余命3年時事日記 (4) - 気になるニュース

【余命三年時事日記】2509 2018/05/10アラカルト@ 2018年5月11日

【余命三年時事日記】2509 2018/05/10アラカルト@ 2018年5月11日

ソース:2509 2018/05/10アラカルト@ 2018年5月11日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/11/2509-20180510%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

2509 2018/05/10アラカルト@
 
 とにかくつながらない。この二日間猛烈な妨害を受けている。時折つながるので、その一瞬に送信する。そういう事情なのでよろしくお願いしたい。


優游涵泳

 懲戒請求の件は、少々整理した方が良いでしょう。

・懲戒請求の争点は、個々の弁護士の名誉や営業妨害では無い。
・懲戒請求の争点は、過度な北朝鮮優遇活動が非行であるか否か。

 以上の二点に尽きます。

 では懲戒請求とはどの様なものかを身近な制度で例えると、企業内に於けるハラスメントホットラインやコンプライアンスホットラインの様なものです。

 これらのホットラインや相談窓口の多くは、直属の上司を飛び越えて社長や役員、監査役、第三者機関等に通報出来る様に制度が整えられています。

 何故、直属の上司を無視する形なのかと言うと、被疑者が直属の上司の場合を考慮しているからです。

 この度の懲戒請求を、身近な制度で物語に例えると概ね以下の通りでしょう。

 ?????????????????

 ある日、佐々木(仮名)課長のセクハラに耐えかねた女性社員達が、皆でホットラインに通報しました。

 この通報自体は、人権派弁護士などが相談者に指南する基本的な行動です。

 ところがこの会社の上層部はセクハラ親父の巣窟で、「尻を撫でたり、胸にタッチする位ではセクハラでは無いので処分しない」と通告して来たのです。

 ホットラインで訴えられた佐々木(仮名)課長は、「嫁に行けない様にしてやるからな」と脅して来ました。

 そこに自分も通報したと言う主張する女性社員の一人が「佐々木(仮名)課長が一晩抱かせたら許すと言ったので、一晩ホテルで共に寝た」と言い出したのです。

 更に第三者である筈の次長や部長が、「一晩抱かせて手打ちになるのなら、その方が良いんじゃない?このままだと、輪姦されてその動画をネットにアップされるかもよ?」と仄めかしたのです。

 ?????????????????

 若し上記の物語の様な会社が実在したとすれば、社会問題化は必至でしょう。

 所が会社では無く弁護士会に置き換わると、どうやら実在してしまう様です。
 
 上記の物語では先ず争点として、尻を撫でたり、胸にタッチするのがセクハラに該当するか否かで争わなければなりません。
 
 通報した側からすれば確実にセクハラだと捉えており、対して佐々木(仮名)課長や上層部はそれ位は愛嬌だと考えており、この落し所を追及しなければならない筈です。

 それにも関わらず一方的に「セクハラに該当しない」とした上に、被疑者やその周囲が通報者に脅しをかけて来た形です。
 
 社会一般的には”通報者の保護”こそが第一優先と言う御時世に、”通報者弾圧”と”通報者への報復”をやってのけるのは、ある意味で勇者と言えるでしょう。

 つまり、通報者の責任など問えない事柄に対して、「通報したら責任取らされるかもよ〜?」と、争点を擦り替えて「引っ込めろ!」と脅している訳です。

 『架空のデメリット』をダシに争点を曖昧にしようと画策する行為は、流石は弁護士と言った所で手慣れてらっしゃる。
 
 実際、多くの方が『架空のデメリット』に引き寄せられて、争点の主張が弱まっているのではないでしょうか。

 今回の懲戒請求の争点は”過度な北朝鮮優遇活動が非行であるか否か”である事を、今一度再認識した方が良いのではないでしょうか。


白井

 余命様、初めまして。いつもブログを愛読させていただいております。

 この度、どうしてもお伝えしたいことがあり、勇気を出してコメントさせていただきます。

 まずは日本の為に日々ご尽力いただいている余命様、及び関係者、協力者の皆様には心から御礼を申し上げます。本当に頭の下がる思いです。

 私からも微力ながら、官邸メールの送信などささやかですが協力させていただいております。

 もちろんささき弁護士らへの懲戒請求も送っております。氏の『脅迫』には、始めは恥ずかしながら私も少々不安になってしまいましたが、よくよく読めば、向こうの主張は支離滅裂でちゃんちゃらおかしいことばかり。

 『脅迫』という稚拙な手段で自らの立場を危うくしていることに気づいていないのか、と考えると、却って笑いがこみ上げてきます。

 是々非々ありつつもTwitter等でこの話題が広まっていくのを見ると、私達の行いが意義の有ることであると改めて感じさせられました。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入らせていただきます。

 先日、知人の会計士からとんでもない話を耳にしました。

 唐澤貴洋という弁護士をご存知でしょうか?この方、少々曲者らしく、左翼弁護士界隈で幅を効かせ始めているようなのです。

 なぜ会計士の知人がそんなことを知っているのか。それは、唐澤貴洋氏が会計士界では伝説的存在の河野一英氏を祖父に持ち、更に現在の会計士界の重鎮である唐澤洋氏の息子であるからです。

 河野一英氏についてはこちらのWikipediaの項目がよくまとまっていると思われます。

 ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E4%B8%80%E8%8B%B1

 唐澤弁護士は祖父や父の縁故を使い倒して仕事をしてきたそうで、会計士の間ではそれなりに悪名高い存在なのだそうです。

 コネを仕事の足がかりにするだけならいいのですが、仕事に対する態度が大変お粗末なのだとか。

 実際、司法試験合格後に最初に入所した弁護士事務所も、半年と経たずにクビになっていますし、

 独立後も依頼の着手金を取るだけ取って長期間放置したり、専門外にも関わらず勝てる見込みのない依頼を受けて着手金だけは懐に入れるなどし、敗訴等の条件の悪い結果ばかりになっているようです。

 普通であればこんな弁護士は自然に淘汰されてしかるべきですが、氏は名門の家柄を盾に、涼しい顔で商売を続けています。

 ネットで彼のことを調べると、膨大な量の情報がヒットして驚かされます。
 
 彼は2chで大変嫌われており、ものすごい悪評が立っているのです。

 経緯を知れば理由は納得できます。2chで迷惑行為を繰り返した人物が2ちゃんねらーに反撃された際、彼の弁護人となって、それを建前にして、自分の気に入らない書き込みを行った者の個人情報の開示請求を繰り返したからです。
2chにも様々な考え方の人がいますが、多くは良心的であり、日本がよりよく成るためにどうすればいいか真剣に考えている人達です。

 唐澤弁護士は、そういった議論を弾圧するため、職権乱用としか言いようのない行為を続けているのです。

 中には「唐澤貴洋め、殺してやるぞ」と発言した方もおり、氏の狼藉を考えれば怒り心頭となるのも当然でしょう。
しかし、この発言は「殺害予告である」とみなされてしまい、書き込んだ方は逮捕されてしまいました。

 多方面に顔の効く唐澤弁護士ですから、これくらいの公権力の動員は朝飯前なのでしょう。恐ろしいばかりです。
それにしても何故、唐澤弁護士は2chの書き込みを都合悪く感じているのか。それは彼が過激な左翼思想を持っているからです。

 しばき隊とズブズブの蜜月関係にあり、ノイホイこと菅野完氏や、在日朝鮮人弁護士の趙學植氏(通名:原田學植)と頻繁につるみ、ツイキャス生配信を行うなどしています。

 なにがそんなに楽しいのか分かりませんが、私からすれば寒気のする思いです。

 いずれにせよ確かなのは、彼は家柄だけでなく、しばき隊や在日朝鮮人コミュニティがバックに付いているという事実です。

 そもそもお祖父様の河野一英氏が社会党議員秘書の経験も有る方ですから、血筋ということなのでしょうか(苦笑)

 唐澤弁護士は「インターネットに強い弁護士」を自称していることもあり、姑息にもネットには殆ど発言を露出せず、

 オフラインでの左翼弁護士との活動を中心にしているようです。

 今回、彼について調べているうちに、数少ない氏の発言の痕跡を見ることが出来ました。

 ttps://www.facebook.com/okaguchik/posts/641856359225979

 仲良しの岡口基一裁判官の投稿についている、奥村弁護士のコメントに対するレスが「奥村先生 その節はお世話になりました。

 当職に確認もせずに誹謗中傷された件では先生のご見識を疑いましたが、お元気でなりよりです。」という、攻撃性を匂わせる発言です。これだけでも、氏の人となりは想像できますよね。

 そんな唐澤弁護士と仲良しな左翼弁護士をできる限り調べてみましたので、下記に列挙させていただきます。

 ・岡正晶氏(元日本弁護士連合会副会長、元第一東京弁護士会会長)

 唐澤弁護士への抗議行動を行うメンバーに対して「弁護士に対するこの種の業務妨害行為は、弁護士制度に対する重大な挑戦であり、当会は断固抗議する」と第一東京弁護士会として声明を発表

 ・宇都宮健児氏

 唐澤弁護士の崇拝する弁護士であり、氏の大学院時代に特別講習を行うなど、交流がある

 ・小倉秀夫氏

 Twitter上で「唐澤弁護士に対する一連の執拗な中傷に対しては、一種の弁護士対象暴力として、一弁をあげて対処すべきなんだとは思いますね。」などと発言

 抗議行動や批判を「弁護士対象暴力」などとレッテル張りしお仲間を守ろうとしている

 ・倉持麟太郎氏(山尾志桜里氏と不倫)

 唐澤弁護士の慶應義塾大学自体の後輩(OB)、唐澤氏と同じ事務所に属する山岡裕明氏の中央大学法科大学院の後輩で、共通の知り合いとして交流

 ・趙學植氏

 前述の通り、菅野完氏と共に頻繁につるんでいる

 ・神原元氏

 しばき隊からの横のつながり。菅野完氏や趙學植氏ほどではないにしろ、関係はある模様

 ・佐々木亮氏

 しばき隊からの横のつながり。唐澤弁護士の専門であるネット関連の法廻りを入れ知恵している可能性も

 他にも多数いることは想像に難くないのですが、現時点ではこれが精一杯です。

 また、私自身は大した力もない一般人ですから、これらの情報はネットや会計士の知人を通して得たものであり、多少の間違いもあるかも知れません。

 しかしながら、彼らの情報隠蔽や、作為的に流すデマと比べたら、真実に迫ったものであろうと確信しています。

 表立って世間に意見を発信していない唐澤弁護士ですから、既に懲戒請求の対象者となっている弁護士と比べれば目立ちませんが、彼のようにオモテに出てこず、界隈の中だけでこそこそ暗躍する人物にも、制裁が必要だと感じています。

 そこで余命様、無礼を承知でのお願いなのですが、唐澤弁護士の悪行を皆様にご紹介いただけないでしょうか。

 国を愛する普通の日本人として、氏のような人物が制裁を受け、改心することこそ、真に日本が日本人にとって優しい世界を取り戻すことに繋がると思っております。

 無力な私ですか、何卒、声なき声に力をお貸しくださいませ。よろしくお願いいたします。m(_ _)m


アンチレッド

 余命爺様、スタッフ様

 いつもありがとうございます。

 懲戒事由については、弁護士法 第五十六条に規定してありますね。

 弁護士法 第五十六条(懲戒事由及び懲戒権者)

 弁護士及び弁護士法人は、この法律又は所属弁護士会若しくは日本弁護士連合会の会則に違反し、所属弁護士会の
 秩序又は信用を害し、その他職務の内外を問わず、その品位を失うべき非行があつたときは、懲戒を受ける。

 五十六条自体には、その品位を失うべき非行があつたとき、としかありませんが、この法律=弁護士法に違反することも、懲戒事由になるとあります。

 そこで第一条、第二条を見ると、

 弁護士法 第一条(弁護士の使命)

 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。

 2 弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。
 
 弁護士法 第二条(弁護士の職責の根本基準)

 弁護士は、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通しなければならない。

 とあるので、この中で違反していると思う事由があれば、それも懲戒事由になりますね。

 憲法第89条違反は、社会正義・社会秩序の維持・法律制度の改善、に違反していると解釈することが可能だと思います。

 また、名誉毀損については、公共の利害に関する場合の特例、があります。

 刑法 第二百三十条(名誉毀損)

 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀き損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

 刑法 第二百三十条の二(公共の利害に関する場合の特例)

 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

 憲法第89条違反は、明らかにこの特例に相当すると思われますので、名誉毀損にはならないと思います。


とおりすがり

 青林堂営業部? @seirindo_eigyo ・
 書泉ブックタワーでは先着特典で直筆イラスト色紙付き!
 「このままでは日本は奴らに乗っ取られる!!」
 『余命三年時事漫画』 画:山野車輪 作:余命プロジェクトチーム モンスターブログ「余命三年時事日記」の軌跡が漫画化!
 特典付きは数に限りがあります。品切れの際はご了承下さい。
 青林堂営業部? @seirindo_eigyo
 とらのあな秋葉原店A・秋葉原店Cで発売中!
 「このままでは日本は奴らに乗っ取られる!!」
 『余命三年時事漫画』 画:山野車輪 作:余命プロジェクトチーム モンスターブログ「余命三年時事日記」の軌跡が漫画化されました!


たまより

 井上太郎氏が懲戒請求の件で連続ツイート。

 佐々木亮は他所でも問題起こしているようですね。

 井上太郎? @kaminoishi
 朝鮮人学校補助金支給に反対する一般国民が、支給を要求する行為が弁護士としての品位に欠けると請求したと思われます。私は正当な事由と思いますが判断は当該弁護士会です。
 しかしその懲戒請求者に対し弁護士が刑事告訴等を示唆し一方的に不当な請求と決めつけてることは品位を汚していると思います

 井上太郎? @kaminoishi
 懲戒請求事由が正当かどうか、懲戒に値するかどうか、多人数による懲戒請求が違法かどうかさらに業務妨害そして損害賠償が認められるかどうか、それぞれ別問題「朝鮮人学校補助金支給要求声明」が請求事由に成り得るか、というより懲戒に値するかを当該弁護士会の懲罰委員会が判断するだけのことです。

 井上太郎? @kaminoishi
 懲戒請求を受けた弁護士、エディファミリー労組に対し法的根拠を示すことなく金銭請求を行い、刑事告訴を示唆するなどの言動こそ正当な懲戒事由に当てはまると思います。
 今回は弁護士として行政の裁量権ともいえる事項への要求は一国民なら当然の権利と思いますがあえて弁護士ではその品位には疑問です

 ※ここで「バカだろ?」「なめんじゃねえぞ!」と恫喝している東京管理職ユニオンの弁護士が佐々木亮。
 
 恫喝されているのがエディファミリーユニオンのようです。

 ttps://twitter.com/fragment1207/status/923811016730750976

投稿日: 2018年5月11日

【余命三年時事日記】2508 2018/05/08アラカルトA 2018年5月8日

【余命三年時事日記】2508 2018/05/08アラカルトA 2018年5月8日

ソース:2508 2018/05/08アラカルトA 2018年5月8日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/08/2508-20180508%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a1/

2508 2018/05/08アラカルトA
 
ゆん

 余命様、余命チームの皆さま、毎日ありがとうございます。

 そして主に官邸メールなどで活動されている同志の方々、ぼんやりとエピローグが見え始めたとはいえ、まだまだ頑張りましょう。

 さて、もう反日弁護士と検察は詰んでいるのではないでしょうか。小生にはそう思えます。
  
 今までに我々が行った官邸メールの詳細、懲戒請求、各種告発、、、それらに対する弁護士・検察の対応、、、この一連全てが国会で質疑されただけで完全にアウトなのではないでしょうか。小坪しんや議員が支援されるということは、和田正宗議員、杉田水脈議員、、、その他の国会議員にも繋がるということ。そしていずれかの国会議員が上記の内容について国会質疑を行う、、、と。

 、、、アウトですよね。もし安倍総理がその場にいれば、「(弁護士と検察の対応を)しっかり精査させます。」と仰るでしょう。その後どうなるかが楽しみですねー(笑)


日本発進

 投稿後読み直すと最後の最後が自分でも意味不明だったので修正します

 申し訳ございません…

 日本人だから純粋に意識せず日本人目線で平和と秩序の安定を願う、当たり前です。

 日本人だから、日本人として事実を主張し日本人目線で利益を考える、当たり前です。

 アメリカの為でもない、中国の為、韓国の為、北朝鮮の為など絶対にない、当たり前です。
 
 愛国心を全て自虐思考に誘導するパヨクは???にしか映りません。作為的に作られたフィルターを通し、反日国家目線で日本を語る『パヨク』。
 
 精神的な意味でも成りすまし日本人であるパヨクが自然淘汰されていくのは当然の成り行きです。
 
 親切丁寧に早くから事実を伝える余命三年時事日記。
 
 何故か攻撃されてきました。余命三年時事日記読者を攻撃した者がテロ組織と連携してるかどうかも今後客観的に判断されます。
 
 テロ関係組織等の認定=社会的抹殺という口座凍結は当然の成り行きですが、それはチーム余命が描いた希望や願望ではなく解説であり忠告でした。怒りの矛先をこちらに向けるのは筋違いなのです。(事実を発信しているだけ)

 短く読みやすくまとめようと校正したつもりですが、基本国語が苦手なものでこれが精いっぱいです…申し訳ございません。最後まで読んでいただきありがとうございました。


日本発進

 余命三年時事日記プロジェクトチーム・歴代余命様・スタッフ・読者参加した方…その皆さんをここで勝手に【チーム余命】と略させていただきます。
 
 前回の私から読者の方へのメッセージ(2489 2018/05/01アラカルト@)偶然であったかも知れませんがトップバッターになれて目立ったのは間違いなく感謝しております。その続きですがよろしいでしょうか?…  
 
 チーム余命は、既に日本再生を意識できてる人やこれから知ることになるであろう人に旗幟鮮明のきっかけ・機会を作る為、事実を淡々と伝えてきたと思います。
 
 有事等の緊急事態に、日常からの言動による判断でテロ組織と認定されてしまうような人をださない為に。
 
 企業にも個人にも、朝鮮人・売国奴に利するような間違った行動を過去にも現在でも続けているならそれを見直し改めていくように働きかけた。
 
 安倍総理の為でもなく、日本人の為の日本再生を完璧なものにする為に。外圧や、諸事情による緊急性等、早める遅らせる等、日本だけの事情ではどうしようもないスケジュール。
 
 シナリオどおりでいけば残された僅かな時間を、安倍総理の日本再生余命さんの露払いに協力した。ただそれだけだと思います。

 誇りを持って堂々と。

 普通の人には恨まれるどころか感謝されるべき行動ばかりだと思うのです。
 
 道を誤っていたとしてもまだ引き返せる人には汚名挽回のチャンスも時間もありました。

 だからこそ『まだ間に合う今のうちに、目を醒まして間違った行動を改めていってください』という切実なメッセージ。

 有事事態に通名や便衣兵等同様の評価を受けないように。
テロ組織に利する言動続けていたら危ないよ、シナリオまで公開して何度も警告してきたのに。
 
 日本を取り戻す=普通の日本人にとって日本再生は利益になることばかりだと思います。『長い目で見れば、全日本人にとって結果的に利益になることばかり』だと思います。
 
 戦後が最悪だっただけに、何兆円単位という金額だけでなく、過去の歴史とは比較しようのないのがこれからの日本再生だと思います。
 
 ただし、全ての日本人がwinになるとは限らない。それなりの報いが生じるのは誰が考えても想像つくことだと思います。だからこそ、最悪の事態とならないようにという情けであり、忠告であり、心の準備・身辺整理期間の周知期間だったと思います。
 
 早く知り早く目を醒まして切り替えの時期が早ければ早いほど、報いによるリスクが軽減されるものだと思います。
 
 もともとチーム余命の活動はこそこそするものでもないし、阻止妨害・恨まれるどころか感謝歓迎・全日本国民応援されるべきことだと思うのです。(余命三年時事日記を初めて読んだ時からずっとそう思っています)

 恥じることも隠すことも嫌悪感を持つこともおかしい、むしろ自慢して誇っていい位のことだと思うのです。
 
 ただそうできない苦渋の理由は反対勢力の標的になるようなことがあれば危険だから控えめにしているだけです。それは日本の実情を知れば知るほどそうなる訳で、我慢と忍耐、不完全燃焼にもなります。

 チーム余命の活動と日本再生の事実と結果…先に知ろうが後から知ったとしても何ら関係がないかも知れません。私にとっては自分の人生に目標と生きがいと誇りを持てる機会をいただいたことには感謝しかありません。無念に亡くなった自分の父親の弔い合戦を意識してできてることにもなるという…。
 
 私にとっては、チーム余命の活動と日本再生の事実と結果を後で気がついたなんてことなら、深い後悔と自己嫌悪感を背負ったまま死んでいく人生…という可能性もありました。

 まだ終わっていません、これからが本番の本番ですから、できることはいっぱいあります。
 
 『もう余命がいようがいまいが』という意味について。これは誰が強制するものでもなく、意図的にコントロールしようとしてできるものではないということだと。
 
 運命というものでもなく、自然の摂理というか…。
 
 いくら発信力と事実上の権力の頂点にいるともいえるTV・新聞、最近成り代わろうとしているネットでも人間の意思や感情を強制コントロールしようとしてもできない当然の成り行きだと思っています。
 
