業務を遂行するために必要がある場合に該当しないにもかかわらず2011年8月1日付けで利用目的欄に相続関係調査のためという事実に反する記載をした戸籍謄本等職務上請求を作成した上、懲戒請求者の戸籍謄本を職務上請求した。

 処分の効力を生じた年月日2013年4月1日

 2013年7月1日 日本弁護士連合会

 小山晃 22533 三重 戒告  2014年5月1日

 処分の理由

 被懲戒者は懲戒請求者を相手方とする損害賠償請求訴訟について受任し2012年12月頃上記受任事件に関し職務上請求により取得した懲戒請求者の住民票の写し及び戸籍謄本の写しを依頼者の求めに応じて交付し懲戒請求者及びその家族の個人情報を開示した。

 処分の効力を生じた年月日 2013年2月5日2014年5月1日日本弁護士連合会

 以上ホームページより

 『目的外』『対象者以外の情報』『開示』あたりがキーのような気がします。

投稿日: 2018年6月13日
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー