気になるニュース

【余命三年情報】1690 兵庫県知事選挙 2017年6月21日

【余命三年情報】1690 兵庫県知事選挙 2017年6月21日

ソース:余命三年時事日記 1690 兵庫県知事選挙 2017年6月21日    
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/21/1690-%e5%85%b5%e5%ba%ab%e7%9c%8c%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e9%81%b8%e6%8c%99/

1690 兵庫県知事選挙

ななこ

 兵庫県知事選に立候補を表明した元加西市長の中川暢三氏の「日本を取り戻す」ツイートがネットで話題になっています。弁護士会会長が在日韓国人であり、朝鮮学校への補助金が年額一億円を超える兵庫県にとっては、ショック療法に近い候補者と思われます。

 これまで16年兵庫県の知事を務めて乗っ取りを許した現職の井戸氏が70歳にして五期目を目指す澱みきった現状を変える強い意欲が伝わってきます。ちなみにインカムで街頭活動は丸山穂高議員とお揃いですね。松下っぽいです。

中川暢三@Chozo_Nakagawa
返信先:@burenai001さん
今までの政治家が人気取りや自己保身から放置してきた数々の問題について、知事権限の範囲内のことは即刻解決します。朝鮮学校補助金は不支給、外国人生活保護は新規は不支給、既存分は三カ月以内で打ち切りか本国送還が妥当と考えます。拉致被害者を守れず救出できない憲法の改正を国会に求めます。
7:24–2017年6月14日

1690-@.jpg


 オフィシャルサイトに掲げられているキャッチは以下の通りです。

 「美しい日本の品格ある政治」プラチナシティを創造しよう

 問題提起、政治改革の必要性、公意識、不偏不党の政策提言、政治目的、行政改革と減税など、政策シンクタンクを立ち上げて提言を行ってきた経験がわかりやすく反映されたトップページになっています。

 ブログにある「8つの大きな政策プラスα」も大変わかりやすく実効性のあるものと感じます。項目だけ抜粋しますと、

 1.「備えよ、常に」
 2.教育の質向上と文化芸術の振興
 3..健康経営と最適福祉
 4.環境対策(2つのペット問題)
 5.県から市町に分権
 6.減税と規制緩和
 7.地域通貨で地域経済の活性化
 8.徹底した議会改革と県庁改革

 地域通貨は賛否両論ありますが、貯めずに使うことを前提にした仕組みであり、地元経済の活性化には有効といわれています。

 自治体に経営感覚を取り入れ財政を強化し、国益を重視する「まともな、仕事のできる細川護煕(進取の気性に富むという点において)タイプ」と感じました。松下政経塾出身の良質な政治家の典型(丸山穂高議員、市早苗大臣)と言えるかと思います。大手ゼネコンの第一線で長年の企業経験があり、役人仕事や自分の利益のために好き勝手にものをいうコメンテーターとは違う、実業で日本を支えてきたことが最大の強みでしょうか。

 以下、ツイート、インタビュー記事を引用します。

やっちゃん2001‏@clubsouther
素晴らしい知事候補が出たもんだ!
兵庫県知事選候補・中川暢三氏
今までの政治家が放置してきた数々の問題について即刻解決すると宣言
『朝鮮学校補助金は不支給』
『外国人生活保護は不支給既存分は三カ月で打ち切りか本国送還』
『憲法の改正を国会に要求』
素晴らしい!
15:36–2017年6月17日

1690−A.jpg


するめのよっちゃん#沖縄は日本だ@surumegesogeso
おお!公約もですが、加西市長時代に大幅に借金を減らし、教育や子育て、医療福祉、雇用に繋がる分野には税金を投入、企業誘致や税収増・雇用増という実績も素晴らしい!
 自治体の首長は経営者でもあるんですから、どこかの首長みたいに政府とケンカして反対ばかりでは、住民の生活は苦しくなります。
するめのよっちゃん#沖縄は日本ださんが追加
やっちゃん2001@clubsouther
素晴らしい知事候補が出たもんだ!
兵庫県知事選候補・中川暢三氏…
19:36–2017年6月18日
ttps://twitter.com/surumegesogeso/status/876629687748894721