 なぜならば、ネトウヨとパヨクの争いといっても一体何を争っているのか?無関心層には意味不明だからです。印象操作次第では『パヨクもネトウヨどちらもおかしい』と言われる所以です。冷静に建設的に主張を知れば『一部を除き』争う理由が不明です。
 
 それはパヨクが発狂して安倍政権に訴えかけていること全てがネトウヨと蔑称されながらも訴えかける理想と一致しているはずだからです。
 
 差別反対・暴力反対・権力に負けるな、当然のことで間違っていません。パヨク・売国奴の主張のほとんど全く当然のことばかり言っているので間違っていないのです。

 『一部を除き』の一部とは、肝心の『事実と解決方法』についてです。

 何が問題か?どうしたらいいか?という問題解決方法の核心部分です。

 パヨクの言行不一致は結局自業自縛のブーメランばかりです。

 パヨクや売国奴が自業自縛で淘汰されていくのは建設的前向きな要素が皆無だからです。その口が言う?出鱈目、矛盾、責任転換、頭隠してお尻隠さずの言動が問題なのです。
 
 差別はいけないけれども差別でないものまで差別とするのが問題であり、犯罪行為であるものを犯罪でないと開き直り正当化すること・イデオロギーの為というか都合よく隠蔽して使い分けることに無理があるのが問題だと思うのです。
 
 最悪で致命的なのは、『国民監視下で』犯罪でないものを犯罪とする、『無実の人を作為的な冤罪まで利用して犯罪の加害者にしてしまう』という、その異常性が全てブーメランになっています。映像音声というメディアという武器が全て弱点になっています。
 
 差別するなと言うほうが差別している、暴力反対といって暴力を振るう、憲法守れといって法律を守らない…口先だけの正義で行いが全て逆、だから呆れられ、然るべく淘汰されていってる事実があるだけなのに気がついていない。
 
 ここ数年のTV放送というメディアの崩壊とリンクしているパヨクの崩壊。地上波メディアのブーメラン。スマホのアプリ特集したり、ネットで有名な…だのネットの引用ネタばかり。

 良いもの悪いもの紹介して良いものだけが評価され生き残っている現実。
 
 悪いものはどんだけ利権で守ろうとしても自然淘汰されている事実。明らかに悪い駄目なものは然るべき意思を持って排除されていきます。
 
 良いものは意識的に護られ生き延びていきます。それがそのまんま日本が築いてきた歴史だと思います。いくらTV・新聞が駄目だからと、万能なネット使っても人間の意思や感情を強制コントロールしようなんて無理です。それをわかっていないのがパヨクと独占ch地上波メディアです。

 『チーム余命の目指すところ』右翼思想でも左翼思想でもない不偏不党。全ては日本の為日本人の為。
 
 与党である自民党でも全体が○ではなく中には評価できない・許せない議員がいっぱいいる。『政党や個人議員を盲目的に支持しているのではなく行動のひとつひとつを選別して支持している』ということです。
 
 日本人だから日本国民だからといって全員正しく守られるものでもなく売国奴・犯罪者は守られない。逆に外国人だからと言って全員反日ではないし、敵でもない。国益に適う政策・行動なら人種・政党の隔たり関係なく支持して応援していく、だからこその不偏不党。
 
 朝鮮人だから、中国人だから、日本人だから、自民党だから、というものではないのです。そこを勘違いしています。
 
 全ては、行動と結果によるものです。犯罪集団が蚕食不法手段で得た利益を放棄せず、正当化して開き直っておいて攻撃する側に付いて、自分はまともですなんて通用しません。

 全ては自業自得・自業自縛の結果になると思うのです。
 
 日本人だから純粋に意識せず日本人目線で平和と秩序の安定を願う。当たり前です。

 日本人だから、日本人として事実を主張し日本人目線で利益を考える。当たり前です。

 アメリカの為でもない、中国の為、韓国の為、北朝鮮の為など絶対にない。

 それを自虐思考に全て誘導するパヨクは???にしか映りません。
 
 世界から見た淡々と客観的に見た日本でもなく、作為的に作られたフィルターを通した反日国家目線の利益で語る『パヨク』が自然淘汰されていくことに余命三年時事日記はまったく無関係な立ち位置です。(事実を発信しているだけ)

 さよならパヨク…の日が近くなりましたね。
 
 短く読みやすくまとめようと更正したつもりですが、基本国語が苦手なものでこれが精いっぱいです…申し訳ございません。最後まで読んでいただきありがとうございました

 (日本発進)


都民

 余命様 余命スタッフの皆様

 懲戒請求の件について、違法という言葉をちらつかせて「法に無知な素人を脅しにかかっているつもり」でしょうが、まず裁判自体、例えば米国人はささいな事でも裁判に持ち込む傾向があり、訴訟社会の米国で裁判は日常茶飯事で、「弁護士は裁判慣れしていますよ」と言ったところで、そんなの仕事なんだから当たり前だろ?とこちらで言いたくなるバカな発言です。裁判と言えば水戸黄門の印籠みたいに、一般人が萎縮する効力があると錯覚していると思われます。
 
 弁護士はピンキリ。訴訟の場合、原告が弁護士なら代理人の弁護士は不要でしょうから、弁護士との契約料もいらないし、弁護士は損害賠償請求額のパーセンテージを成功報酬としてもらうので、成功報酬を払う必要がないので、勝てると思うなら、弁護士への支払いがない分、普通より多く損害賠償金が取れるので、理由をつけて高額な金額の損害賠償請求を設定すればいいだけなのに、カンパを募る時点で、どういう「ふところ具合」なのかと失笑せざるを得ないですね。弁護士は掃いて捨てるほどいて仕事をあまり取れない弁護士もいますから、成功報酬で一度に一千万以上稼ぐようなランクの弁護士ではないように思われます。
 
 それに裁判所に提出する書類は陳述書とか意見書等ありますが、単に「違法である」なんて書く弁護士はいないですよね?
 
 法律には刑法、道路交通法、建築基準法等、多々あり、例えば何法の第何条何項に違反していると思われる、その理由はこれこれである、みたいに書かないと、裁判所は受け付けない。

 違法だというなら、刑法の第何条にどういう理由で違反と思われるのか、きちんと書けるのか疑問があります。弁護士の資質もピンキリで、全ての弁護士がきちんとした文書が書けるわけではなく、提出書類の中身は弁護士の頭の中身が大きく影響するので、弁護士が書いた文章でも、こんなのダメ、書き直し!と弁護士に突き返すケースが多々ありますね。

 に違法であるなんて断言して書いてしまうと、裁判長が判決で違法には当たらないなんて全否定してしまうことがあるので、断言しない方が恥かかないでいいように思いますがね。
 
 例えば、違法でもないのに相手にお前は違法行為を働いたと騙して、許してやるから謝罪金を払えと恫喝するのは脅迫罪であり、相手を畏怖させることにより成立する犯罪で、刑法第222条の脅迫、つまり、生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫することに該当します。また、詐欺罪とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得ること、または他人にこれを得させることにより成立する犯罪のこと(刑法第246条1項、2項)。未遂も罰せられる(250条)。こういう具合に、きちんと何法何条何項は必要なので、どういうふうにもって行くのか、もっていけるのか?と思う次第です。
 
 親戚に弁護士がいる身で、知り合いにも複数の弁護士がおりまして、いずれにせよ、相手方が青くなっているようにしか思えないので、こちらは慌てずに、相手の思うツボにならないようにすることが大事と思う次第です。


鳳梨

 こんにちは、鳳梨です。前回の投稿、取り上げていただきありがとうございました。お礼の言葉はまた改めて投稿いたしますので、取り急ぎ、瑣末な話題ですが要件を。
 
 私事ですが、以前、和田政宗 参議院議員が動画で「左派系のネットユーザーの拡散力が増している。今の時点で分かって良かった。 今からもう一度色々なことをやり直していく」と仰っており、それが非常に印象に残っていました。
 
 そんな折、つい昨日、行橋市議の小坪議員が余命ブログ支持を表明してくださった件について、“ネトウヨVS弁護士の懲戒請求騒動、小坪慎也議員が参戦!「余命に支援」「私は観察者」”というタイトルをつけ、紹介しているサイトを見つけました。

 情報速報ドットコム ttps://johosokuhou.com/2018/05/06/4401

 以下、記事から抜粋です。

 “そもそも、騒動のキッカケは余命氏が自身のブログ「余命三年時事日記」などを使って、左派系の弁護士を中心に懲戒請求を行うように呼び掛けたからです。少なくとも900人以上の読者がこれに賛同し、ほぼ適当な理由で弁護士らに懲戒請求を一斉に行いました。
 
 根拠無き懲戒請求を受けた弁護士側が業務妨害などで反撃することを表明した形で、これに小坪慎也市議が参戦したということです。”

 冒頭で触れた和田議員の言葉は、3月19日の参院予算委員会で、和田議員から太田理財局長への国会質疑が行き過ぎていると問題になった件に関連したものです。ググッたところ、情報速報ドットコムさんではこの件も記事を上げていました。以下、再び記事より抜粋です。

 ttps://johosokuhou.com/2018/03/20/2375/

 “自民党・和田政宗議員が国会で恫喝質問!「財務省は安倍政権をおとしめるために変な答弁」

 その後も自民党側からは森友文書問題を財務省に押し付けるような質問が相次ぎ、太田氏が否定するというようなやり取りが連発しました。
 
 野党は自民党の姿勢に疑問を投げ掛け、共産党の小池氏からは「言語道断だ!どう喝的質問だ」などと厳しい批判の意見も飛び出てきています。

 どうやら、自民党は財務省だけに責任を押し付けて、「自分たちは財務省を追及する正義の味方」というようなスタンスで森友文書問題を乗り切るつもりのようです。”

 余命翁が議員請願に触れた数日後に「立憲民主幹部が審議復帰検討」というニュースを見たときには、タイミングが良すぎておもわず人目も憚らず大笑いしてしまいましたが、気を取り直して考えると「これが『なりふり構わず』か」と思いました。
 
 左派系ネットユーザーの挙動に逐一反応する必要はないでしょうが、現役国会議員の先生が肌で体感し、「今の時点で分かって良かった。 
今からもう一度色々なことをやり直していく」という言葉が出たという現状は、非常に用心べきかと思います。

投稿日: 2018年5月8日

【余命三年時事日記】2507 2018/05/08アラカルト@ 2018年5月8日

【余命三年時事日記】2507 2018/05/08アラカルト@ 2018年5月8日

ソース:2507 2018/05/08アラカルト@ 2018年5月8日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/08/2507-20180508%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

2507 2018/05/08アラカルト@

 
田作り

 余命さん、チームの皆様、ここへ集う皆様いつもありがとうございます。

 コメントに励まされています。

 ある弁護士が、いよいよ余命の「懲戒請求者を刑事的にも民事的にも訴える」というような流れの書き込みを見ました。

 反応するの悔しい。

 でも、過度に恐れている方がおられたら少しでも気を楽に…という思いで投稿します。
 
 他の方も書いていらっしゃいますが、私も自分からコンタクトをとってはいけないと思います。
 
 架空請求詐欺のハガキの類と同じ受け取り方で良いのではないかな、と思います。
 
 ただ、今回の相手は、見知らぬ詐欺グループではなく弁護士。専門家が言っているので素人の私たちは驚いて怯えてしまうこともあるかもしれません。

 学校で習った知識どまりですので、ここの皆さまには説明不要かもしれません。

 でも、あえて書きます。気持ちのやりようという範囲で何かになれば。

 私の気持ちの整理の仕方として投稿します。
 
 民事訴訟は、確かに応訴する煩わしさはあります。

 しかし、過剰に恐れることはないと思います。
 
 ちゃんと応訴すればこちらにもいい分を述べる機会が保障される。「弁護士が訴える」すなわち「直ちにこの弁護士の請求通りの判決になる」ではありません。
 
 刑事的な訴えは、告発する弁護士に起訴する権限はありません。私たちがしたことと同じです。私たちの告発は受理すらしてもらえなかった。あの人たちの告発は受理されるのかな。

 仮に受理されても、日本の刑事手続に乗るだけです。

 無罪の推定が働きます。判決によって有罪が確定されてはじめて罪人になります。

 この前提を復習するとお気づきになりますよね。

 私たちを怖がらせるためのパフォーマンスの要素が強いなと。

 さらに会見を開くとか。

 メディアと強力タッグでさらにこちらを畏怖させるおつもりでしょうか。
 
 いきなりの訴えや告発ではなく、ツイートや掲示板、会見(予定)と段階を踏んでいくことは、今まさに現在進行形で私たちを脅していると。

 でも、ものは考えようです。
 
 私たちに心の準備をする時間を与えてくれている、私たちの日本再生への思いをより強固にする機会を与えてくれたと前向きに捉えることもできます。
 
 はたしてどこの誰が(どんな団体が)何をしたか、何をし続けているか公になって困るのは、どちらでしょうか。

 私たちでしょうか?彼らでしょうか?


【王の目・王の耳】

 余命プロジェクト関係各位、大変お疲れさまです。

 今回の投稿は夕刊フジに掲載された「安倍晋三首相、独占インタビュー」の記事内容です。ご参考です。

 (以下本文)

 安倍晋三首相、独占インタビュー 北の『核・ミサイル』完全廃棄「何があってもやり抜く」
 2018.5.7

 安倍晋三首相は、朝鮮半島情勢が激動・緊迫するなか、夕刊フジの独占インタビューに応じた。ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談(米国時間4月17、18日)で語り合われた、拉致被害者救出への熱意や、北朝鮮の「核・ミサイル」廃棄戦略、米朝首脳会談の行方、「モリカケ問題」への対応、消費税増税、憲法改正への決意、衆院解散説、9月の自民党総裁選への展望など、大型連休(GW)前に一気に語った。
 
 −−日米首脳会談後の共同記者会見は驚いた。トランプ氏は「拉致被害者を取り戻すために、日本に連れ帰るために、できることは何でもする」「私はこれを約束する」などと言い切った。これは、すごい発言だ

 「拉致問題を理解してもらうため、トランプ氏が昨年11月に来日したとき、拉致被害者家族の方々と会ってもらった。13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの母、早紀江さんらに、大切な子供を奪われた深い悲しみについて語ってもらった。トランプ氏はまっすぐに向き合って、深くうなずいていた」
 
 「今回の首脳会談では11時間以上、時間をともにしたが、さまざまな場面で拉致の話をした。訪米直前、入院している、めぐみさんの父、滋さんの手を握って約束してきたことも伝えた。そうした思いが伝わったのだろう。共同記者会見で、あそこまで踏み込んでくれたのは想定外だ。CNNが生中継していた。北朝鮮にも伝わったと思う」

 −−拉致被害者家族は非常に期待している

 「拉致問題は安倍内閣の最重要課題だ。あらゆる機会を捉えて前進させたい。トランプ氏に加え、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も『拉致問題を、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に提起する』と電話会談で約束してくれた」

 −−拉致問題解決に向けた日朝首脳会談はあるのか

 「拉致問題は国際社会の理解と支持と同時に、日本が主体的に解決に力を尽くさなければならない。日朝会談を行う以上、成果が見込まれなければダメだ。何がベストかを検討したい」

 −−北朝鮮の「核・ミサイル」は、世界の平和と安全の脅威だ。完全廃棄は可能か

 「訪米前、『米国に届くICBM(大陸間弾道ミサイル)の廃棄だけで終わるのでは』という分析もあった。だが、日米首脳会談で、日本を射程に入れる中・短距離ミサイルを含めた、あらゆる弾道ミサイルの廃棄、核兵器や生物・化学兵器など、すべての大量破壊兵器の廃棄を求めることで、トランプ氏と完全に一致した」

 −−北朝鮮を信用できるか

 「核・ミサイルの廃棄は、検証可能なかたちで行う。すべて廃棄だ。後戻りできないよう、不可逆的な方法で行う。北朝鮮の具体的行動がない限り、国際社会は、高度な圧力、制裁を維持する」

 −−南北首脳会談(4月27日)をどうみるか

 「両首脳の真剣な議論を歓迎する。日韓、日米韓でこれまで相談してきた方針の下、朝鮮半島の『完全な非核化』が宣言に明記されたことを評価する。拉致問題、日朝関係についても、私の考えが文氏から伝えられた。米朝首脳会談を通じ、北朝鮮が具体的な行動を取ることを強く期待する。今後も、拉致、核・ミサイルの諸懸案の包括的解決に向け、日米韓で緊密に連携していきたい」

 −−日米関係は強固だ

 「私とトランプ氏は、この1年3カ月で首脳会談を6回も行い、電話会談を20回行った。日米の歴史で、両首脳がこれだけ緊密に意見を交わしたことはないだろう。特定秘密保護法や、平和安全法制が成立し、両国の情報交換も極めて高いレベルになっている。日米の絆は強くなった」

 −−一部野党やメディアは「朝鮮半島問題で、日本は蚊帳の外だ」と批判している。国務長官に就任したマイク・ポンペオCIA(中央情報局)長官(当時)の極秘訪朝は知っていたのか

 「米国とは、相当機微なやりとりを含めて、緊密に連携している。特定の事柄についてはコメントは控える。ただ、『蚊帳の外』『取り残された』という論評や報道は、事実ではない」

 −−米朝首脳会談(5月末から6月上旬の予定)が成功しなかった場合、朝鮮半島の緊張は極限まで高まるのか

 「結果を予断することは差し控えたい。米朝首脳会談は史上初だ。首脳同士が会うことは極めて重い。お互い覚悟を持って会談に臨む。成功に終わることを期待したい」

 −−日本にも重大局面だ

 「日本の安全、国民の命に関わることだ。拉致問題も含めて、しっかり対応していかなければいけない。何があっても、やり抜く決意だ」

 −−日米首脳会談では貿易問題も重要だ

 「米国は2国間ディール(取引)に関心を持っている。ただ、私は一昨年11月、トランプ氏に初めて会ったときから、貿易や投資の自由化に加え、知的財産権の保護など幅広い分野を網羅するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の利点を訴えてきた。トランプ氏はTPPを完全に否定しているわけではない」

 −−モリカケ問題が1年以上続き、内閣支持率が下落している。国民の不信感にどう対応するか
「国民の方々の厳しい声や批判は、真摯(しんし)に受け止めたい。私の友人(=学校法人『加計学園』理事長)が(国家戦略特区を活用した獣医学部新設の)申請者だったり、私の妻が(森友学園が設置を目指した小学校の)名誉校長を一時務めていた。今から考えれば慎重さが足りなかったと反省する点もある」
 
 「ただ、加計学園の問題では、前川喜平前文科事務次官も含めて『私から指示や依頼を受けた』という人は一人もいない。国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長も『(選定手続きについて)一点の曇りもない』と述べている。これからも丁寧に説明したい」

 −−自衛隊の日報問題、財務省の決裁文書改竄(かいざん)、前財務次官のセクハラ疑惑など、官僚に緩みが出ている

 「行政に対する信頼を揺るがす事態となり、行政府の長として、自衛隊の最高指揮官として、責任を痛感しているところだ。信頼回復に向けて、必ず全容を解明し、膿を出し切る。そして、二度とこうしたことが起こらないように、組織を根本から立て直していく」

 −−財務省の連続不祥事で、消費税率10%への引き上げは困難では

 「国民の信頼がなければ政策は遂行できない。一方、伸びていく社会保障費に対応して、財政健全化に向けた国の信任を維持するには、消費税率の引き上げが必要だ。昨年の衆院選で、増税分の半分を教育・子育ての財源に回すと決断し、訴えた。スムーズに引き上げることができる経済状況をつくっていきたい」

 −−4月のロイター企業調査で、資本金10億円以上の中堅・大企業約220社の73%が、安倍首相の「自民党総裁3選」を望んでいた

 「5年間の経済政策について評価していただき、大変ありがたい。GDP(国内総生産)は11・7%成長した。4年連続の賃上げ、250万人を超える雇用増、民需主導の力強い経済成長で、デフレ脱却への道筋を確実に歩んでいる。引き続き経済再生に全力を傾けていきたい」

 −−安倍首相は昨年5月、憲法9条への「自衛隊の明記」を提起した。その後、批判・抵抗が激化した

 「憲法改正は自民党の党是だが、論議は停滞していた。昨年、あえて一石を投じたことで、議論は活性化した。批判や反対意見が出ることは予想していた。憲法改正で、現行憲法の平和主義や、国民主権、基本的人権の尊重などの基本原理が揺らぐことはない。わが国の平和と独立を守る自衛隊に対する、違憲論争に終止符を打つ。議論を深め、広めていくことが大切だ。最後は、国民の皆さんが決める」

 −−安倍政権での改憲に期待は高い

 「今までも、さまざまな課題に取り組んできた。非常に困難な課題もあった。ただ、『国民のために必要だ』という結論に至れば、たじろがずに、なすべきことをなしてきた。これが、私たちの誇りだ。いよいよ、憲法改正に取り組むべきときがきた。今を生きる政治家として、その責任を果たしていきたい」

 −−衆院解散に言及する声がある

 「これは、頭の片隅にもない。昨年の衆院選で、国民の方々にさまざまなことを約束した。約束を実現することで、責任を果たしていく」

 −−9月に自民党総裁選がある。意気込みは

 「まだ、国会開会中だ。総裁の任期もある。まず、この任期において、なすべきことをなしていくことが求められている」(矢野将史、清宮真一、松村友二)


today

 todayです

 >安倍総理の指揮権発動

 とありますが、安倍内閣の閣議決定により、法務大臣の検察指揮権発動ですよね。上川陽子大臣が従いますかね?この際、大臣を罷免・交代してでも発動ですか?

 (today)


.....上川陽子は額賀派だからね。過去、法務大臣は額賀派が占めてきた。小松、小渕もみな一緒だ。指揮権発動については過去ログ「1692 懲戒請求と指揮権発動」をご覧いただきたい。
 
 いうことを聞かなければ「罷免・交代」ですよ。そしてただの売国奴になるだけの話。



ミカンの実


 ミカンの実 への返信

 日本が大好きです!。余命様、スタッフの皆様、関係者の方々、いつも本当にありがとうございます!。(余命関係の日本再生の動きが、まるで最新の新幹線並みに速いので、知識も行動もママチャリ自転車の私はアタフタしております。w)
 
 井上太郎氏の「公安情報」p118?p125をくり返し読んで、頭の中を整理しております。(渡邊哲也先生の本も大好きです。動画も時間があればチェックしています。)
 
 今の日本の現状を子供に話をすると「日本昔話みたいに面白い!」と言われます。困ったものです。出来るだけ怖い思いをさせないように、なおかつ政治的な言葉を難しく感じさせないように伝えることに、いつも苦心しております。
 
 とにかく、日本の子供の将来に変な負債を残してはいけません。朝鮮学校への日本国の税金からの補助金など、たった一円でも許してはいけません。一円もあればワクチンの接種ができます。日本国に使えないというのなら、発展途上国で親日の国に援助したらいかがですかね?。
 
 (たった一つの都道府県が出している朝鮮学校関係の補助金で何百万人もの幼い病気の子供を助かりますよね?。)テロ国家とテロ支援国家を助ける日本国の弁護士や国会議員なんて日本には必要ないです。

 追記;前回のコメントが誤字脱字があったので、再度投稿します。


山ほととぎす

 余命翁様

 ブログ「2506 2018/05/17 アラカルト@」を読ませていただきました。

 敵はいろいろと動き回っていますが、私達はますます一致団結してこの状況に対峙し、敵対する相手を完膚なきまでに撃退、殲滅していきたいと思います。
 
 今月もいつもと同じに黒にんにくをお送りいたします。余命翁様、お召し上がりになられて、力を付けてくださいますようお願いいたします。

 余命翁様、スタッフの皆様のご健康とご安全をお祈りいたしております。

 明日の午前中にヤング倉庫に着く予定です。
 
 ゆうパックの中にLAZAK編著の「裁判の中の在日コリアン中高生の戦後史理解のために」という本を同梱させていただきます。
 
 この本は、読むと気持ちが悪くなるような内容の本ですが…。 敵の手の内を見るという意味で、パラパラと繰ってみてください。

 スタッフの方もよろしかったら、ご覧になってください。 

 平成30年5月7日
 山ほととぎす


YK

 余命様ご一同に対し、「闘志むき出しの反日グループ」とも言えるノースライムと名乗る弁護士らしき人物が、ツイッターでカンパしている銀行の預金通帳を画像でさらしています。

 「みずほ銀行浜松町支店」で、名称は「不当懲戒被害回復原告団」とか。
 
 余命様ご一同は当然、ご承知かと思いますが、みずほ銀行は平成25年9月に「反社会的勢力との取引が、多数存在していた事に対し、行政処分が下された」前例があります。それで前よりは良くなったかと思いきや、やはり「反社会的勢力との付き合いは続いていた」と解釈せざるを得ないでしょう。これは金融監督庁への通報案件ですし、アメリカにも余命様グループの提携仲間とかがおられると先日のブログで私も初めて知った事ですから、海外にも伝えるべき事実ですね。
 
 そもそも、日本の金融機関はアメリカから睨まれている事も理解すべきです。

 本気でアメリカが制裁措置に出たら、銀行なのに米ドルの取引を禁止されます。

 これは銀行としては致命傷とも言えますね。
 
 さらにネット上の噂では、韓国のサムスングループに融資しているのは日本の「みずほ銀行」であるという噂も、高い信憑性を持って存在します。

 おそらくは事実なのでしょう。サムスンが倒産したら、当然、みずほに飛び火するのは火を見るよりも明らかです。
 
 「反社会的組織に融資を繰り返して行政処分を受けた」から少しは改善したかと思いきや、「反日弁護士に手を貸している状態」では、銀行の名が泣くと思います。
 
 弁護士である以上、不特定多数からお金を集めるには法的縛りがかなり厳しいも知っているはずですが、ノースライムと名乗るこの弁護士の方。

 「この資金のカンパ方法の違法性」については考えが及ばないのでしょうか?

 もし日韓有事の際は、このカンパ自体が外患誘致罪に問われ、即処刑となるだけでなく、口座を開設した銀行にまで迷惑がかかるはずですが、やはり「反社会的勢力との付き合いの切れない銀行」という事になるのでしょうか?
 
 当方も法律には詳しくはありませんが、この弁護士のこのやり方は、それ自体、何らかの法律に触れる可能性があるのではないかと思われます。
 
 今の段階でこの口座を使えなくするために、何か手段が取れるようであれば、余命様グループでの対応も検討されると良いと思われるため、ご報告させていただきました。

 (注)

 念のため、この弁護士に反撃を試みる前の段階で、銀行通帳の画像を掲載している

 ページの魚拓をとられる等、証拠を押さえた上での反撃が望ましいと思われます。

 都合が悪くなると、スタコラさっさと逃げ出す特徴があると思われますので。

投稿日: 2018年5月8日

【余命三年時事日記】2505 2018/05/06アラカルトA 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2505 2018/05/06アラカルトA 2018年5月5日

ソース:2505 2018/05/06アラカルトA 2018年5月5日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/06/2505-20180506%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a1/

2505 2018/05/06アラカルトA
 
日本発進

 初めての読者に言いたいことがあります。

 イデオロギーとは何か、聞いたことがあっても関心を持ったことがない人が多いと思います。何か重要な決定をする時、冷静な判断が大切です。

 考える時間はもちろん必要。でももっと大切なのは考え方・決定を左右する情報であるはずです。

 例えばの話。便衣兵、敵か味方かわからない。

 味方を装い近づき安心して殺されてしまう。

 時間ではなく、一瞬の情報で人間は判断しなければならないことがあります。

 時間よりも、正確なたったひとつの事実という情報が生死を分けることに。

 生きるか死ぬか、一瞬の判断が生死を分けます

 時間をかけられるなら、なおさら何よりもたくさんの事実が必要です

 人間の意思決定・行動を左右する重大重要な情報

 マスコミの偏向報道、印象操作は悪質です。

 企業の商品CMなら許されても、国民の生死・財産に関わる情報の印象操作は許されません。

 「国会中継の答弁でさえ切り貼り編集すれば、事実とは正反対の完璧な印象操作が完成します。

 事実は一部ではなく全編を通して確認して初めて確認できます。

 イデオロギーを垂れ流し、選択肢を与えない、もしくは選択肢を狭める報道を繰り返すマスコミ。それが今のマスコミ。

 発信する側の考え方を押し付ける一方で、正反対となる事実・意見は隠し、握りつぶす。

 動画でも音声でも、切り貼り印象操作された情報ではなく、全編を正確に事実を知ることが重要ですよね。

 幅広く、知る機会、知ってもらう、冷静に判断できる機会が増える事を望む余命プロジェクトチームに対し、知らせない、関心持たせない、関心を持つことそのものを恥ずかしいことだとネガティブキャンペーンで印象操作する『お困りの人達』

 読者にはどのように映っているか?なんてことはもはや関係なく、事実が広まれば、国民の一割が事実を知れば勝手に解決する問題かもしれませんが…          

 (日本発進)

 
日本発進

 余命プロジェクトチームの皆様、待ちに待った最終決戦ということでしょうか?

 『関心を持った人だけに行われる』ネガティブキャンペーン。

 捏造歪曲切り貼り印象操作で詐欺カルト集団扱い。

 それでも何年たっても、警察沙汰にならない、報道されない、マスコミが取り上げない、記事にもならなかったのが余命プロジェクトチーム。

 特亜傀儡マスゴミでさえ、余命の余もださない、とりあげない。

 特定の読者をターゲットにしてマスゴミの猿真似=『切り貼り・編集・捏造・歪曲』で印象操作されています。

 拡散を望んでいる余命プロジェクトに対し、お困りの人たちは拡散を望んでいない。

 犯罪を見つけたらツイートではなく通報です。

 不法入国者を見つけたらツイートではなく通報です。

 迷惑行為を法令違反を見つけたらYouTubeではなく通報です。

 弁護士の行動に問題があったら?

 通報したら?通報した者が罰せられる????

 『全ての日本国民に訴えかけている余命プロジェクト』に対し関心をを持った訪問者に対し行われるネガティブキャンペーン。

 拡散を望み、適法・法律・ルールに則った手段で、検察に対して、官邸に対して、入国管理局に対して、弁護士会に対して、具体的な行動をしている余命プロジェクトに対し違法不法な手段で姑息な印象操作がせいぜい。

 関心を持ち始めた訪問者、読者のみをターゲットにして悪質なネガティブキャンペーンを繰り返すお困りの人達。

 さすがに捏造・歪曲で普通の人を犯罪者扱いは放置できません。たんなる誹謗中傷じゃないのです。全てのまっとうな日本人を敵に廻す行為です。しかもそれがそのまま日本人の生命と、安全、財産を害する行為であるからなのですが。

 ざわつく程お祭りが近いということになるのでしょうか?              

 (日本発進)


日本発進


 集団懲戒請求が業務妨害で犯罪行為?

 ならば仲良しのマスコミ使って朝のニュースで毎日、余命プロジェクトがやってることは弁護士業務妨害だと、犯罪ですと、ひとこと告知してもらえば簡単なのに『やめましょうこれは業務妨害です』と。

 お金かけて手間暇かけて、個人個人に切手貼って、コピー用紙何千枚も使って直接送らなくても弁護士業務妨害ですとマスコミに言ってもらえば簡単で済みますよね?

 例えば公益犯罪通報をしたら検察や警察の業務妨害?

 警察が公の場所で犯罪ではないと公式宣言すればいいだけです。

 弁護士会が公の場所で名指しで『余命三年時事日記』を批判すれば一番簡単なのですがね???            
 (日本発進)


山ほととぎす

 余命翁様、スタッフの皆様、いつも変わらぬお働きを有難うございます。

 ■■■ LAZAK〜 強制連行・徴用工〜 戦時中の徴用労務者は245人〜 釜山の徴用工像阻止〜 日中韓サミットへの配慮か ■■■

 ■■ LAZAK〜強制連行・徴用工

 〇 LAZAKが編集して発行した書籍に「裁判の中の在日コリアンー中高生の戦後史理解のために」という本があります。

 〇 この本の中では、「太平洋戦争の開始により日本国内では戦線拡大に伴い、重筋肉労働力である成年男子が不足し、朝鮮半島で生活している成年男子を強制的に日本に連行する「強制連行」が開始された。1944年に国民徴用令が朝鮮人にも適用され、72万人もの朝鮮人青壮年が日本に連行された。本人の意思を無視した強権的な連行であったと言われている。」と中高生向けに平易な文章で書かれています。

 ■■ 戦時中の徴用労務者は245人

 〇 産経新聞 産経抄 平成30年4月28日 記事の要約

 【政府は4月17日に内閣の公式見解である答弁書を閣議決定】 「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」とする資料(昭和34年7月11日付外務省記事に基づいて)であり、それについて朝日新聞は「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」と報じていた。

 〇 資料によると、当時の在日朝鮮人約61万人中、戦時中に徴用労務者として来た者は245人に過ぎない、と資料は断じる。「大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、事実に反する」としている。

 ttps://www.sankei.com/column/news/180428/clm1804280002-n1.html

 ■■ 釜山の徴用工像

 〇 毎日新聞 2018年5月1日  記事の要約

 【釜山の日本総領事館前 警察の機動隊が像を取り囲んで動かず】

 韓国の労働団体が5月1日、日本の植民地時代に徴用された朝鮮人労働者を象徴する像を釜山市の日本総領事館前に設置しようと試みた。警察の機動隊が総領事館手前で像を取り囲んで動かせないようにしたため労働団体側は「物理的に不可能だ」として設置をいったん断念し解散した。

 労働団体側は1日午前から像を押しながら総領事館に向かって前進。総領事館の数十メートル手前で機動隊が労働団体の関係者を排除しようとした際にもみ合いも起きた。

 徴用工像設置の動きは昨年韓国メディアの報道で明らかになり先月11日に訪韓した河野太郎外相が康京和(カン・ギョンファ)外相に「望ましくない」という日本の立場を説明。その後、韓国外務省は「外交公館の保護や関連する国際儀礼と慣行の側面から適切ではなく、外交的な摩擦を招く可能性がある」として、文書で労働団体側に自制を求めた。

 ttps://mainichi.jp/articles/20180502/k00/00m/030/109000c

 ■■ 釜山の徴用工像〜日中韓サミットへの配慮か

 〇 産経ニュース 2018年5月4日  記事の要約

 【日中韓サミットで文大統領の訪日を控えた配慮だとの見方もある】

 韓国・釜山の日本総領事館前の徴用工像の設置が阻止された。市民団体や労働団体が今月1日の設置を目指していたが、多数の警官隊が動員され、食い止めた。徴用工像は、朝鮮半島からの動員を「強制連行」などと非難し、日本に謝罪と補償を求める反日運動の象徴である。

 〇 今回、像設置を阻止したのは日中韓サミットで文大統領の訪日を控えた配慮だとの見方もある。国際法と国同士の約束を順守すべきだ。ソウルの日本大使館前と釜山の日本総領事館前の慰安婦像も直ちに撤去してほしい。

 ttps://www.sankei.com/world/news/180504/wor1805040009-n1.html


赤トンボの戦い

 余命様、PTの皆様、御忙しい中ありがとうございました。

 本日5日に余命本No.8No.9が届きました。

 次回の余命本と一緒に配送して頂きたいと思いましたが、言葉足らずで申し訳ございませんでした。

 サインもとても嬉しかったです。

 また宝物が増えました〜。

 これからも自分の出来る事を粛々とやって参ります。


訴訟団の一員より

 カミカゼさんのTwitterより、

 そういえば、日本共産党の井上哲士参議院議員がブログで紹介してたけど、佐々木憲昭衆院議員(現在は引退)の息子さんって弁護士やってる佐々木亮さんなんだっけ?www
 2004年の話だが、議員曰く若くて頼もしい弁護士さんなんだってなwww
 www2.inoue-satoshi.com/sf2_diary/sf2_…
 お知らせまで。
 すでに周知か知れませんが、成る程でした。


鳳梨

 こんにちわ。余命三年時事日記の取扱書店報告で書き込んで以来の投稿になります。日弁連懲戒請求について、youtubeで 弁護士youtuberの久保田康介さんという方がこんな動画を上げていました。「大量の懲戒請求を受けている件について。。。」というタイトルです。

 ttps://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=KpNXipm9Riw

 今文字おこししていますが非常に長くなりそうなので、そちらは後にして、とりあえず動画リンクのみお知らせいたします。

 皆さまが各弁護士会からの結果お知せでも指摘されていましたが、肝心要の憲法89条違反については動画内、映像でも音声でも触れず、朝鮮学校への補助金支給は、「表現の自由」の範囲内である…とのこと。「弁護士は裁判慣れしていますよ」という意味深な言葉とセットで、ご丁寧に佐々木亮さんの訴訟へのカンパ関係の詳細をリンクされています。

 動画再生数は私がこの投稿文を推敲している時点で4.9万再生。チャンネル登録数9.7万。少なくとも、せんたく氏の自爆動画よりも多いですね。これがインターネット上でどれくらいの規模の影響力になるのか 勉強不足でわかりませんが、とうとうあちら側も息が上がってきたのかな、という印象です。

 (鳳梨)

 
日本國大変化(ヘンゲ)

 余命さんスタッフの方々いつも有り難うございます。

 佐々木弁護士と北弁護士とやらが刑事告訴・民事訴訟を起こすと息巻いているようですが。

 逆に、自分たちが脅迫・訴訟にかこつけた寄付金詐欺・虚偽告訴などで刑事上の責任を問われるようになること。

 そして、我々の正当な懲戒請求を不当な懲戒請求だとして訴えを起こすことに対し、反訴で我々が賠償請求すること。

 そのことは考えていないんですかね。

 更に弁護士会への悪影響などもありますね。

 私には、彼らは頭に血が上りすぎて、この当然の事理を理解できなくなっているように見えますね。
それと俺たちは法律専門家の弁護士だという思い上がり見えます。

 しかし、法律は國民のためのものであって、彼らだけの専用物ではありませんから、この思い上がりは、やがては墓穴を掘ることになります。

 さて、話は変わりますが、当初、我々の側は損害賠償の民事訴訟を起こすつもりだったけど、貼用印紙などの訴訟費用の点で少し猶予しているわけですね。

 しかし、佐々木弁護士等が訴えを起こしてくるなら否応なしに反訴しなければならなくなりますね。

 その場合は、訴えられた者が個人的に反訴することになりますから、個人負担と言っても徴用印紙代くらいのものですよね。

 1万円行くか行かないかですね。

 しかし、我々は全員の訴訟費用のことで訴訟提起を猶予していたのです。

 それが訴えられた者の一人一人でも負担できる額だということになれば、コレ勿怪の幸いですね。

 そして、こちらには負ける要素がなくて、しかも、その場合の我々の一人頭の賠償請求額は60万円(彼らの試算額を参照。(註)簡易裁判所は訴額140万円まで。)ですから、その金を彼らが準備できるか心配になりますね。
 
 払えなくても判決が出れば当然に強制執行は掛けますからね。

 余命に集う勇士の皆さん彼らのする訴訟など恐れてはなりません。

 訴状が送達されれば遠慮なく余命さんに相談して一致団結しましょう。

 そして答弁書と同時に自分の住所地を管轄する簡易裁判所に彼らに対する損害賠償の反訴を提起しましょう。

 そのときは余命さんに相談することが必須です。

 勝手に対応してはいけません。

 なお、少し余分なことですが簡易裁判所は本人訴訟が日常的に行われるところです。

 それとネットにある訴状及び答弁書のひな型を見ておくとよいでしょう。

 少しは訴訟というモノの輪郭がつかめると思います。
 

通りすがり

 カミカゼさんが早速佐々木亮を掘ってくれたようです。

 カミカゼ? @mynamekamikaze
 そういえば、日本共産党の井上哲士参議院議員がブログで紹介してたけど、佐々木憲昭衆院議員(現在は引退)の息子さんって弁護士やってる佐々木亮さんなんだっけ?www
 2004年の話だが、議員曰く若くて頼もしい弁護士さんなんだってなwww
 ttp://www2.inoue-satoshi.com/sf2_diary/sf2_diary/20040413.html
 イラクから自衛隊の撤退求めるデモ激励/入管・難民法で参考人質疑と質問/石井・佐々木弁護士/団会議
 

匿名

 <terumi_satohという方が2018年5月1日に小坪氏へのコメントで 反日勢力が自衛隊によってお掃除されると思ってるの?それをさせないようにするのが政治家じゃないの?>

 と言っていますがこれって完全に馬脚を露してますね。

 普通、保守の人達は許されるのなら是非ともお掃除を(実際にしなくても心の中では)と切に願っているのにさせないようにするなんて・・・在日・左翼は狡猾なんだけどどこか抜けていますね。
 

衣紋

 (引用)
 現在存在する日弁連からの剥奪は無理であるから、もう一つ「弁護士連合会」を作ろうという話だが、別に弁護士会でなくともいわゆる「士業」つまり司法書士とか行政書士に「訴訟代理人権限」を付与する法改正という手もあるだろう。

 弁護士数はたかだか3万9千人程度だが、士業数は約20万人もいるのである。ちょいとまとめて自民党への献金団体を作ればあっという間に日弁連はつぶれる。錦の御旗は「規制緩和」「日本国民の利便性向上」である。もともと金権体質の自民党であるから結構簡単にできるだろう。 
 (ここまで)

 これまで、憂国の方々が反日野党連合の政治資金にツッコミを入れまくってきましたが、此方も献金の体制を取った時に揚げ足を取られることになりませんでしょうか?