 ■<県知事選第一声>中川暢三氏 経営者感覚で税金安く 2017/6/1513:20
 ttps://www.kobe-np.co.jp/news/senkyo/2017/hyogotiji/news/201706/0010285255.shtml

 停滞している兵庫を救いたい。行政を効率化し、知事が県庁の経営をしっかりやれば、税金は安くなる。

 私は無所属・無党派。会社員時代の蓄えで大阪市長選、東京都知事選に出て、兵庫県知事選に挑戦する。

 加西市長時代、市民に追加負担を求めることなく、財政再建を成し遂げた。今の県庁には経営感覚とチャレンジ精神がない。県政150年の歴史の中で、国の補助金に頼ってきた結果、市町は国や県の下請けになっている。県の予算と権限、人材を市町に移譲しよう。自治意識が目覚め、行政の利便性も高まる。

 現職は5期目に挑むが、発想の転換こそ必要。私は経営者として立候補した。政策本位で知事を選ぼう。

 ■【兵庫県知事選】中川暢三氏インタビュー「自治体に経営感覚を取り入れたい」 
 (全文はリンク先で読めます)

1690−B.jpg


 (略)

 編集部

 政策を重要視されている中川氏ですが、その主要政策に活かせる他の候補者にはない強みは何でしょうか?

 中川氏

 私の強みは、官と民の両方を長らく経験したハイブリッド型の人間であることだと思っています。民間企業で22年間、都市開発・都市計画・建設プロジェクト・資産マネジメント等に従事し、兵庫県加西市長や大阪市北区長として、地方行政の最前線で現場の業務改善にも取り組んできました。この経験を活かして行政現場のマネジメントをしっかりと行いつつ、従来にない発想で兵庫を変えていきたいです。

 兵庫県には多くの公共資産がありますが、残念ながら上手く活用されていません。兵庫県が持つ資産や地域資源について、公民連携(PPP)手法などにより最大限に活用するアイデアと術、そして実行力が私にはあります。

 常に現場を重視し、問題解決のための具体的かつ現実的な政策をいつも考えてきました。大学での研究活動に加えて、選挙のたびにこれら政策を磨いてきましたから、政策には自信があるし、知事就任の直後から即使えると自負しています。

 (略)

 編集部

 昨年の東京都知事選にも立候補されていましたが、苦しい戦いを強いられていたのではないでしょうか? 政治家を目指して選挙に出馬することには大きな苦労もつきものであるかと思います。それでも中川氏を駆り立てるものとは一体どのようなものなのでしょうか?

 中川氏

 選挙に出るには大きな苦労を伴います。政策を考え、準備をし、供託金を用意して… それでもなぜやっているのか?と問われたら、使命感ですね。自分が知事になりたいから就職のために出馬するのではなく、先駆的な政策を実現していくことを通して社会を良くしたいのです。気付いた者から先ず行動する。世のため人のためにやっているんだ、後世の人に必ず評価されることをやるんだという意識が、私の原動力です。

 他の人にはできない独創的な政策を実現し、兵庫県を良くすることで県民の皆さんに喜んでもらいたい。これまでの県政と同じことをするのなら、私が知事になる必要はありません。

 ■2016.7.3122:25 【東京都知事選】 参考資料
 中川暢三氏、異例の「落選会見」 生放送で記者に逆質問「朝日、毎日は来ていません」小池氏への政策売り込みも明言
 ttp://www.sankei.com/politics/news/160731/plt1607310045-n1.html

 江戸城復元や投票したら1万円のクーポン支給などユニークな施策を訴えてきた元兵庫県加西市長の中川暢三氏(60)は午後8時から、新宿区の選挙事務所でインターネット番組に生出演し、取材に訪れた新聞記者のワンセグ放送で「小池百合子氏の当選確実」の一報を受けた。落選が確実となった候補者は支持者を前に頭を下げて「敗戦の弁」を述べるのが通例だが、ネット番組で視聴者と楽しく会話しながら選挙戦を振り返る独自のスタイルを貫いて戦いを終えた。