 もちろん手順と対策は織り込み済みだとは思いますが、この点だけ気になりました。


.....まずは余命の文体になれることだね。文意は行間だけではなく行外にもあるのだ。余命ブログを理解するにはある程度の基礎知識が必要だ。コメント、あるいは記述の50も読めばすぐに慣れるよ。

投稿日: 2018年5月6日

【余命三年時事日記】2504 2018/05/06アラカルト@ 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2504 2018/05/06アラカルト@ 2018年5月5日

ソース:2504 2018/05/06アラカルト@ 2018年5月5日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/06/2504-20180506%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

2504 2018/05/06アラカルト@
 
多摩丘陵地帯

 5/16にマスコミ発表の準備しているんですね。とうとう余命三年時事日記をネット世界だけでなくテレビや新聞まで取りあげてくれるようにお膳立てしてくれるのか。

 りょうちゃん太っ腹ですね。Twitterで発言してる弁護士さんは、Twitterがネットでなんと言われてるか知ってますか?

 “馬鹿発見器”又は”バカッター”とも言われてるんですよ。

 今ね、”弁護士=犯罪者”が定義付けられようとしている。その犯罪者の発言に耳を傾けてくれる人はいませんよ。旧世代の肩書きが全てで、積極的に調べない人達なら騙せるかもしれませんが。

 Twitterは同類も居るでしょうが、まずは慎重に調べる人が多いんですよ?そこで”佐々木亮”又は”ささきりょう”と”懲戒請求”を検索キーにしたらまずこのブログがヒットしますよ。ひょっとしたら悪魔君(ちゃん?)のブログがヒットするかもしれない。

 難解なこのブログと印象操作だらけの悪魔君のブログを読んだ時、どちらがより読者の心に響くんでしょうね。幸い四季の移ろいさんが、ここまでの弁護士会の声明や懲戒請求の経緯をまとめて下さったので、それ読んだら”なんだ懲戒請求された弁護士の逆ギレか”で終わりますよ?
まとめだけじゃない、もうちょっとこのブログを読めば懲戒請求に関する記録や資料が幾らでも出てきますしね。

 それでもいいから世に発表したいというなら、りょうちゃんたっての希望なので好きにされたらいいと思いますよ。

 私達がこのブログ上でできる事は、ネット活用できてる人達が真実を確認できるように記録しておく事がこれから重要になってきますね。懲戒請求者や懲戒請求に興味を持ってる人だけの認識を、四季の移ろいさんが知らなかった人達が時系列に添って判りやすくまとめてくださったので、これをネットに拡散していくのがいいでしょうね。


Mr.A


 南北朝鮮が年内に平和条約を結ぶという事は、政治的弾圧や戦争によって不法入国して住みついた朝鮮人の日本にとどめ類理由が無くなるわけだ。

 なので、特別永住者に該当されてる方は、他の外国人と同様になるわけだ。


AZ


 >(弁護士)にとって、「犯罪」とは、構成要件に該当し、違法かつ有責な行為をいう。一般人が使う「それ、ハンザイだろ〜」という言葉とは意味が違う。何罪に該当するのか、説明しなければ門前払いされてしまう。

 うーん、ささきりょうは懲戒請求者を訴えるような事を言ってたような、また取り巻きも同じ感じでしたが、彼らが法的根拠とか出した事ありましたっけ?「それハンザイだろ?」てのは先のエントリーにある悪魔の弁だと思うのですが。

 さらに言えば、懲戒請求を違法と断じるのならば御託を述べる事無く訴えれば良いのです。仮に犯罪になるとするならば、犯罪と認めたものを示談だとか請求者は騙されただけとか言うのは犯罪の隠蔽、犯人の隠匿であって、それこそが弁護士の品位を損ない懲戒請求の対象になり得ると思うのですけどね。それに関して懲戒請求を出したら、弁護士会は果たしてどう答えるのでしょうかね。

 AZ


天使の提唱者

 余命様、ここに集う皆様こんにちは。天使の提唱者です。採用されたビックリついでに、もう2題。

 (1)ひょっとして佐々木弁護士の訴えのポイントは「あれは会長が勝手に出した声明であって末端の自分には関係ない」とのことかもしれません。

 だとすると「会長声明に問題はあるが自分には関係ない」という立場でしょうか。

 会長声明というからには何らかの会議で承認されていると思われます。会員として知らぬ存ぜぬとはいかないでしょう。そうでなくて会長が組織を私物化してるのなら、それはそれで問題です。それを放置する会員は、法律用語は知りませんが「不作為の作為」のようなものではないでしょうか。

 (2)佐々木弁護士と北弁護士は懲戒請求者を訴えるにあたって、リストをどうやって手に入れるのでしょうか?

 このことは各弁護士会からの調査開始通知書を見て私なりに考えました。たとえば神奈川弁護士会は連絡事項として「本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)」とあります。 元法曹という影公方さんは、原則として懲戒請求者の個人情報が当該弁護士に漏れることはないと書かれています。

 ですから、神奈川弁護士会の連絡事項のカッコの中はアリバイ作りではないでしょうか。 仮に対象弁護士にリストが渡るのはやむを得ないとしても、この個人情報を訴訟に使うのでは目的外使用です。この点、京都弁護士会は丁寧です。「懲戒の請求に関して提出された個人情報は、懲戒の請求にかかる全ての手続きにのみ使用いたします」とあります。当然の事でしょう。佐々木弁護士と北弁護士は、懲戒請求者のリストが手元にあったとしても使えません。

 不安に駆られた懲戒請求者は、2人に和解を求めて相談に行った途端に自分の個人情報を晒すことになります。この2人からの訴訟は逃れたとしても、その他の弁護士にまで晒されます。佐々木弁護士と北弁護士は最後まで守ってくれるのでしょうか?


安倍首相応援!


 余命様と連携連帯表明議員小坪議員叩きがはじまったのですね。

 最近、巷はダラダラしてて(安倍首相は大変な活動行動されてますが)私も余りネットばかり見ない毎日です。

 安倍首相だけでなく、麻生太郎さんや、地方議員小坪議員までも標的にしはじめて…奴等には荷が重いと思われます。ただでさえ人数が限られてるのに(笑)。これからの将来を見据え、保守気取りで票取りに走る議員が増えたら、もうイッパイいっぱいでしょうね。

 一敗ではなく、いくつ負ければ気が済むのでしょうパヨク赤脳は。奴等は先を見越して考える事は出来ませんから、色々楽しみです。

 ささきりょう?とかいう逝かれた♂が、私を訴えてくれるとか?楽しみ過ぎます。まるで盆と正月とGWが一気に来るみたいな感じかな(笑)?

 必ず!損害賠償請求?とか何とか、してくださいませ。私は楽しみにお待ちしております。言うだけ言って、何もちゃんとしないのは、奴等のいつもの手段。

 私への集団ストーカー始まりの船橋婆も嫌がらせ(ストーカーやストーカーによる暴行恫喝)以外、まともな事は何もできなかった。コイツらがまともじゃない、と世間に知らせる為と、その証拠取りのために、私は標的になっても構いません(というか、もう標的ですが)。奴等の弱点は、ヤバイ事をしているから、仲間割れしやすいことと、併せて卑怯ものの集まりだから、ヤバそうになれば逃げること。異常に気違いで、逃げないヤツは後世に遺してあげればいい。

 安倍首相、麻生さん、小坪議員、杉田議員、和田議員、そして余命様。標的が増えれば困るのは奴等。動ける連中は限られてます。自分を危険に曝してまで頑張る寄生虫はいない。私の周辺赤爺婆も、共産党や社民党が多い地域なんで必死ですが、それは日本人血税止められた人を見ているから。赤爺婆は完全に洗脳されてるので、死ぬのを待つしかないナマモノ。(音出し臭出しストーカーが)必死過ぎて毎日笑いすぎで腹筋痛いかと(笑)。

 近くのセイユーの地下食品売り場の♂、しつこくてウンザリ。 私が買い物行くと、最初居なかったのにレジに入り、私が離れたレジに並ぶとそのレジオバハンはわざと遅ーく打ったり、レジ離れたり、やりたい放題。仕舞いにはこのあいだでしたが、入ってたオバハン(内の従業員は全て特亜血筋持ち)とそのチヨン血♂が代わろうとするから、思わず別のレジに行きました。一度、並んでいたら隣のその♂が空いていたレジに入って、私の籠を持って(二番目で待っていたタイミング計ったようです)レジしたので、また関わりたくなったのでしょうね。丁度兵役年令で、忌避者は8親等まで罰がありますからね…。

 奴等、本当に必死ですよ。相当ヤバくなってます。効いてますよ。阿片のように。今までの生活が愉しければ愉しいほど、安心であればそれだけ反動で、不安で不安で仕方がないのです。職場の清掃オバハン等も、色々替わってきてます。本当に分かりやすい動きでニヤニヤしてしまいますよ(笑)。

 安倍首相の目論みは大成功。日米タッグで支那も虫の息。あと少し。頑張りましょう? 余命様は今のまま、余命様でいて欲しいです。ハードランディングで特亜一掃が終わるまで。ご自愛くださいませ。


ゆき


 UMAIBOU 様の投稿を読んで

 以前ですが、みずほ銀行は静銀と提携を結ぶと発表しました。

 〜・〜・〜・〜・〜

 ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO28350420Q8A320C1EAF000/

 みずほ、静銀と提携発表
 金融機関 2018/3/20 13:05

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は20日、静岡銀行と提携すると発表した。住宅ローンや資産承継、フィンテックなど幅広い分野で協力する。

 みずほFGは全都道府県に拠点を持ち、傘下に銀行・信託銀行・証券会社を置く。静銀は静岡県内でのシェアが高い。住宅ローンはみずほ銀が店頭に訪れる新規客を静岡銀行に誘導するなどすみ分けも進める考えだ。

 静岡銀行は三菱UFJFGと親密な地方銀行。みずほとこうした連携を組むのは異例だ。

 〜・〜・〜・〜・〜

 静岡は知事も在日と聞く

 とうとう地道で堅実であった静銀が、あちらに取り込まれてしまった(利用される側)かと、とても落胆しました。

 静岡は天竜川よりも東・中部・東部はかなり浸食されているのでは、と思っています。

 本当かどうか確認したわけではありませんが、某役所に韓国旗が掲げられている、という投稿を見たこともあります。

 日本が嫌いなのに、日本にやってくる・・・あくまで日本を利用するためにだけに・・。

 働いてばかりの日本人は、簡単に騙されてしまうようです。

 情報の拡散が大切ということでしょう。


発芽玄米

 皆さん

 戦時中は苦しいものです。当然です。

 ならなぜするのか。

 護りたい物があるからではないでしょうか。

 今は戦時中なのです。有事前の戦間期と言った方が適切でしょうか。

 そして現時点においては、残念ながら我々側は日本人において少数派に他ならない事を受け止める必要があります。

 敵の反日側と我々ネトウヨ(あえて敵の批判する時の蔑称を使わせてください)側、合わせて多くとも2000万人くらいのもんでしょう。

 その他1億人の日本人は、ノンポリです。現時点では。

 新聞社で例えると、反日は赤旗、朝日、毎日など。

 我々は産経新聞。ノンポリは朝日?読売といった感じです。

 では我々は勝てないのか。違います。

 一人一人の影響力、戦力は不平等です。

 現実として、サラリーマン5000万人の命がけの意見よりも安倍総理1人の軽い失言の方が注目されるのです。

 さて、我々の味方はネットだけでしょうか。違うと思います。

 余命ブログを支持表明なさった小坪慎也氏、「余命さん」にツイッターで言及なさってる渡邉哲也氏、余命本を買ったとツイッターで発言した百田尚樹氏。そしてネット上で調べただけでも、小坪慎也市議は自民党の安倍総理と食事なさっているツイートを投稿している長尾敬氏や田母神氏やその他多くの自民党内(意見が我々側つまり)ネトウヨ系の有力議員と、渡邉哲也氏も麻生副総理と、そして百田尚樹氏は安倍総理と握手して共著を出版しております。

 1億人の日本人から非常識だと叩かれても。司法とマスゴミが敵であろうとも。行政と立法のトップは安倍政権、我々側なのです。

 一人一人が持つ力は不平等、国家権力を握ったもん勝ちなのです。教育界や国会前デモがパヨパヨ喚いても何も変わらないのと一緒なのです。

 産経新聞の阿比留瑠比氏によれば安倍総理は「自民党の中でも少数派」だとおっしゃっていたとの事。

 我々側は少数派なのです。

 我々側が多数派だったら日本再生計画は不要でしょう?

 日本再生計画で、tv新聞がなくなったらどうなるか想像してみてください。

 我々側ネトウヨが多数派、世論になるのです。

 ネットを持っていない高齢者もtv新聞が無くなれば仕方なくネットを持っている友人、家族に聞くでしょう。

 ノンポリは政治の意見ははぼゼロです。

 言論の世界で今、我々ネトウヨとマスゴミ野党&パヨクが争っているわけですが、向こう側がいなくなったらどうなるか。

 政治的な意見に関しては我々や先ほど挙げた影響力のあるネトウヨの皆様、すなわち我ら側しか表明しなくなるわけで、今のネットの時代、時間の問題で日本国民一億総ネトウヨ安倍総理積極支持の時代が来るでしょう。

 今は苦しいですが、日本再生計画後、一億総ネトウヨ後になった時、我々の今までやってきた事が評価され賞賛され報われる時が来る。

 私はそう信じております。


発芽玄米

 なぜ先ほど挙げた余命ブログ支持有名人に勇猛果敢な小坪慎也氏以外政治家がいないか。簡単です。選挙への影響があるからです。そして自民党議員は党議拘束もあり自由に動きにくい。(小坪氏は無所属です。)

 安倍政権や自民党内保守系議員の本音が、小坪慎也氏、渡邉哲也氏、百田尚樹氏なのです。でなきゃツーショット写真をネット上で大々的に公開し続けるなんて事しません。


東風山須高

 余命様、スタッフの皆様、お疲れ様です。僭越ながらコメントを寄稿したいと思います。

 とうとうふざけた裁判に乗り出す気ですね、ささき弁護士とやら。

 そういった連中が小手先で蠢動しようと、最後は愛国者が勝つというのに。

 まあふざけた裁判とはいえ余命さんが対処するのを応援しています。

 しかしさんざんカンパを募っていますが、どこから出ているのでしょうかね?

 私めもがんばってうずしお基金への寄付を呼び掛けたほうが良いのですか?

 示談を提示することで負ける前に金を巻き上げる算段なのは確かですね。

 外患誘致罪でこの反日弁護士に制裁が下るまで、今は我慢しなければなりませんね。


爽涼無量

 余命様

 御多忙中失礼仕り候。

 陣営の皆様の毎日の激務に深謝申し上げます。

 最近は、反日炙り出し鍋に自分で飛び込んで来る裁判官も居るそうで、“日本を取り戻す”作戦も佳境に入って参りました♪

 懲戒請求者を訴えるカンパも300万円位集まったそうで、請求者が1000人だとしても一人頭3000円ですか。HAHAHAHA!!

 どう少なく見ても3億円は必要だと思うんですケドね。

 そう言えば、弁護士先生方は懲戒請求者の「民事・刑事責任を追及する」そうですが、刑事事件なら警察に届ければいいんですけどねェ?

 もしかして警察は相手にしてくれなかったんでしょうか?

 民事事件なら何の損害を受けたんでしょうか?1000人って所が気に入らないんですかね?弁護士法第五八条(懲戒の請求、調査及び審査)には人数の上限でもあったんですかね?

 弁護士先生の言う「民事・刑事責任」ってコレ、無かったらどうなるんでしょうか?

 カンパのことです。もしかして詐欺じゃないですよねェ?

 私もカンパに金を出しておいて、後で訴えてみましょうか?あぁ、もう、そういう人が居るかも知れませんね〜ww 私なら確認するなww

 いつも応援致しております。御時間を御費し被下忝く存じ申候。

投稿日: 2018年5月6日

【余命三年時事日記】2502 2018/05/05アラカルトA 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2502 2018/05/05アラカルトA 2018年5月5日

ソース:2502 2018/05/05アラカルトA 2018年5月5日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/05/2502-20180505%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a1/

2502 2018/05/05アラカルトA

 
天使の提唱者

 余命様、ここに集う皆様こんにちは。天使の提唱者です。投稿がこんなに早く採用していただけるとはビックリしました。ありがとうございます。何か風雲急を告げる今日このごろですがついでにもうひとつ。5月2日の某国のイージスなるyoutubeで知りました。まさしくピッタリのネタではないでしょうか。4月27日の名古屋地裁にて、朝鮮学校を高校無償化制度の対象から外したのは違法として愛知朝鮮中高級学校の卒業生10人が国に計550万円の損害賠償を求めた訴訟の裁判で請求が棄却されたのだそうです。同様の裁判は他にも広島と東京で敗訴だそうです。大阪地裁のみが勝訴。もうひとつが係争中。

 懲戒請求者に対して不法懲戒請求なる訴訟を検討しているとされる弁護士らは、懲戒請求の事由が根も葉もない事であると言えるのでしょうか? すでにこんな判決が出ているのです。他にも憲法89条とか共謀罪とか外患罪とかカードはありますが、まずはこの判例からだけでも弁護士らの恫喝的訴訟の方が無理筋だと感じます。こんな訴訟が成立するのでしょうか?
 

匿名


 弁護士会が声明を出すことに反対する感情はわかる。簡単に、なぜ跳ねられたかを教えておく。

 1.憲法違反かどうかは、最終的に裁判所が決めること。個人(懲戒請求者)が決めることではない。たとえば、左翼が「自衛隊は9条に反し違憲だ」と言ったところで、裁判所が合憲と判断したら、それが結論だ。89条に反し〜も同じこと。左翼と同じことをやっている。

 2.法曹(弁護士)にとって、「犯罪」とは、構成要件に該当し、違法かつ有責な行為をいう。一般人が使う「それ、ハンザイだろ〜」という言葉とは意味が違う。何罪に該当するのか、説明しなければ門前払いされてしまう。

 弁護士会が出す声明は、政治的な表現の自由(21条)として、強く保障されている。それは、このブログの表現も同じこと。


.....であるならば、「最初に懲戒請求要件を満たさず」あるいは「根拠がない」等、堂々と理由を述べて却下すればいいだけのことである。事由が正当であるからこそ、却下ができず綱紀委員会にまわしたのだ。

 貴殿のいうことが正論であれば匿名ではない投稿をお願いしたいものだ。このスタイルは少なくとも余命の読者に対してはまったく説得力がない。


ララ

 東京高裁裁判官が、懲戒請求の内容をデタラメだと断じました。

 業務妨害とも扇動とも断定。

 「自分が気に入らない余命の裁判では、法をすべて、俺は恣意的に使うぞ」との裁判官の、売国自白です。

 そうです例の、白ブリーフ男ですね。

 反権力が信条とのこと(裁判官「が」)。

 ttps://twitter.com/okaguchik/status/992233892462538753

 岡口基一 ?@okaguchik
 「ネトウヨブロガーの「余命」という人が弁護士に自分たちが気に入らない弁護士に懲戒請求を送りつける扇動をし署名も集めてその署名を使って懲戒請求を行ったしかし内容がデタラメなので全てはただの業務妨害頭にきた弁護士がおまえら全員訴えると訴訟準備中
 19:46 ? 2018年5月3日


あまむし

 「2491 2018/05/02アラカルト@」の「余命コメント」を拝見した。

 《.....具体的な北朝鮮支援という個人や組織は無条件で対象となるから、ほとんど北朝鮮関係が運営している朝鮮人学校について、朝鮮人学校補助金支給要求声明を発出した日弁連は対象となるだろう。当初は現状の暴力団やくざと同様に幹部だけの口座凍結となるだろうが、状況次第で数百人規模にはなると思われる。米国各省庁の壁がなくなっているだけではなく、ある省庁は指定したが、ある省庁は動かなかったということができなくなっている。日本とはかなりの温度差がある。指定となれば、売国奴確定であるから、日本国内におけるテロ三法の自動的スライド適用だけではなく、有事愛国無罪の対象となる。まあ、覚悟してやっているのだろうから、本望だろう。》

 この余命翁の指摘は以前からなされていたが、ここに来て現実味を帯びて来ている。「朝鮮学校補助金支給要求声明」は、米国の北朝鮮テロ国家指定、北朝鮮経済封鎖政策に、抵触する事が確実視される為、日弁連は「テロ支援」組織に該当する。今まで日弁連は、日本国内において「反日工作」している限り安泰だと、高を括っていたのだろう。しかし、日本国内の反日勢力に対して「テロ指定」の引き金を引くのは、「トランプ政権下の米国」だということになる。余命翁が指摘しているように、米国の「テロ指定」の決定を受けて、日本が「テロ三法」「共謀罪」に従って、「朝鮮学校補助金支給要求声明」の日弁連傘下の弁護士に対して「テロ指定」を行うことになるのだろう。

 では何故に、「日弁連」はじめ「反日勢力」達は、日本に対する「反日工作」が安全だと侮っていたのだろうか。それは彼らが中共・北朝鮮・韓国の支援を受けてきたとはいえ、根本的には米国の「グローバル勢力」の暗黙の庇護と了解があった事を、彼ら自身が知っていたからに相違ない。何と言っても、米国の力は絶大と言える。世界を真に動かしている「力」は、米国を支配している「グローバル勢力」であった。故に、彼らはあからさまな「反日活動」を好き放題して来れた。日本におけるその流れは実に、73年前の日本の敗戦時に遡る。GHQによる日本弱体化政策の一環として、「反日勢力」は米国政府中枢の「グローバル勢力」の庇護の元に、自由且つ安全に、「日本弱体化政策」の片棒を担ぐようになった。どれほど卑劣な破壊工作活動を行っても、戦勝国の米国(グローバル勢力)がバックについているのだから、「怖いもの無し」だった。その「反日活動」は、日本においては在日勢力が中心となって実行するようになった。日本国内の「反日勢力」は、米国を支配する「グローバル勢力」が、人造的に作り上げた旧ソ連、中共、北朝鮮、韓国という、「反日国家群」からの直接間接的支援と指示を受けて、「日本国家破壊工作活動」を進めた。資金・情報・メディア・人的バックアップ、政治的支援、国際機関やマスメデイアの協力等々、必要なものは何でも与えられたバラ色≠フ工作活動を行って、我が世の春を謳歌したに違いない。

 しかし、米国支配の「グローバル勢力」に対して、米国ナショナリズム勢力がじっと黙っていた訳ではなかった。水面下で米国民の反撃が始まっていた。その結果として突如現れたのが、2016年の米国大統領選挙だった。ヒラリークリントンが大統領になるとの大方の予想を覆して、泡沫候補と言われていたトランプ氏が大統領に当選してしまった。これは、米国民の「グローバル勢力」支配に対する反逆と言える。ここに来て、米国内の力関係が完全に逆転したと言える。大統領就任から約一年、マスコミとの激烈な戦いや、ありもしなかった「ロシアゲート疑惑」との戦いを制したのは、実はトランプ大統領であった。その最も顕著と言える証拠は、最近の人事を見れは明白だ。国家安全保障担当の大統領補佐官に、強硬派ボルトン元国連大使を、国務長官にポンペオ元中央情報局(CIA)長官を当てた。トランプ氏にとって最強の布陣を敷くことができたのは、「グローバル勢力」との「勝利」を物語っていると考えられる。

 さらに、北朝鮮に対する軍事的圧力と、国際協調と国連決議による経済制裁の強硬策の結果、遂に、金正恩が「千年の宿敵」と豪語したばかりの北京をのこのこと訪問した。それは米朝会談を控え、トランプ大統領に直接対峙する前の、中共に対する「命乞い」に過ぎない。南北朝鮮トップ会談等も急遽行い、大の男同士が御手手つないで、如何にも「平和統一」を行う下手糞なパフォーマンスを行い、醜態を晒している。何故このような急転直下の動きが現れたのか。元ウクライナ大使、馬渕睦夫氏の解説によれば、北朝鮮の後ろ楯であった所の、米国内「グローバル勢力」との戦いに、トランプ大統領が勝利したからであると、氏は断言している。中共(北京政府)に対するトランプ大統領の経済制裁は、「経済戦争」にも匹敵する迫力を感じさせる。それは、やはり長年中共の後ろ楯であった「グローバル勢力」が、トランプ大統領との間で何らかのディールが成立し、中共から手を引いたことが、最大の原因であると考えられる。

 「グローバル勢力」の大元締めは、トランプ大統領に敗北し、様々な局面での撤退を余儀なくされていると考えられる。小生の勝手な推測では、「グローバル勢力」が過去に行って来た数々の国家的・国際的犯罪に対して、トランプ大統領は、それらの「動かぬ証拠」を持ってディールしている様に勘ぐっている。それら「過去の犯罪」が明るみに出た場合、世界が大混乱に陥るだけでなく、彼ら黒幕に対する米国民と世界からの非難攻撃を止める事は、最早不可能になって来たからだと思う。その一例と考えられるのは、昨年(2017年)10月の『ケネディ暗殺の機密文書、FBIとCIAの要請で一部公開を先送り』である。『トランプ米大統領は26日、これまで非公開だった1963年のジョン・F・ケネディ元大統領暗殺に関する機密文書のうち約2800件の公開を指示。ただ、一部文書に関しては、機密指定解除を見送った。』と報道された。この時、ケネディ大統領暗殺の黒幕として噂されている「グローバル勢力」との間での、一定のディールが成立し、それまでの熾烈な戦いに、終止符が打たれたのではないだろうか。因みに「ケネディ大統領暗殺」の真相と噂されているのは、1963年6月4日、FRB抜きで通貨を発行する権限を政府に与えるExecutive Order 11110に、ケネディ大統領が署名したことにより、同年11月22日に暗殺されたとするものだ。米国政府通貨発行を踏み切ったケネディ大統領に対する、FRBを支配する国際金融勢力による制裁、という筋書きであるが、もしもその証拠をトランプ大統領が握っているとすれば、「グローバル勢力(国際金融勢力)」にとって致命傷となる事は、想像に難くない。何はともあれ、今年になって一気呵成に北朝鮮への攻勢を強め、今の情勢打開に流れ込んでいることは事実である。

 トランプ大統領の「グローバル勢力」に対する「勝利」は、北朝鮮・中共だけの問題ではなく、日本においてもそれが言える筈だ。日本の「反日勢力(グローバル勢力から暗黙の庇護を受けていた勢力)」も、「米国裏社会」からの支援が急激に断たれたことを意味するのだと思う。ということは、「日弁連」においても、今までの「米国の裏社会」からの庇護がなくなるだけでなく、逆に「トランプ率いる米国政府」が「日弁連」の敵になってしまったことを意味しているのだ。「日弁連」始めとする「反日勢力」は、どんでん返し≠食らったことになる。青天の霹靂≠ニはまさにこの事を言うのだろう。

 かと言って、手のひらを返す様に「反日」を止めて、「愛国」に転ずる事などできる訳がない。それは、「日弁連」を支えて来た北朝鮮、中共、韓国との関係にあるのだと思う。北朝鮮、中共、韓国自体が、現在米国から猛烈な圧力をかけられ瀕死状態にある。そんな切羽詰まった時に、「日弁連」や「反日勢力」だけが、「反日」を止めてしまうと、追いつめられた北朝鮮・中共などの工作員が、何をするか判らない。「反日勢力」達の秘密情報を握っているのは、北朝鮮や中共などの仲間達だろうから、北朝鮮や中共や韓国に対する「裏切り」は、「死」を意味する位の事は、彼らが一番承知しているだろう。「見せしめの為の暗殺」は、ごく一般的になされていると見た方がよい。なので、「日弁連」「反日勢力」達は、「米国グローバル勢力」の後ろ楯が無くなったとしても、北朝鮮、中共、韓国と縁を切る事は不可能である。もしも、「日弁連」等の「反日勢力」が北朝鮮と敵対すれば、自らの秘密情報を暴露されると同時に、刺客≠招くことになる。かと言って、彼らが北朝鮮を今まで通り擁護すれば、米国の「テロ指定」は必至であり、それは自動的に日本の「テロ三法」「共謀罪」のスライド指定となって、自らの首を締めることになる。何れの道も「地獄」に通ずる。後者の方が、前者に比べれば少しは穏便≠ネ対応であることは、容易に想像ができる。どちらにしても、「日弁連」を始めとする「反日勢力」は、完全に「詰んだ」と言える。長い眼でみれば、「悪の栄えた試し無し」である。ここまでの道筋を付けられた余命翁とスタッフの皆様、余命読者の皆様に心から感謝いたします。

 感謝合掌

 (あまむし)

 
ひぐらし

 保守速報のコメント欄にゴミが湧いていましたのでご報告致します。

 34. 名無しさん@ほしゅそく 2018年05月02日 10:42:47 ID:E0MjE2Njg

 このコメントへ返信

 悪質サイト余命3年を許すな

 複数の弁護士が自民党の働き方改革を批判

 余命3年が弁護士らの懲戒請求を呼びかける

 扇動された1000人近くの自民党支持者が懲戒請求

 そのうちの弁護士S氏とK氏が請求者を訴えることを表明

 自民党支持者達、請求者の情報が請求先にも通知されることを今更知り発狂

 余命3年の管理人自身は請求してなかったことも判明して内ゲバが始まる

 弁護士S,K「可哀想だし謝るなら合計120万と刑事告訴のところを示談10万で許すで」

 実際に謝るキッズ(30〜40代)が続出

 余命3年が謝った人間は存在しないと発表、更に懲戒請求を煽る

 【魔除け担当大臣】安倍総理が麻生財務相の続投表明 野党6党、今後も国会に近づけずw
 2018年05月02日10:30
 ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48815749.html


ララ


 ささき弁護士は、日本共産党前衆議院議員 佐々木憲昭の息子さんだったそうですね。

 ジャパニズム41で、井上太郎さんが記述されてます。

 ユニオン、やっぱりって感じです。
 

佐久奈


 翁様、皆様、ご多忙の中、畏れながらお邪魔いたします。

 常識水準の上下逆さまの今日この頃、少し前の話でありますが日本国民の敵とはっきり縦分けられた某議員。氏の持論は自衛隊の存在は将来世界的に危険だそうで、それなら変に擁護するかの様な気色悪い言い回しをせずに即刻解散せよをスローガンにされた方が潔良く、「らしく」てこちらも気持ちいいと言うものです。

 上に立つ者の心得として、下からの至極尤もな意見は真摯に受け止め、襟を正して向き合うものではなかろうか。

 罵倒したのではなく、職を明かしてまでの誠心誠意のこもったお言葉だと思いました。本人がお気付きで無いから、ご親切にも国民を代表して知らせて下さったのであります。

 三佐の残された(勉強になりました)には私も同感で、反日政党の異常な思考形態、今後対応の匙加減、諫める行為の無意味さなどなど。

 名宣り挙げてのご発言に、我々もその意気込みを汲ませて頂き、足元の掃除くらいは真剣にさせて頂かなくてはと強く思いました。

 親切を装い回りくどい表現をせずとも、全て見え透いておりますこと申し上げておきます。これを反日手順の型板として今まで反日活動が行われてきたのが彩やかとなりました。

 一方で我々が”羊たち”と形容されておるようですが、誰一人大人しく生贄になど成るつもりは無いと思います。心配してくださり御礼申し上げます。陰で待機中なので自重しているだけであります。

 靖国芳名録奉納の件は全てカタが着いてから英霊様がたへ結果報告としての奉納と私は考えておりますので、そちらは心配ご無用かと。この一件が呼び水となりまだまだ増えるでありませう。
 
日本魂守護に携わる方々に、今後その活動に於いて国際詐欺師団を一閃する免罪符愛国無罪、余命翁乃守が天降します「愚霊新正天羽々斬」

 その一振りを一致団結を以って献上させて頂けるよう皆様と共に励みたいと神の御前に意宣ります。

 ははとは大蛇 別名を十握劔、十が握りし双刃の剣。故に善悪を弁えたマコトを護る責任が、士(もののふ)に要求されるのであります。

投稿日: 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2501 余命考四季の移ろいH 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2501 余命考四季の移ろいH 2018年5月5日

ソース:2501 余命考四季の移ろいH 2018年5月5日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/05/2501-%e4%bd%99%e5%91%bd%e8%80%83%e5%9b%9b%e5%ad%a3%e3%81%ae%e7%a7%bb%e3%82%8d%e3%81%84%e2%91%a8/

2501 余命考四季の移ろいH
 
四季の移ろい

 余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。

 今回は資料投稿がメインです。

 文科省サイトにある2013年PDF資料、

 『高校無償化に係る朝鮮学校の審査状況(概要)(12/16時点)』から抜粋。↓

 ☆『【教職員同盟、青年同盟】

 ○ 公安調査庁は、総連は、教職員や生徒をそれぞれ、教職員同盟、青年同盟に所属させ、思想教育を行っているとしている。

 ⇒ 全校とも、教職員同盟は、教員の研修・福利厚生のための組織、青年同盟は、生徒会としての活動を行う組織と回答。

 (参考)公安調査庁「内外情勢の回顧と展望」(抄)

 朝鮮総聯は,このほか,教職員や初級部4年生以上の生徒をそれぞれ朝鮮総聯の傘下団体である在日本朝鮮人教職員同盟(教職同)や在日本朝鮮青年同盟(朝青)に所属させ, 折に触れ金総書記の「偉大性」を紹介する課外活動を行うなどの思想教育を行っている。』(文部科学省サイトより)

 以下がその参考資料です。

 公安調査庁資料『内外情勢の回顧と展望(平成22年1月)』の『平成21年の国際情勢、1.北朝鮮・朝鮮総聯』より。↓

 ☆『コラム 朝鮮人学校の思想教育について

 ○ 朝鮮総聯は,朝鮮人学校での民族教育を「愛族愛国運動」の生命線と位置付けており,学年に応じた授業や課外活動を通して,北朝鮮・朝鮮総聯に貢献し得る人材の育成に取り組んでいる。

 ○ 朝鮮人学校では,一律に朝鮮総聯傘下事業体「学友書房」が作成した教科書を用いた朝鮮語での授業を行っている。

 例えば,高級部生徒用教科書「現代朝鮮歴史」では,北朝鮮の発展ぶりや金正日総書記の「先軍政治」の実績を称賛しているほか,朝鮮総聯の活動成果などを詳しく紹介している。

 ○ 朝鮮総聯は,このほか,教職員や初級部4年生以上の生徒をそれぞれ朝鮮総聯の傘下団体である在日本朝鮮人教職員同盟(教職同)や在日本朝鮮青年同盟(朝青)に所属させ,折に触れ金総書記の「偉大性」を紹介する課外活動を行うなどの思想教育を行っている。』(公安調査庁サイトより)

 ↑日本人を拉致し、核で日本を脅かし、日本にミサイルを向ける北朝鮮、及び北朝鮮の出先機関で本国の指示による日本人拉致や覚醒剤・麻薬密輸を始めとした対日本工作機関である朝鮮総連に貢献し得る人材を朝鮮人学校で育成。

 また朝鮮総連傘下団体に、朝鮮人学校の教職員や高学年の生徒を所属させ、日本にミサイルを向ける本国トップの「偉大性」の『思想教育』を行っているそうです。

 この公安調査庁資料の発表は2010年。

 日弁連さんの「朝鮮学校を高校無償化制度等の対象から除外しないことを求める会長声明」の発出は2013年です。

 また2016年の文部科学大臣による「朝鮮学校に係る補助金交付に関する留意点について(通知)」に対する「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」は、同じく2016年です。

 これら声明発出の時点で上記資料の内容もですし、民間人とは云え法に司法に携わる弁護士さん方にとって、事実に基づいた証拠集めや整理は大切なお仕事の一つですよね。

 当然朝鮮総連と朝鮮人学校との関係はご存知だった筈です。それでも声明をお出しになっています。それから朝鮮総連も破防法調査対象団体になっていますね。以下抜粋。↓

 ☆『質問本文情報
 平成十九年七月三日提出質問第四七五号公安調査庁に関する質問主意書
 提出者 河村たかし』

 ☆『五 朝鮮総連に対する評価について
 1 朝鮮総連は、破壊活動防止法上の調査対象団体か。』

 以下その回答。↓

 ☆『答弁本文情報
 平成十九年七月十日受領答弁第四七五号内閣衆質一六六第四七五号
 平成十九年七月十日内閣総理大臣 安倍晋三』

 ☆『五の1について朝鮮総聯は、破壊活動防止法(昭和二十七年法律第二百四十号)に基づく調査対象団体である。』(以上衆議院サイトより)

 ↑繰り返しますが、日本人を拉致し、日本を核で脅かし、日本にミサイルを向ける北朝鮮、及びその出先機関で日本人拉致や覚醒剤・麻薬密輸を始めとした対日本工作機関であり、公安調査庁の破防法調査対象団体でもある朝鮮総連に貢献し得る人材を朝鮮人学校で育成。

 またその傘下団体に、朝鮮人学校の教職員や高学年の生徒を所属させ、日本にミサイルを向ける本国トップの「偉大性」による『思想教育』を行っているそうです。
 
 民間人扱いで強制捜査の権限が無いとは云え、専門職として法に司法に携わる弁護士さん方です。

 日弁連さんを始めとした各弁護士会さんは、素人な一般人な私ですら簡単にネット検索出来るこの様な事実もですし、それ以上の事実による証拠も専門職として調査なさっている筈ですし、勿論ご存知ですよね。

 それは『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を『脅迫』や『示談』で守りにこられたささき弁護士さんを始めとした各弁護士さんも、勿論ご存知ですよね。なんの根拠も無く行動を起こす筈ないですものね。

 朝鮮総連と朝鮮人学校との関係もご存知の上で声明をお出しになられたのだし、その上で今も尚、守られているって事ですよね。

 同じく公安調査庁『内外情勢の回顧と展望(平成30年1月)』から。

 『平成29年の国外情勢、1.北朝鮮・朝鮮総聯』の『金正恩党委員長への忠誠心扶植と団結強化を図る朝鮮総聯』から抜粋。↓

 ☆『「集中運動」を繰り返し実施して思想と組織の強化に注力

 ・朝鮮総聯は,平成29年(2017年)を「チュチェ革命の新時代に合うように在日朝鮮人運動を更に高い段階に発展させていくべき転換の年」と規定し,北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が提示した活動課題に取り組んだ。

 すなわち,同委員長が総聯結成60周年(平成27年〈2015年〉5月)に際して送付した書簡で,組織内における思想体系の確立と基層組織の強化を求めたことに基づき,支部の活動活性化を目的とした「50日集中戦」(2?3月)に取り組んだほか,

 @思想教育の強化,
 A支部・分会・団体基層組織の強化,
 B民族教育活動の強化,
 C同胞生活奉仕の強化,
 D朝鮮統一促進活動の強化-

 の五つの「強化」課題に取り組む「100日運動」(5?8月),「90日運動」(9?11月)を相次いで実施した。

 こうした「集中運動」は,平成28年(2016年)の「60日集中戦」(5?7月),「100日集中戦」(8?11月) に続くもので,2年間で5回にわたって実施するのは異例のことであり,総聯中央が組織活動全般の底上げと北朝鮮本国にアピールし得る実績作りに腐心する様子がうかがわれた。』

 ↑こちらを読んだ四季の疑問です。

 @思想教育の強化
 B民族教育活動

 の強化には、ささき弁護士さんを始めとした、Twitter弁護士さん方による『朝鮮人学校補助金支給要求声明』推進活動の強化も含まれているのかな?

 朝鮮人学校の

 @思想教育の強化
 B民族教育活動

 の為に、『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を守りに来られた?

 だから↓

 「ささきりょう@ssk_ryo
 ネット右翼の諸君は相変わらずだなぁ。無邪気に私に懲戒請求してるのも900人くらいるけど、落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆
 20:33 ? 2017年9月2日」

 ↑の『脅迫』をしたのかな?

 このTweet、昨年2017年の「9月2日」ですね。

 ちょうど『「90日運動」(9?11月)』の初っ端にあたりますね。

 このTweetに至るまでと、その後の日付けを書き出してみました。

 ささき弁護士さんが『朝鮮人学校補助金支給要求声明』に係る被懲戒請求者となった第五次告発・懲戒請求の発表は

 『1641 告発状第五次までの資料』。

 昨年、2017年の5月15日です。

 その後『1673 2017/6/9アラカルト』で、

 『8日に第一次弁護士懲戒請求書の発送、11日から全国地検へ約25万件の告発状が発送される。件数も凄いが、今回は具体的な証拠書類をすべての告発状に添付しているのですさまじい量になっている。』

 と余命さんが仰っています。

 つまり懲戒請求書類は6月8日に発送。

 そして私の所へ来た調査開始お知らせは6月29日付け。以下ささき弁護士さん箇所。↓

 ★「事案番号 平成29年東綱第(略)号
 被調査人 佐々木 亮
 懲戒請求日 6/19/2017
 調査命令日 平成29年6月21日」。

 そして綱紀委員会の出した「弁護士としての品位を失うべき非行と評価することはできない。」議決書は8月25日付け。

 Twitter「落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆」が9月2日。

 「被調査人らを懲戒しない。」決定書は10月2日付けでした。

 調査結果通知と議決書と決定書の三部構成からなる書類を、私は決定書日付け翌日の10月3日に配達証明郵便で受け取りました。

 因みにその議決書には、Twitter弁護士さん方が問題にした「数の圧力」「不当な大量懲戒請求」等に関する調査や審査、それを踏まえた決定書による回答は一切ありませんでした。

 以前も書きましたが、なぜ綱紀委員会の審査にかけて事由と「数の圧力」等との因果関係を証明し、それを以て請求者への回答としなかったのか、さっぱり判りません。

 なぜその本来の手続きな筈で合法な方法を取らず、9月2日、つまり議決日の8月25日以降に、公共ツールTwitterで発言を始めたのかな?

 9月2日以降も請求者の個人情報の存在をちらつかせて悪用、また立場も悪用した『脅迫』行為による発言を続けていますね。ささき弁護士さんに続く他のTwitter弁護士さんもそう。

 更に云うなら、第五次の対象になった弁護士さんは10名でしたが、なぜこの方だけなのでしょうか。
Twitterにしろ何にしろ、もしささき弁護士さんの様に他の弁護士さん方も請求者を『脅迫』したかったら、今の時代、便利なインターネットを使って何かしらの手段で実行は可能ですものね。

 でも10名の内、『脅迫』してきたのはささき弁護士さんだけでした。(と云いつつTweet全部を把握している訳では無いので、実際は判らず。でも他の9名の方々のお名前は見た記憶無いです。)

 しかもささきさんが最初の口火を切り、他のTwitter弁護士さんの多くがそれに続いています。

 以上を鑑みるに、被懲戒請求者だからプラス、この方が朝鮮総連においてかなり深い関係の方だからかな、だから『脅迫』行動に10名の中で唯一、且つ真っ先に移したのかな、と穿ってしまいます。

 話を戻しまして。

 特に気に成る日付けを並べると。↓

 調査開始お知らせにあった懲戒請求日は6月19日。
 調査命令日は6月21日。
 議決書は8月25日。

 佐々木弁護士さんの「落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆」Tweetが9月2日。

 「懲戒しない。」の結果回答が10月2日。

 ↑なぜ6月後半でも7月でも8月でもなく、議決書日付け8月25日の後、しかも9月に入ってからの9月2日に

 「落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆」

 と発言したのかな?

 先ず綱紀委員会の8月25日議決により、懲戒されない旨をお知りになり、それで安心して『脅迫』を始められたのかな?

 それまでは議決の結果に響かない様にと、大人しくして黙っていたのかな?

 更に9月2日から始めたのは、上の公安調査庁資料にある

 『五つの「強化」課題に取り組む「100日運動」(5?8月),「90日運動」(9?11月)を相次いで実施した。』

 に関係あるのかな?

 「100日運動」(5?8月)もだし、「90日運動」(9?11月)実施の前には朝鮮総連から何かしらのお知らせ、叱咤激励系含めた何かしらの通知などがあるはず。

 その中には『朝鮮人学校補助金支給要求声明』推進活動を邪魔されない為の叱咤激励もあったのかな?

 だから8月25日の議決で懲戒されない旨をお知りになり安心し、更に「90日運動」(9?11月)実施に伴い、朝鮮総連から今回の懲戒請求を何とかして欲しい旨の叱咤激励が入り、それで9月2日にささき弁護士さんの

 「落とし前はつけてもらうからね。(^ー^)ー☆」

  発言となったのかな?

 他の弁護士さん方による対懲戒請求者『脅迫』圧力行為Twitterもそうですね。皆さん9月からが多い。

 このささき弁護士さんの9月2日Tweetを口火として、多くの弁護士さんが『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を守る為に、公共ツールTwitterで9月から発言し始めてます。

 結局はこの9月2日から始まった懲戒請求者『脅迫』もまた、

 『朝鮮総聯は,平成29年(2017年)を「チュチェ革命の新時代に合うように在日朝鮮人運動を更に高い段階に発展させていくべき転換の年」』運動の一環でもあるのですかね。

 重ねて書きますが、民間人扱いで強制捜査権限が無いとは言え、法に司法に携わる専門職な弁護士さん方です。

 各『朝鮮人学校補助金支給要求声明』発出前には、朝鮮総連と朝鮮人学校との関係も当然調査なさり証拠を集めたはずですし、その上で『朝鮮人学校補助金支給要求声明』をお出しになる位の関係です、朝鮮総連の活動、動きは当然ご存知ですよね。

 しかも酷いのが、東京弁護士会さんの10月2日付け「懲戒しない。」回答。

 9月2日から一か月。

 当然この一連の『脅迫』行為はご存知な筈でしょ?

 なのに知らん顔でしれっと結果お知らせを送ってくるのだもん。

 しかし9月2日からのこの『脅迫』に、懲戒請求者であり余命さんブログ読者さんでもある、国民の皆さんが屈する事はなかったですね。

 寧ろ第六次で『脅迫』による告発・懲戒請求が増えました。今回の『示談』を謳うふた弁護士さんの第六次。↓

 ☆『215 佐々木亮懲戒請求書』
 ☆『222 佐々木亮脅迫告発状』
 ☆『228 佐々木亮脅迫罪告発状』
 ☆『231 佐々木亮弁護士共謀罪脅迫罪告発状』
 ☆『235 北周士懲戒請求書』

 ↑懲戒請求者である日本国民の皆さんは『脅迫』では屈しない事が判った。

 だから今度の第六次は『脅迫』プラス『示談』にランクアップ?

 更に云うならこれもまた、朝鮮総連の今年の活動課題と関係があるのかな?

 活動課題じゃ無くても、何かしらの叱咤激励があったのかな?

 実際は判りませんけれども。

 れでもなぜ『脅迫』が(「100日運動」(5?8月)期間でもある)6月でも7月でも8月でもなく、9月2日からだったのでしょうか。

 やはり先ずは議決結果による安心を得られた事、更に9月からの強化実施に伴う朝鮮総連からのお達し的何かがあったのかな?と、ふと疑問に思いました。

 ☆『朝鮮人学校への「高校無償化」適用を求める活動に取り組み

 ・朝鮮総聯は,朝鮮人学校への「高校無償化」適用などを求めて定期的な抗議・要請活動を実施したほか,全国5か所で係争中の「高校無償化」訴訟の判決言渡し(7月: 広島地裁〈原告敗訴〉,大阪地裁〈原告勝訴〉,9月:東京地裁〈原告敗訴〉,愛知及び福岡は地裁で係争中)に際しては,多数の活動家らが裁判の傍聴や朝鮮人学校関係者らが開催する報告集会に参加し,朝鮮人学校への「高校無償化」適用に向けた世論の喚起に努めた。』

 ↑朝鮮総連による『定期的な抗議・要請活動を実施』だそうです。

 ☆『第24回全体大会に向けて更なる運動の活性化を企図

 ・平成30年(2018年)に開催予定の朝鮮総聯第24回全体大会では,80歳を超えた許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の指導体制強化や後継体制を見据えた布陣の構築など,朝鮮総聯中央幹部の人事が注目される。

 同大会に向け,朝鮮総聯は,許宗萬議長を中心とする総聯中央の取組を北朝鮮にアピールする狙いの下,年明けにも新たな「集中運動」を実施して,宣伝活動や支部活動の更なる活性化を図っていくものとみられる。』

 ↑検索しましたら今年の『朝鮮総聯第24回全体大会』は、5月26日、27日だそうです。↓

 ★「運動発展の突破口を開く契機に

 ・総聯中央委員会第23期第5回会議が2日、東京・千代田区の朝鮮会館で行われた。会議では、総聯第24回全体大会を金正恩時代の在日朝鮮人運動発展の決定的な突破口を開く契機で迎えるための課題が示され、24回全体大会を5月26、27日に東京朝鮮文化会館で開催することが決まった。」(朝鮮日報2018/03/06「5月に24回全体大会開催決定/総聯中央委員会第23期第5回会議」記事より)

 ↑なんでも今回の『示談』ふた弁護士さん、5月16日に記者会見を行う旨を仰っているそうで。

 もしや記者会見提示による『脅迫』圧力で、請求者を怯えさせ折れさせ、5月26日と27日に行う全体大会までに、各懲戒請求者からの申告による『示談』を少しでも多くより多く勝ち取りたいのかな?

 そして懲戒請求者との『示談』をたくさん取りましたし、だから懲戒請求潰し頑張りましたし、だから今後も『朝鮮人学校補助金支給要求声明』は取り下げなくて済みますしアピールの実積を作っておいて、大会において発表したいとか?

 判りませんけれども。

 日程が流れがたまたま合致しただけかもですね。あくまで想像です。

 ☆『COLUMN 北朝鮮の「教育援助費と奨学金」送付60周年をめぐる動向

 ・北朝鮮は,昭和32年(1957年)から「在日朝鮮同胞子女の民主主義的民族教育」のための財政援助金として「教育援助費と奨学金」を国家予算に計上し,毎年,朝鮮総聯に送っている。

 北朝鮮側の発表によれば,平成29年(2017年)4月までに,計163回,日本円で計480億599万390円(本年分は2億1,800万円)が送られたとされ,朝鮮総聯は,朝鮮大学校の校舎建設費用や各朝鮮人学校の運営費のほか,在日朝鮮青年への奨学金などに充てているとしている。

 朝鮮総聯は,平成29年(2017年)が「教育援助費と奨学金」の送付開始から60年に当たることを受け,これを記念する各種行事の開催や北朝鮮指導者の偉大性などをアピールする広報宣伝活動に取り組んだ。

 4月には,東京朝鮮文化会館(東京都北区) において,総聯中央及び地方本部の幹部や朝鮮人学校校長らが出席の下,「教育援助費と奨学金」送付60周年を記念する中央大会と, 朝鮮人学校生徒らが出演する芸術公演を開催した。

 大会では,許宗萬(ホ・ジョンマン)議長が挨拶し,「教育援助費と奨学金の恩恵を受けて育った11万人に達する朝鮮学校卒業生は,総聯愛族愛国偉業の担い手として,祖国(北朝鮮)の隆盛繁栄と平和統一のために活動する立派な民族人材に育ち,活躍している」と指摘した。

 また,朝鮮人学校生徒らを対象としたスポーツ大会を関東,東海,近畿地方で開催した(9月)ほか,総聯の地方本部や傘下団体,朝鮮大学校を始めとする各朝鮮人学校などが,それぞれ金正恩(キム・ジョンウン)党委員長宛ての感謝の手紙を送り, 「金正恩元帥の崇高な意志のとおりに民族教育活動を総聯の中心課題として変わりなく捉えていく」などと金党委員長への忠誠をアピールした。』(以上公安調査庁サイトより)

 ↑日本人を拉致し、日本を核で脅かし、日本にミサイルを向ける北朝鮮本国のトップに、「各朝鮮人学校など」が「忠誠」をアピールしているそうです。

 『2492 2018/05/02アラカルトA』の鳳梨さんご投稿で、「弁護士youtuberの久保田」なる人物の発言を読みました。↓

 ★「まあただですね、憲法上表現の自由というものが21条によって保障されている以上、どんな意見に賛同しようが反対しようが、それが犯罪になるということはなかなか、起こらないわけなんですね。ですんで、これは理由として通らないのかなー、というようなところではあるんですけれども、」

 ↑この「弁護士youtuberの久保田」さんて方、利敵行為も『表現の自由』の範囲内とのお考えなのですね。

 国民の命よりも敵国の為の『表現の自由』優先、と。

 日本国の対外存立と国民の生存権に脅威を与える敵国でテロ支援国家への利益供給を、『言論の自由』『表現の自由』でかばう事は出来ないです。

 国の存立存続と国民の生命財産の安全より、敵国の為の『表現の自由』を優先する事は出来ませんし、国と国民の命を『表現の自由』が超える事は許されないです。

 『表現の自由』を保障する国が存在してこそ、そしてその国の元で国民が保障されてこその『表現の自由』ですからね。

 その基礎となるのは、日本国憲法を始めとした日本の法ですよね。

 憲法が国民に保障する『基本的人権』。

 自分がギリ理解出来たのは→人間が生まれながらに持つ普遍的な個人の権利(生命身体や財産の安全、平等、思想や表現などの自由)である自然権と、その個人の自然権を保護する為の国家制度として近代確立された、その国その国の憲法が保障する国民の権利(参政権、社会権、請求権など)とを合わせたものが現代の『基本的人権』の考え方とうっすら理解しました。

 日本の憲法が『侵すことのできない永久の権利として』保障する国民の基本的人権は自由権、平等権、参政権、受益権、社会権と以前に読みました。

 でもその自由権含めた『基本的人権』を保障する日本の法の機能は、国の存立存続と国民の生命財産の安全があって初めて成り立つものでしょ?

 なのに国と国民の命を敵国の脅威に晒してまで、敵国の為に『表現の自由』?

 外患によって国と国民の命を脅かされたら、もし敵国が日本に完全に攻めて来たら、どうなります?戦時国際法に依る事になりますね。国と国民の命を守るに徹するそこに、敵国の為の『表現の自由』が存在する余地はありますかね?

 だから

『第183回国会
 衆議院 法務委員会 第15号
 平成25年5月29日

 稲田政府参考人(法務省刑事局長)

 今の点につきまして、私の方から、まず解釈につきまして若干御説明させていただきたいんです。

 今御指摘のありました外患誘致罪における「日本国に対し武力を行使させた」ということの意義そのものにつきましては、これも一般に言われているところでございますが、我が国に対して壊滅的打撃を与えた場合に限らず、例えば我が国の領土の一部に外国の軍隊を不法に侵入させたときもこれに当たるというふうに解されているところでございます。

 その上で、今御指摘のような話につきましても、外国との通謀があって、しかし武力行使に至らなかった場合でありますとか、さらには、外国との通謀を開始いたしましたが合意に達せず、通謀自体が未完成な場合であっても、それは外患誘致罪の未遂犯として処罰の対象となると解されているところでございます。

 先ほど委員御指摘もございましたように、この罪につきましては、予備罪、陰謀罪もございますので、ただいま申しました未遂に至らないような予備、陰謀の段階でも処罰の対象となっているというところでございまして、重大な打撃を我が国に与えた後でなければ罪を問うことができないというものではないというものであるというふうに考えております。(引用終わり)』
なのでしょ?

 憲法九条により交戦権を持たない日本。

 もし万が一自衛権を行使出来る時間も無い程に敵国がいきなり完全に攻めて来たら、そんな時に外患罪適用運用なんてやっていられないでしょ?

 (世界一の精密度、世界一の機動力、世界一の防衛力を密かに誇る自衛隊とは云え、世の中何があるか判らないですもの。)

 だから現在も進行中の敵国の完全攻撃を招く外患行為利敵行為を、完全攻撃を受ける前に止めるのは必須じゃん。国民の生命が失われてからじゃ遅い。

 (だから私は告発もだし、懲戒請求にも参加した。

 問題提起とかじゃ無い、本当に『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を取り下げてもらいたかった。
でも無理でしたね。

 もう各弁護士会組織と各弁護士さんは日本人の利益を一切守らず、朝鮮人の利益を守る為の売国集団とはっきり理解しましたから。

 各弁護士会with綱紀委員会から届いた結果回答だけじゃ無い、ささき弁護士さんを始めとした公共ツールTwitter使用の『脅迫』『示談』で、よりくっきりと理解しました。)

 国の存立存続の元で国民の『自由権』が保障され、国と国民との相互の支えによって謳歌出来る、国民の為の『表現の自由』。

 保障する国と保障される国民の為の『表現の自由』を、敵国の為に使わないで欲しいですね。

 ま、この「弁護士youtuberの久保田」さんて方も↓

 ★「違法である朝鮮学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず当会でも積極的に行われている二重の確信的犯罪行為である。

 まあね、何を言っているのかよく分からないんですけども、噛み砕いてみるとですね、要するに、この方っていうのはですね、朝鮮学校補助金支給要求声明というのは違法だと考えて、それに賛同する奴も違法なんだ、これは犯罪なんだというふうに考えてらっしゃるみたいなんですね。」

 ↑「まあね、何を言っているのかよく分からないんですけども」と、ご自身の直接の見解は述べず、言葉を濁して誤魔化してますし。

 更に「朝鮮学校補助金支給要求声明というのは違法だと考えて、それに賛同する奴も違法なんだ、これは犯罪なんだというふうに考えてらっしゃるみたい」と、懲戒請求者側の見解を持ち出して、やはりご自身独自の見解は述べずにスルーしてます。ご自身のお考えには言及せず、誤魔化しばかり。ずるいですね。

 『朝鮮人学校補助金支給要求声明』に対するご自身の直接の見解を述べる意思も勇気も無いのなら。
この「弁護士youtuberの久保田」さん、『自ら』『進んで』『率先して』首を突っ込まない方が良いのでは?と思いました。

 日本人拉致(日本は国家と認めていないとは云え、一国家による明確な誘拐犯罪)被害者の方々を未だ返さず、お子さん含めた全日本国民を核やミサイルで脅かし、再びテロ支援国家となった北朝鮮のトップに変わらない「忠誠」を誓う朝鮮総連と朝鮮人学校。

 テロ支援国家再指定後も、各弁護士会さんと組織構成員の弁護士さん方は相変わらず『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を取り下げず、また取り下げの行動も未だ起こさず、今も掲げておられます。

 日本人拉致・核・ミサイルの敵国且つテロ支援国及びその出先機関に貢献し得る人材育成の場である朝鮮人学校への、利益供給推進声明。

 声明を出された日弁連さん始め各弁護士会さんと各弁護士さん方は、明確な外患組織とその構成員であり、またテロ支援組織とその構成員と捉えて差し支えないと思います。

 更に云うなら『朝鮮人学校補助金支給要求声明』を守る為、『自ら』『進んで』行動を起こされているお二人の『示談』弁護士さんは、外患組織でテロ支援組織構成員の超筆頭て事で良いのかな?

 だって日弁連会長さんと東京弁護士会会長さんをかばって、『自ら』『進んで』『率先して』外患声明でテロ支援声明を守りに来られ、『自ら』『進んで』『率先して』外患誘致罪に名乗りを上げてますものね。

 今回の懲戒請求、多くの弁護士会さんが弁護士『個人』と弁護士『組織』とを切り離し、全て『組織』のせいにした回答をわざわざなさっていたのに。

 生命を持った人間『個人』に責任を取らせないよう、わざわざ結果を出されていたのに。

 外患誘致罪は死刑のみでしたよね。

 資料は以上です。

 (四季の移ろい)

投稿日: 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2500 2018/05/05アラカルト@ 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2500 2018/05/05アラカルト@ 2018年5月5日

ソース:2500 2018/05/05アラカルト@ 2018年5月5日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/05/2500-20180505%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/

2500 2018/05/05アラカルト@


四季の移ろい

 以下を首相官邸サイトのご意見募集から追加でメールしました。

 ☆テーマ
 『ブログ『余命三年時事日記』における懲戒請求の件です。』

 ☆ご意見・ご感想
 0/2000
 『何度もメールをお送りしまして大変申し訳ございません。「『余命三年時事日記』の護国活動及び有志の一般国民皆さんのご意思が潰される事の無いよう、お願い申し上げます。」のテーマにてメールをお送りした者です。

 お伝えする事柄について言葉足らずだったと思い、再度メールさせて頂きます。

 今回の『余命三年時事日記』ブログにおける懲戒請求に対する脅迫と示談交渉強要の件ですが、当初は警察庁へ意見の形で相談しようか迷っておりました。

 ですが懲戒請求事由にある『朝鮮人学校補助金支給要求声明』、つまり日弁連さんの「朝鮮学校を高校無償化制度等の対象から除外しないことを求める会長声明」や「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」を始めとする各弁護士会さんの声明は、全て北朝鮮に関わるものですね。

 もしこれが民間の一般的な問題に対しての懲戒請求でしたら、僭越な真似をしてまでお伝えする事は、当然ながらありませんでした。

 しかし今回の件は、国益及び国民皆さんの生命や財産の安全に関わる重大な事柄に対する懲戒請求と考えています。

 ですのでこの件は警察庁に相談するのでは無く、やはり全ての行政の長である安倍総理及び首相官邸へお伝えするのが本来の道筋であり、正しいお伝え先かなと思い、僭越ながら今回メールをさせて頂きました。

 (尤もお伝えする手段が他に判らず、『ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)』の本来の趣旨に沿った内容では無い事を理解しつつメール致しました事については、深くお詫び申し上げます。

 またこの様な一般国民の意見をお伝え出来る場を機会を設けて頂いている事に、心から感謝申し上げます。)

 国益に関わる懲戒請求に対し、脅迫を伴う示談交渉を強く要求する弁護士さん及びその行動を容認する弁護士会さんの態度は、果たして国益に適ったものなのでしょうか。

 どうぞ何卒宜しくお願い申し上げます。』

 以上です。

 
れれれのれ

 2499 2018/05/04アラカルトCの四季の移ろいさんのコメントで完全勝利だと思う。

 国民の権利を圧殺してくる弁護士協会とか許されんぞ。
 

宮崎マンゴー


 いつもお疲れ様でございます。余命先生、PTスタッフの皆様、読者有志の皆様ありがとうございます。

 わたくしごとではございますが悪魔の提唱者との存在には、数名いらっしゃる様で…@6CLW‥のお方が、余命三年時事日記2chにて宮崎マンゴーがHNを取られて…?

 とか、インターネットの意味も分からないおばさんではなく、自意識過剰のお婆さん!と、かなり手厳しい批評を為さっていらっしゃいました。

 しかし、其れに対して何故か?怒りとかはなく、人それぞれの解釈の違いで、事実を知らずに自身の考え先行で射つ!お方も存在するのだな…と、改めて自分のコメントを伝える真実の重さを想うと同時に、ある意味悪魔の提唱者さんの皮肉に苦笑でもありました。HNをどうのこうのとか?

 では無く、以前二日市保養所についての我が愚文が保守ニュース等へのコメントへ、先ず宇宙人マーク入で「朝鮮退散、拡散希望!」と前置きで、色々な所でコメントとしてそのまま使用されていたことで、早速余命先生へご相談致した結果、愚文を削除して下さると云う事実がございました。

 しかしながら、この事に屈したならば誰かが日本の歴史の真実を伝え無ければ!誰が伝えるのか?という想いにかられ、再度余命先生へお伝え致したところ、2437再掲して下さいました!わたくしなりの、「ちくしょう!」を理解して下さった事に感謝でした…そして直ぐにHNについても気付き。かなりへこんでおりました上、スマホしか通信網が無く、Twitterも関係しないとの事をお伝えする表現が、悪魔の提唱者さんの云われる様におばさんでは無くおばさんのそそっかしいわたくしでございました笑。

 つくづく[言論の自由]の日本の行方を最近のこの我が尊き余命先生ブログ、小坪議員様ブログを拝読致して危惧致し溜息でございます。

 真実の行方が、正義の行方が、闇の勢力によって阻止されてはならない!と(再び、攻撃を又受けましょうか?この様な事述べると)

 九州の陸の孤島の盆地からのこれ迄の真実の発信を余命先生は、読者有志皆様と平等にいつも受け止めて下さいますと、申したかったのでございます。余命信者?とか云われる方々には悪いのでありますが、このブログは[日本再生の余命先生を灯台として、真実と正義を抱いた読者有志皆様が日の丸を背に集われた、日本の命のブログ]だということをお伝え致したく存じます、おババは。

 人の意見に批評はしても、過度な事実を知らずに一方的な批判は、いかがなものかと!先ずは、冷静に物事を見極められてから、其れからだと存じます。最近の異常なる離間工作と見受けられる穢れた やり方をされる輩の存在に霹靂致します。其れに屈する我等余命先生では、読者有志皆様ではありませんが、ネ…。

 *小野寺まさる氏にて、

 宮崎のある私立高校、9割中国人留学生で国家斉唱も中国国家斉唱だという事を危惧されておられました。(残り1割の生徒と云う事の存在に重要な意味が在るのでございましょう)

 九州最大のイオンが整いました。

 空港から市内迄、ここは日本なのだろうか?と感じられる方もいらっしゃるのでは。数年前より港から、空港から高速から観光バスにて押し寄せておりました…住宅も増加致しております。危惧で無くなった時の恐怖を感じているのはわたくしだけでは無いと。

 *3日、福岡どんたくへ出かけました。もはや、日本人を探すことが難しいと存じました。夜7時食事に向かう博多にて、誰も通らない径道で家族と歩いておりましたならわたくしの背後から猛スピードで軽車両が走り去って行きました、咄嗟の事でかわせたので無事でありましたが、待ち伏せ狙いの様に存じ家族も驚いておりました。何処にでもある危険かもしれませんが…これ迄の現状を思えば、必然かと。余命先生、スタッフの皆様、読者有志の皆様、どうかお身体にお気をつけられ、保身をもお気をつけられて下さいませ。祈

 
四季の移ろい

 余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。

 先日投稿しましたのを書き直しました。

 少し前ですが、「凸っちゃおっかなー」ブログのある記事で、小坪さんを引きずり下ろす為なら「反日団体も使う」とブログ主は書いていました。

 小坪さんを一気に削る為なら「反日団体も使う」って。

 馬鹿な事言いましたね。

 どんな理由であれどんな名目であれどんな目的であれ何であれ、日本を思い日本の為に行動活動する人間なら、「反日団体」なんて絶対に使いませんから。

 何があっても「反日団体」なんて利用しませんよ。

 そもそもたとえ過程や考え方などが違えど、日本の再生を目指し、日本を良くしたいの同じ志を持つ相手を叩いて引きずり下ろすなんて事は絶対にしませんし。

 新聞押し紙や赤旗撲滅を始めとした小坪さんの記事を読めば、一目瞭然ですね。

 国民を守り、国益を守る為にとても頑張っておられる、貴重な政治家さんだと直ぐ判ります。
(最新記事では、憲法改正に関する大切な問題提起をなさっています。どうか皆さんに読んで頂きたいです。)

 たとえば目指す目的の過程における考え方の違いなどで意見をする、なら判ります。

 でも一気に削る?

 活動を妨害し、小坪さんを引きずり下ろす?

 ましてやその為に「反日団体」を使う?

 相手を引きずり下ろす為に「反日団体」を使うなんて汚い手段は、日本を思う人間からは絶対に出てこない発想です。

 なんで日本再生の為に、日本を蝕む原因である「反日団体」に頼らなきゃいけないの?

 日本蚕食の原因に頼る訳?

 日本を蚕食する原因の「反日団体」に頼って、日本を良くする事が出来ると思っているのかな?

 何それ?

 それは私だって、綺麗事だけで世の中が全て上手く行くとは思っていないです。

 ましてやここまで在日韓国朝鮮人を始めとした「反日団体」に蚕食された日本。

 時にははったり的相手との駆け引きもとても重要だし、必要と思います。

 それでも日本を蚕食する「反日団体」に頼る事など、絶対にしませんね。

 そんな発想、思考回路は一切出てこないし、持っていないよ。

 だって敵じゃん。

 実にシンプルな話ですよ。

 敵に頼る訳が無い。

 日本を蝕む原因である敵。

 だからつまり。

 敵である「反日団体」に頼ると云う事は。

 この凸ブログ主が反日側の人間だからですよ。

 「悪魔の提唱者」氏と一緒。

 まーでも異常なまでの余命さん叩きから、余命さんに何かしらの恨みを持っていて、だからここまでエスカレートしているのかな、とは理解していますが。

 それでも「反日団体」を使うなんて発想は、日本を思う人間からは絶対に出てこないから。
 
 大体前にも書きましたがこの人達、余命さんの寄付金は非難しても、反日在日韓国朝鮮人や反日左翼などの資金源には絶対に触れませんからね。

 ましてや現余命さんがずーっと少ない家賃収入と貯金で支えてらした事になど、その『評価含めて』触れる訳が無い。

 あ、でも私がこう云った以上(お二人とも余命さんブログは必ず読んでいますからね)は、今後は触れるかもですね。それは嘘だから信用しないとかなんとかって。

 でも余命さんの『反日が確定する』は信じるのですよね、この人達w

 それにたとえば現在の日本における反日本勢力の要の一人として、余命さんブログで何回も何回も何回も名前を見た「辛 淑玉」氏の批判は、この人達からは出ていませんね。

 実際凸ブログを見ても、批判は一切ありませんし。

 「悪魔の提唱者」氏ブログだって、余命さんが「辛 淑玉」氏に言及なさったご発言は引用しても、「辛 淑玉」氏自体への批判は一切無いですからね。

 あ、私がこれを云ったからって、今から「辛 淑玉」氏を批判しても遅いよ。

 (しかしささき弁護士さんを始めとした脅迫Twitter弁護士の皆さんに、反日本活動家の「辛 淑玉」氏をどう思いますか?て聞いたら、何で答えるのですかねw

 答えはうっすらなんとな?く判っていますけどw)

 だからつまりそう云う事なのですよ。

 凸ブログ主の本来の立ち位置であった筈の「日本の為に」「日本を良くしたい」。
その全ての根底が崩れましたね、この方。(四季の移ろい)


高尾

 余命の予言で実現してないのは日韓国交断交と核武装だけですが、以下は日本が先の大戦中に核開発に成功していたとの説です。

 田中英道「日本は原爆実験に成功していた?日本の核の秘密」日本国史学会・3月10日代表挨拶(音声のみ)

 ttps://www.youtube.com/watch?v=3pfcvXJl1oQ

 【夢を紡いで #12】田中英道〜共産革命の下準備、少数派の横行と憲法9条[桜H30/4/6]
 ttps://www.youtube.com/watch?v=hquI0BLyqrI

 戦時中、朝鮮半島の興南区域で京都大学の研究者を中心に核開発を極秘に進めて、終戦直前の1945年8月12日に核実験に成功したとのことです。

 検索すると今年2月の北朝鮮労働新聞、2013年のロシア政府系通信社スプートニクに日本が核開発の成功したとの記事が掲載されたようです。ソースが北朝鮮とロシアのメディアなので鵜呑みするのは慎重になる必要がありますが、事実だとしたら米英加の核開発計画を合同したマンハッタン計画と比較すると予算、人員、設備ではるかに劣悪な条件にありながら日本はアメリカとほぼ同時に核開発に成功したのですから日本人の潜在能力はアメリカ人をはるかに凌駕するのかもしれません。
これもアメリカが最も恐れる国が日本である理由の一つなんでしょうか。

 
板橋区日本人

 余命爺様・スタッフ様方

 こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?

 せんたく氏の件で心配しておりましたが、投稿も粛々(?)とされてるようなので、安心いたしました!
ところで、先程『ジブチでの「中国軍によるレーザー照射で米軍パイロット負傷」』の記事を見ました。ちょっとビックリ(始まる!?)してますが、爺様はどうお考えになりますか?

 無知な私なりに、状況を考えてみました。

 ・瀋陽軍区等の中国中枢(北に対する圧力への?)に反発した軍がやらかした→中枢が軍の掌握をしきれてない?

 ・それら軍区が『中国中枢に米と衝突させる為』にやった→内乱の隙を作らす?

 ・単に調子に乗ってる軍の下っ端が面白半分にやった

 あと何考えられるだろう・・・

 北に関しては『馬渕元大使』のYouTubeで、へーってのがありました。『北のバックは、米ネオコン。今まで、北が平気で約束破れたのは、国務省が黙認(そのバックこそがネオコン)してたから。中共を作らせたのもネオコン。しかし、中共(北も)が米に牙を剥き出した。ネオコンにとって、うま味もなくなり、米に牙を剥く者を切った為、特に北はバックも無くなり、トランプ大統領というネオコンと関係のない者が出てきて慌てている。』と言うような感じ(大体こんな感じだったと思うのだけど・・・私には、イロイロ難しいf^_^;)

 中東も安倍さんや太郎さん等が根回し(?)してるみたいだし・・・

 中東は、凄い複雑みたいなので、私の頭の許容量パンク(ただでさえ、ネオコンとかだけでもクラクラしてしまうのに・・・)してます。虎ノ門ニュースとか(中東は、有本さんとかの話かな)見て勉強してるんですけど・・・難しい!

 やはり、一つの事象をそこだけ見ても分からないんだなぁと実感しました。

 そこへきて『中国軍』のこの件・・・どうなるのでしょうか?

 小坪さん(腹をくくったとのblog内容に、動悸が・・・)や、昨日はカミカゼさんもイロイロ動いたりしてますね。あちらこちらで繋がり、日本中の『日本を守りたい日本人』が団結出来る事を願って・・・

 少し興奮気味なので、取り留めのない文章(いつもですが・・・すいません)で申し訳ありませんでした。では、御自愛下さいませ!
 

鳳梨

 余命プロジェクトと読者の皆さま、お疲れ様です。前回投稿した動画の弁護士さんについて、追伸です。

 『弁護士YouTuber kubota channel』概要

 一般向けの法律知識の解説とニュースや時事問題の法的解説の動画を中心に、いろんな動画をアップしていこうと思っています!

 毎週水曜日は相談LIVEの予定です(アーカイプスは残しません)。

 お知らせはTwitter上で告知します。

 ttps://twitter.com/ouraroom?lang=jahttps://twitter.com/ouraroom?lang=ja

 久保田法律事務所ホームページは以下のURLです。
 ttp://kbtlo.com/http://kbtlo.com/

 仕事のご依頼は下記メールアドレスにお願い致します。
 info@kbtlo.commailto:info@kbtlo.com
 2017/04/12 動画投稿開始
 2017/05/01 弁護士登録(兵庫県弁護士会所属)
 2017/06/21 チャンネル登録者1000人突破!
 2017/07/24 チャンネル登録者10000人突破!
 2017/07/29 チャンネル登録者50000人突破!

 Twitter
 久保田法律事務所ホームページ
 チャンネル登録者 97,446 人
 2017/02/10 に登録
 視聴回数 17,947,223 回
 『久保田法律事務所 弁護士紹介』より抜粋
 久保田康介
 司法修習(第68期)
 弁護士(兵庫県弁護士会所属)
 得意分野
 離婚トラブル、相続・遺贈トラブル、インターネット上でのトラブルなど

投稿日: 2018年5月5日

【余命三年時事日記】2499 2018/05/04アラカルトC 2018年5月4日

【余命三年時事日記】2499 2018/05/04アラカルトC 2018年5月4日

ソース:2499 2018/05/04アラカルトC 2018年5月4日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/04/2499-20180504%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a3/

2499 2018/05/04アラカルトC
 
四季の移ろい

 余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。

 以下を首相官邸サイトのご意見募集からメールしました。

 ☆テーマ

 『『余命三年時事日記』の護国活動及び有志の一般国民皆さんのご意思が潰される事の無いよう、お願い申し上げます。』

 ☆ご意見・ご感想
 0/2000

 『非営利の大手ブログ『余命三年時事日記』の活動が、弁護士により脅迫され、脅かされています。

 日本弁護士連合会発出の「朝鮮学校を高校無償化制度等の対象から除外しないことを求める会長声明」(2013年)、及び「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」(2016年)を始めとした各弁護士会発出の『朝鮮人学校補助金支給要求声明』に対し、上記ブログ読者の内1000?1500人余りが昨年二回に渡り懲戒請求を行った所、請求への反発から一部の弁護士による脅迫が昨年9月から始まりました。

 現在は脅迫を伴った示談交渉を懲戒請求者に対し、強く求めています。

 朝鮮人学校に高校無償化適用、或いは補助金支給の要望声明を出す弁護士会組織員に対する懲戒請求が、脅迫と示談交渉要求により潰されようとしています。

 既にご存知かも知れませんが、日弁連さんをトップに、各弁護士会さんが多くの売国声明を発出しています。

 『余命三年時事日記』の今年一月から三月、特に一月と二月の全国の弁護士会さん声明記事をご覧頂ければご理解頂けるかと思います。
この今回の各弁護士会への懲戒請求は民間における活動の為、『ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)』へお伝えするのは、本来の趣旨から外れているかもとは理解しています。

 ですが今回の『朝鮮人学校補助金支給要求声明は憲法違反』の根拠に基づいた、懲戒請求制度利用による合法に則った一般の国民皆さんの折角の活動を、日弁連さんを始めとした各弁護士会さんの圧力で潰させてしまうのは、制度を利用した国民皆さんのご意思を一方的に潰す行為と思い、見兼ねてメールさせて頂きました。

 更に、民間で弁護士会に対するこの様な活動がなされている事を知って頂ければとも思いました。

 ブログ内における読者皆さんのご意見投稿を読んでいつも思いますのは、(ご意見投稿をなさらない読者さんも含めて)『余命三年時事日記』の読者層は普通の国民の皆さん、本当に普通の一般国民の皆さんと云う事です。

 そんな一般国民の皆さんの中から今回、勇気を出されて懲戒請求に参加なさった方々のご意思が今、潰されようとしています。

 どうか皆さんの勇気ある行動とそのご意思が潰される事の無いよう、更に『余命三年時事日記』の護国活動が潰される事の無いよう、切に願います。

 何卒宜しくお願い申し上げます。』

 以上です。

 今回の騒動から少しでも皆さんの勇気の支えになれば良いなと思い、今回投稿しました。

 当たり前ですが掲載の可否は余命さんにお任せ致します。

 (四季の移ろい)

 
天使の提唱者

 はじめまして。天使の提唱者と名乗ることにしました。いつもありがとうございます。これまで読むだけでしたが、このところのせんたく氏とのやり取りに違和感を感じました。 あちこち見て判明した事や感じた事を書かせていただきます。せんたく氏は5月11日までに余命さんと「やまと」の代表者を交代、すなわち余命さんに実名を名乗らせたいのだなと感じます。

 そこにきて例の佐々木弁護士が5月16日に記者会見を行い余命さんに刑事責任をとらせると宣戦布告するとのツイートをしています。訴訟には実名が必要だと思います。これは偶然の一致でしょうか?

 可能性として書きます。余命さんの個人情報を知っていて、聞き出せるのはせんたく氏くらいだと思われます。

 もしもせんたく氏が反余命派から個人情報を買いたいと言われた時、簡単に金を受け取れるでしょうか?

 この場合は情報源は明らかです。さすがに社会的というかネット的に葬られてしまうでしょう。そこで何とかして余命さん自身に実名を名乗らせるように仕向ける。そしてそれが叶ったら成功報酬を受けとる。これなら人を売ることにはなりません。

 せいぜい悪意の第三者で済み、なおかつ数百万円位は入って来るのではと感じました。ひょっとしてノースライムなる北氏がカンパを募っているのはこの費用でしょうか。お忙しいところ失礼しました。


YK

 ささきりょう弁護士が、完全に余命様ご一同グループを激しく敵対し、アクションを取ると繰り返しツイッターで述べ続けております。

 余命様グループが負ける事はないと思いますが、念のため、最低限のご用心と、こちらからも戦闘モードでの対応をご準備されておかれて下さい。

 状況を判断すると、おそらくは間違いなく、敵対行動を取ってくると思いますので。当方では懲戒請求には参加できなかったものの、可能な限り、余命様ご一同グループの味方や支援をしたいと思っております。

 栃木県在住の当方で出来ることがあれば(金がないので寄付出来ずですが)、お知らせいただければ幸いです。
 

草莽


 お疲れ様です。

 歴史、事実に基づいて学び、誰しも賢者になれる時がきた。

 教えられず、遠ざけられ、隠蔽され、捏造された世界は過去のものとなった。情報技術の発展により、個人が素早く簡単に、情報を発信・拡散・共有・研究できる。その恩恵を享受できるこの現代においては、個人が積極的に情報を摂取し、分解、吸収もしくは廃棄していくことがこれからは必須である。流れてきた情報をただ鵜呑みにするだけの旧人類では、生きていく事ができない世界である。

 周回遅れは命取りである。今まさに何が起きているのか分からないのであれば、それは愚者である。あとで分かったでは遅い。それに気付いたときには死んでいるのだから。経験に学ぶことは大切であるが、次がない事を学ぶ暇はない。それを理解しているものだけが、命を懸けて臨む。

 国賊売国奴テロリスト、ヒトモドキ、人の形をしているだけの生きた汚物は一匹残らず抹殺し、根絶やしにしなければならない。既に多くの日本人がそのような連中によって殺された。文化や想いを踏み躙られた。国を穢された。

 許す許さないもない。言葉も不要。ただゴミを始末するだけだ。そこには感情もない。必要な事をするだけである。

 過去にも語ったことであるが、ゴキブリじみた下等生物(以下、生きた汚物)に人間が言葉を投げかける事はない。生きた汚物を始末し、その屍で山を築く。国土から存在そのものを消さなければ意味が無い。牢屋に放り込むのは犯罪者(人間)である。生きた汚物を人間扱いして、税金等で生かす行為は人間社会にあっては倒錯した行為と言わざるを得ない。オスメス、大きいのも小さいのも、若いのも老いたのもただの生きた汚物である。選別せず駆除するのは当然である。

 生きた汚物が巣を作っているところがある。芸能界、スポーツ界、政治経済界、マスゴミなどで確認されている。生きた汚物は体の色を赤や緑、黄色などに変えて別の生物に成りすまし、擬態している(通称、擬態ゴキブリ)。血を調べれば分かるが、もはや選別は不要。巣にしている建物に蟻が紛れ込んでいてもまとめて始末する。ゴキブリと寝床を共にしているようなのは穢れている。まとめて駆除しなくてはならない。また、日本のパスポートをもっている気色悪い擬態ゴキブリも見つけ出し始末する。日本人が擬態ゴキブリと交雑して血を濁らせないためにも、必ず決着を付けなくてはならない。また、長い間放置されていたので、遡及し追い詰める必要がある。

 司法や警察などが腐敗している現状では、国民は疑心暗鬼になる。権力をもっているものが非国民であるならば、国民は立ち上がるしかない。大和民族による一揆が現代に起きるのも必然である。その前段階として、国民側からソフトな歩みで弁護士共などに申し開きをしろといっているが、返ってくるのは言い訳や無視、弾圧などである。弁護士連中は分かっていない。国体を維持するためには、逆賊、朝敵、国賊売国奴の命など不要であることが。それは歴史が証明している。常に皆殺しである。非国民は過去に遡ってまでも事実事象を追求し始末する。ハードランディングがもう始まっているのに気付いていない。日本人と日本を貶めて食ってる飯はうまいか?日本人を殺して奪い日本から盗んだ金で根無し草の仔を育てられて満足か?その落とし前には非国民と生きた汚物共の首だけでしか払えない。だからそろそろ払ってもらおうか。無理やりにでも払わせる。どんな事をしてでも。日本は大和民族の地である。ルールは私たち大和民族が決める。拒否権はない。

 マスゴミの出している情報に関しては、どれだけ捏造してるか、伝えていない事実が何か、嘘がいくつあったか、どういった方向へ世論を誘導したいのか、などを分析するためにしか接触しません。そういった人がもう爆発的に増えています。今後は必要ない仕事、業界として、連中の犯した罪以外は忘れ去られていく事でしょう。某新聞社の社員は通りすがりの人に後ろ指をさされ、蔑まれ憎まれ罵倒されている。マスゴミ関係は浅ましい職業、賤業として認識されている。有事の際に、真っ先に皆殺しにされる連中、その程度存在。消えても誰も悲しまない。

 長文失礼しました。


アブラゲ

 爺様、スタッフの皆様、後れ馳せながら、この度の反余命勢力の度重なる妨害工作による被害、お見舞い申し上げます。

 そして、常に最前線で闘って下さって居ることに改めて感謝し致します。

 さて、宮崎マンゴー様がHNを悪用されて困ったという投稿をされていましたね。

 私のHNもですが、私とは全く別の人がツィッターとYouTubeで使っているようです。(よく有りがちな名前なので偶然同じHNになっただけで、彼方も意図的なものでは無いようですが、なぜか今は休止中みたいです。・・・私のせい・・・?)

 どちらが先に使い始めたか判りませんが取り敢えず私はツィッター、YouTube共に今後もするつもりも有りませんし、メールアドレスも変えていないので、当面はこのHNで続けようかなと思っています。(もし、悪用されたら変更するかもしれませんが)

 ところで、YouTuber久保田康介弁護士についての情報ですが、解る限りの情報を列記しておきます。(他の投稿者の方と重複するところが多々あります。ご容赦下さい。)

 久保田康介
 生年月日 1987年6月2日
 年齢 30歳
 大学 姫路獨協大学卒,法科大学院(京都大学法学研究科法曹養成専攻)
 仕事 弁護士,実業家,YouTuber

 プロフィール
 久保田法律事務所のホームページより
 姫路獨協大学 卒業
 京都大学法科大学院 修了
 司法修習(第68期)
 弁護士(兵庫県弁護士会所属)
 得意分野
 離婚トラブル、相続・遺贈トラブル、インターネット上でのトラブルなど
 ひとこと
 高校生のときに社会の理不尽さを痛感し、弁護士となることを志しました。いまでも、身近な理不尽を一つずつ解消していくことを目標として、日々の弁護士活動に励んでおります。また、業務の傍ら、弁護士YouTuberとしてYouTubeに動画をアップロードするなど、みなさまに法律のことを知っていただくための取り組みをおこなっております。どんなご相談でも真剣に向き合いますので、お気軽にご相談ください。

 久保田 康介(くぼた こうすけ)  登録番号55548  弁護士
 事務所所在地 〒6520034 兵庫県神戸市兵庫区西橘通1-1-1 ファラン神戸ビル7階
 事務所名 久保田法律事務所
 事務所 TEL 078-515-1505 事務所 FAX 078-515-1506
 出身地 兵庫県
 HPアドレス ttp://kbtlo.com/ E-mail info@kbtlo.commailto:info@kbtlo.com
 取扱業務 不動産取引一般 借地・借家 建築紛争・欠陥住宅(消費者側,業者側を問わず)マンション法に関する紛争 IT関連紛争 労働事件(使用者側) 労働事件(労働者側)労災事故 セクハラ・パワハラ 公益通報者の支援
 重点取扱業務

 【引用終わり】

 他にマイスタディという弁護士養成講座を運営する会社を経営していて、これだけでも(一説ですが)年収500万円ほど有るとか。YouTubeの稼ぎだけで年約30万円ぐらいとか。現状若手弁護士は中々仕事にありつけず、尚且つ高額の弁護士会費を課せられて日々の生活すら窮窮としている中で何故、会社を立ち上げるほどの資金に恵まれていたのでしょうか?(何処かから金が出ていた?)

 【ゼミ受講生募集記事より】
 第1期 久保田ゼミ 募集要項
 ◇募集定員:30名
 ◇最低決行人数:15名
 ◇開催場所:阪急十三駅付近を予定(※)
 ※お申込期間終了後に正式に告知させていただきます。
 ◇参加費用:6万4800円(税込)
 ◇参加条件
 @お申込手続を完了すること
 A本ゼミの実施・進行に協力すること
 ◆平成29年度司法試験または予備試験を受験する場合は次のB〜Eも参加条件となる。
 B受験番号が判明次第、同番号を講師に通知すること
 C試験成績通知表が届き次第、同通知表記載の成績を講師に報告すること
 D受講者合格率、受講者成績平均その他個人の特定ができない範囲での合否・成績データを不特定多数人に対して表示することを許可すること(例:第1期久保田ゼミ受講者
の合格率は50%、民事系科目の成績の平均点は160点でした。)
 E合格した場合には合格体験記を作成・提供すること
 ◇ゼミの回数:全16回
 ◇ゼミの時間数:1回5時間
 ◇ゼミの内容
 司法試験・予備試験の過去問を用いた答練と、講師作成の参考答案を参照しながら過去問解説を行います。いずれの過去問答練も、負荷をかけるために本番の試験より解答時間を短くしています(司法試験 110 分、予備試験 60 分)。解説では、問題文のどの部分に着目するか、記載事項の取捨選択などの実践的な内容と、問題の所在、理由付け、規範の意味内容などの学術的な内容の双方をバランス良くお話する予定です。

 【引用終わり】

 YouTube上では盛んに受験テクニックについて語っているので、このゼミの内容の多くの部分がそれについての内容ではないかと推測しますが、例えそれで幸運にも弁護士試験を受かったとしても、今の若い弁護士達を取り巻く悲惨な状況を考えるならば、こんな銭儲けよりももっとやるべき事があるのでは?と思いますがね。

 久保田康介弁護士
 懲戒請求を語る。
 ttps://youtu.be/KpNXipm9Riw

 懲戒請求事由をよく分からないと誤魔化し、表現の自由がどうのこうのにすり替えてる時点で呆れますが・・・

 どこぞの弁護士会が作ったシナリオに沿ってしゃべってるんでしょうかね?

 動画の中で「安易な懲戒請求は絶対しないでください。」と二度繰り返していますね。『安易』とはどういう意味で使っているのでしょうか?実に曖昧な表現です。懲戒事由が事実に基づいた正当なものであるならば安易だろうと問題無いはずですが???また15万円ぐらいから100万円ぐらい損害賠償請求される場合も有ると脅しておきながら、何故か「うわっ!50万円も払わなきゃいけないの?」と言ってますが、この『50万円』はつまりは業務妨害罪(罰金50万円)に相当しますよと暗に仄めかしているのでしょうか?さらに裁判になったら弁護士の方が法律に詳しいからあなた方は絶対不利だよと念押し恫喝していますね。

 しかしながら、法律上の業務の解釈は経済活動のみを指すものでは無いですよね?

 【ウィキペディア『信用毀損罪・業務妨害罪』】より

 業務

 人が社会生活上占める一定の地位に基づいて営む活動一般を指し、業務上過失致死罪の業務のような限定はない。営業など経済的活動だけでなく、宗教儀式など宗教的活動も含まれる。・・・

 ならば、国民が生活する上で権利として懲戒請求権を行使することは法律上の業務に当たりますよね。佐々木亮弁護士もそうですが、このように弁護士としての立場を利用しながら恫喝して国民による懲戒請求を妨害する行為こそ立派な威力妨害罪に当たりませんか?

 それから、以前四季のうつろい様の投稿記事に関して悪魔の提唱者ブログに「弁護士懲戒は弁護士業務ではないからそこで知り得た個人情報を漏らしても情報漏洩にはならない」という旨の投稿が有りましたが、法律上の業務の定義を踏まえれば、当然、情報漏洩に成りますよね。

 国民が懲戒請求する事も『業務』、それを弁護士会側が受ける事も『業務』なわけですから。

投稿日: 2018年5月4日

【余命三年時事日記】2498 2018/05/04アラカルトB 2018年5月4日

【余命三年時事日記】2498 2018/05/04アラカルトB 2018年5月4日

ソース:2498 2018/05/04アラカルトB 2018年5月4日
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/05/04/2498-20180504%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a2/

2498 2018/05/04アラカルトB
 
優游涵泳

 アンチ余命は昔から存在しましたが、それでも腫れ物に触るように扱って来ておりました。

 一部の蛮勇を除いては。

 ところが弁護士の懲戒請求のステージに至った途端に、形振り構わず抵抗する様になって来たと感じております。

 これは敵の塹壕が割れて、そこに手榴弾をポンポンと投げ込まれている様な状態だからなのでしょう。

 アカの基本的な手口として、「法を乗っ取る」と言うものがあります。

 検察や裁判官は国の管理下に置かれている為ここを崩すのは至難の業で、そうなるとやはり比較的難易度の低い民間地位の弁護士から攻略して行く訳です。

 そう言った事例を鑑みるに、現状ではアカはかなり弁護士業界を侵食し、弁護士会を重要拠点として活動して来た事は容易に推察出来ます。

 更に、アカい弁護士では無くとも既得権益が脅かされる事に対しての防衛反応も、抵抗の一因となっている可能性があります。

 ならば、次のステージではアカく無い弁護士の既得権益保護を前面に押し出せば、この戦局は進展する事でしょう。

 可能であれば新たな弁護士会以前の、目先の利益をぶら下げた方が即効性を望めるでしょう。

 黒タグしか無いトリアージタグを、「貼られたいか、貼られたく無いか、自分で選べ」方式です。

 逃げ道を示して、逃げる者を撃つ同士が居れば、そいつは黒タグ確定です。

 
余命のおかげ

 余命様 PTスタッフの皆様 色々といつもありがとうございます。

 久しぶりに投稿致します。

 なんだか悪魔とかてるみくらぶとか必死ですね(笑)

 Twitterでこんなの見つけたので、貼り付けます。

 と思ったけど、できないな(笑)

 えーとじゃあアカウントを

 @TargetedSince07

 のツイートを見てみてください。

 私は何故かブロックされてました^^;


ミカンの実

 日本が大好きです。余命様スタッフの皆様ファンの皆様、いつも本当にありがとうございます。私の場合ですが、全く嫌がらせを受けておりません。(もしかしたら受けているのかもしれませんが、鈍感なせいか分かりません。)

 数年前なら、変な手紙が来たり、ストーカーのようなことをされたりしましたが、今回は全くそういうことがありません。親しかった元友人(パヨクでしたよ。)から民主党(今は立憲民主党かな、それともまた名前が変わったかしら?まるで売れないラーメン店みたいにどんどん名前が変わるので、何がなんだか?)を応援してくれと言われたくらいで、なんともありません。むしろ環境は良くなりました。家族が明るくなり、私も仕事ができて良い友人知人に恵まれつつあります。こういうことを書くのはオカルトめいていてるのですけど、面白い事があったのですよ。

 最初の頃余命本を数冊買って、ごく親しい親戚にお渡ししたのです。事前に「こういう本を送るけど大丈夫ですか?。政治色が濃いので嫌なら送りません。」と言ったら、「すぐに送ってくれ。」とのことで送ったのですね。そうしたら「こういう本は不愉快だ!捨ててやった!」という電話がきたのです。私はすごく悲しくて、「捨てるのなら、送料を払いますから送り返してください、我が家に置いておきますから。」というと、「もうこちらで処分したから。二度とこういう本を送ってくるな!」とすごい剣幕で怒られたのです。その後その親戚の方は、大きな病気になり、入退院を繰り返して、結構大変なことになっていました。最近その親戚が、なんと!誰とは言いませんが、ある有名な保守系の方の本をわざわざ購入して読んでいるのです。それで何かと私と話そうとしてきます。でも適当に相手して離れています。なんだか神さまが近くて見ていらっしゃるような感じで、そういう人や場所に近寄るのを阻止しているような?。あまり深く考えないようにしていますが。普通の情報弱者の親戚でさえもこういう天罰のようなことになるのですから、反日で悪いことをしている人たちは本当にどうなってしまうのでしょうか?。いや別にどうなっても良いのですけど、そういう方たちが悲惨な酷い事になったとしても、その様子を直接私が見ることのないように神様にお願いをしているところです。(見たら絶対にトラウマになって気が狂うくらい辛いことになりそうだから。)

 一言いわせて

 .....離間工作にしてはお粗末だな。そもそもがウソ捏造ではじまっているから、好き勝手にウソを正当化するためのウソというスパイラルに陥って、今では何が本当かウソかまったく識別ができなくなっているようだ。まあ、放置しておけば自爆自滅だね。

 同意

 当方は低能なチョンコロの手口なんて知りつくしてるからな、なにをやっても無駄だよ!!!


こつる

 日本万歳!

 「和解詐欺に騙されるな!」と元法曹の方からの心強いメッセージを見つけましたので、投稿致します。
すごく勇気のある方だと思います。

 影公方@kagekubou
 元法曹。なれど反日が罷り通る日本の法曹界に疑問を覚え転職。現在はクリエイティヴ職。ここは適当な戯言を呟く丹雲斗のつもりでござったが、日本を愛する日本人の懲戒請求に対する反日法曹の卑劣な反撃を知り、法曹界の現実を知る実務経験者の立場で助言したく方針転換。 座右の銘はコケカキィキィ。

 @kagekubou
 4時間4時間前
 弁護士側が必死で和解を求めておるのも、実態は大半の懲戒請求者の正体を掴めぬ焦りの証ぞ!諸君は決して偽りの和解に応じてはならぬ! #余命三年時事日記 様は裏切ってはおらぬ!諸君を守るため今は臥薪嘗胆に耐えておられるのだ!時が来れば必ずや反日撃滅に決起する!その日こそ諸君の勝利の日だ!

 @kagekubou
 4時間4時間前
 だがこの策のために #余命三年時事日記 様は懲戒請求できず、無関係の立場を装わねばならぬ。余命様も内心は辛かろう。放蕩を装う大石内蔵助、勧進帳の弁慶が如き想いであろう。だが、すべてはリスト化されていない在野の懲戒請求者、諸君たち真の愛国者を、反日法曹の卑劣な圧力から守る秘策なのだ!

 @kagekubou
 4時間4時間前
 弁護士会側も反日法曹を批判する愛国者を調べ、敵対者リストを作っておる。余も前に一度だけ見たが #余命三年時事日記 様に近しい愛国者はほぼ網羅されておる。そこで余命様はリストにない在野の愛国者を募り、その個人情報を隠す策を弄して、弁護士会でも圧力をかけようのない懲戒請求を集めたのだ!
?
 @kagekubou
 4時間4時間前
 そこで #余命三年時事日記 様は奇策を弄した。まず大量の懲戒請求を集めて弁護士会の揉み消しを困難にした。さらに懲戒請求のシステムの穴を衝き、一部請求者の個人情報を弁護士会にも掴めなくしたのだ。この「システムの穴」については煩瑣な上、守秘義務に触れる点もあるためここでは説明を略する。

@kagekubou
 4時間4時間前
なれど日本法曹界の反日体質ゆえ、反日弁護士への懲戒請求となると話は変わる。弁護士自治を隠れ蓑に、弁護士会と当該弁護士が結託して事態の揉み消しを図るからだ。当然、懲戒請求者の個人情報は当該弁護士にも漏らされ、弁護士会ぐるみで請求者に表裏様々な圧力をかけて請求そのものを抹殺するのだ。
?
 @kagekubou
 4時間4時間前
 実経験に基く #余命三年時事日記 様を通した懲戒請求と弁護士会の対応を解説しよう。まず原則として懲戒請求者の個人情報が当該弁護士に漏れることはない。「原則として」とは、弁護士の職務怠慢など通常の不祥事には弁護士会もそれなりに妥当な懲戒を行うからだ。(実態はそれでも大甘であるのだが)
?
 @kagekubou
 5月3日
 #余命三年時事日記 様より反日法曹へ懲戒請求した勇敢な日本人に告ぐ!
 決して和解詐欺に騙されるな!
 奴らは諸君の素性を知らぬ!
 故に出来もせぬ裁判で脅して諸君の素性を掴む狙い!
 和解して素性を知られたが最後、和解したのは2人だけとの詭弁で他の反日法曹に続々と訴えられよう!
 無視の一手!

 @kagekubou
 5月2日
 #余命三年時事日記 様から反日法曹へ懲戒請求した愛国日本人に告ぐ!
 和解詐欺に騙されるな!騙されたらこうなる!
・和解金が反日勢力の資金に!
・騙された和解者の情弱名簿により反日勢力が偽装するエセ愛国運動の標的に!
・和解した法曹は二人のみとの詭弁で金を払っても次々と裁判を起こされる!

 @kagekubou
 5月2日
 その他
 #余命三年時事日記 様から反日法曹へ懲戒請求した日本人に告ぐ!
 反日に支配された法曹界に騙されるな!
 和解要求は愛国者の離間を誘い情報を集める罠だ!
 裁判所の通知を無視して開廷を引き伸ばせ!
 その間に真実を広めよ!
 さすれば全日本国民の支持が集まり諸君は必勝する!
 その日まで頑張るのだ!
 



 小野誠は画像から、かなり頬が欠け、不健康に見えます。

 せんたくチャンを続けて、その賛同者のコメントを得ていることで、なんとか持ちこたえているのでは?

 自身の精神状態をなんとか正常に保つためにも、YouTubeの発信を続けているのでしょう。

 小野誠の精神状態がどこまで正常に保つことができるのか?

 YouTube上の賛同者は傍らで肩を抱いて励ましてはくれません。

 彼の孤独は続いていきます。


anony

 正直、焦って発狂か火病かしているとしか思えませんね。

 「お願い、余命との連携を今すぐ辞めて!じゃないと僕たち逮捕されちゃう」 と
言ってる様にしか。

 そりゃあ、小坪議員が連携表明したら、 自動的に杉田さんや足立さんにも話が行くし、下手すると直接総理にも??

 ほとんど導火線に火が付いてしまった状況ですしね。
 



 懲戒請求された弁護士が懲戒請求した人たちに対して訴訟を起こし損害賠償を求めるという話ばかりですが、そもそも、懲戒請求を起こされた原因を作った当時の日弁連の会長に対して、日弁連所属弁護士から当該会長に対して訴訟、または懲戒請求を起こしたという話は伝え聞かない。

 日弁連所属弁護士の中で、一人の弁護士も会長の声明に対して、公に異議の申し立てを行う弁護士が現れないということは、日弁連所属弁護士全員が会長の声明に賛同したのか、不本意ではあるが会長に飼い慣らされた弁護士であるのか?

 法学を修めた者の集団であれば、会長の声明に対して様々な意見を発して法学理論の上で、日弁連所属弁護士会が会長声明に対して議論を尽くした上で、会長声明に対して賛同したのでしょうか?

 工学系出身者の集団であれば、理論上明確に証明された事柄に対しては賛同しますが、日弁連会長声明に対して、どのような法学理論を各々の弁護士会が駆使して、日弁連会長声明を法学理論上正しいと決定したのでしょうか?
 



 日弁連としての声明は法学理論によって定されるべきであり、政治的な事柄は排除されるべきです。

 各弁護士会は法学理論に関する委員会を組織し、日弁連に対して法学理論上正しいか否かを提起し、議論を尽くし会長声明に対しての支持を表明するべきであると思います。


うさぎもちこ

 「2493 terumi_satohと悪魔の提唱者」より、なんだか… terumi_satoh さんからは中華の風を、悪魔の提唱者さんからはムクゲの香りを感じました。

 例え孟子の引用をされなくとも、「【祝】トレンド1位を獲得。(以下略)」へのコメントを読んだ時には既に感じていました。

 もうこれはほとんど感覚的なものなので(おまけに個々について指摘した点を各々が習得して以後書き込まれても嫌なので…)どこが等は断言できないのが残念ですが。

 いつか答え合わせができる日を楽しみにしています(・ω・)(うさぎもちこ)

 
かりら

 余命翁、スタッフの皆さま、そして読者の皆さまいつもお世話になります。

 船頭が多くなりやれやれと言った所でしょうか。

 端的に申し上げますと、悪さばかりなさる在日朝鮮人の方々が本来の国々へお帰りなされば良いのです。最近仲直りされましたよね(演技でしょうが)。

 その代わり、

 日本の国益に利する在日外国人の方々は残って頂きたいです(笑)

 誰が好き好んでお隣の国々が日本に向けて核弾頭を作る資金を税金なり、パチンコなんぞに預金し、支出しなければならないのでしょうか?米国人で言うところの、”kick me!”(映画Back to the future参照)ぢゃないですか(笑)

 皆さんは、自国であるこの日本国を取り戻すために頑張って居るんですよね?一生懸命されてきたことも存じております。ですから、バラバラになっている場合ではないと言えます。それこそ、お隣の国々が喜んでしまいますよ。何もしないで勝手に日本人が仲違いしていると笑っていることでしょう。

 大東亜戦争敗戦の二の舞になりたくなければ、己の名誉や利益にこだわっている訳には行きません。そんなものは、初めに決めた日本国を取り戻した後に付いて来るに決まっています?

 今は何をするべきなのか各々が出来ることから続けるべきだと考えます。

投稿日: 2018年5月4日