 「小池さんには心からお祝いを申し上げ、敬意を表したい。政策の有効性は多くの都民の皆さまにご理解いただいたと思うので、私の政策を可能な限りご理解いただき、採用して頂けるように働きかけたい」

 中川氏は冒頭でこのように述べると、近く小池氏に面会を申し込み、自らの政策を売り込む考えを明らかにした。会見で中川氏が提案したのが、地方自治体の経営をマネジメントする役職「シティー・マネージャー」の新設。「小池氏は地方自治のご経験がないので、副知事ではなく広範な視野のマネジャーを4人設置するよう働きかけたい」と述べた。小池氏がこの案を採用したら、自らもシティー・マネージャーに立候補したいという。

 中川氏の選挙事務所は都庁のある新宿区の「新宿三丁目」駅からほど近いビルで、都知事選に立候補した21人中、もっとも「都知事のいすに近い候補者」だった。選挙事務所のスタッフはわずか2人で、メールや携帯電話に寄せられる政策への疑問や意見、報道機関からの問い合わせにすべて自分で返事したという。

 「日本最大の自治体の選挙を政策本位で、人員も必要最小限でやってきた。お金をかけずとも政策本位の選挙は可能なのだと改めて確信した」と選挙戦を振り返り、支援者に感謝の言葉を述べてあいさつは終了。その後は寄せられる視聴者の声に答えながら、約1時間の生放送を行った。

 生放送では、取材に訪れた記者に「私の印象をどう思った?」などと“逆質問”するシーンも。自ら「(事務所には)読売新聞、産経新聞、東京新聞の記者が来ています」と明かし、視聴者が「朝日、毎日はいないの?」と質問すると、「朝日、毎日は来ていません」と笑いながら返すなど、終始なごやかだった。

 「能力がないからこういう結果(落選)になったわけでも、政策が劣っていたわけでもない。選挙報道のためだ」と主要3氏に偏る選挙報道に疑問を呈した中川氏。「従来の選挙はお金と時間の無駄。こんなの(選挙戦)は5日でやれる」と述べ、ネットを活用して政策への支持を広げる新たなスタイルを今後も続けたいと述べて会見を締めくくった。

 参考資料33から

 (中略)

 在日コリアン弁護士協会代表声明 
 弁護士 殷 勇基2010年12月3日

 在日コリアン弁護士協会(会員弁護士85名)は、本年6月2日、文部科学大臣に対し、朝鮮学校を、公立高等学校の授業料無償化・高等学校等修学支援金制度(高校無償化制度)の対象とする告示を行うこと、及び制度発足当初に遡及して就学支援金を支給することを求める意見書を提出しました。

 その後、8月31日、高等学校の課程に類する課程を置く外国人学校の指定に関する基準等について、高等学校等就学支援金の支給に関する検討会議から「個々の具体的な教育内容については基準としない」とする報告がなされました。これを受けた適用基準が11月5日には文部科学大臣から発表され、日本国内のすべての朝鮮学校が同基準に当てはまる見通しであったと思われます。

 しかしながら、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が大韓民国(韓国)・大延坪島を砲撃したことを受けて、11月24日、内閣総理大臣は高校無償化制度の審査手続を停止するように文部科学大臣に指示し、文部科学大臣は25日、当面、手続きを停止することを正式に表明しました。従って、今回の審査手続き停止は、北朝鮮による砲撃という政治的事件を考慮した、政治的な決定です。

 高校無償化制度は、理想のための制度です。社会全体で子どもたちの学びを支える、家庭の状況にかかわらず、すべての意志ある高校生が、安心して勉学に打ち込める日本社会をつくる、という理想を実現するための第一歩として設けられたものであるはずです。そうである以上、この制度の適用は、一に日本国内・日本社会の子どもたちの教育、処遇の問題なのであり、その審査手続きも、日本に住むすべての子どもたちの学びを、日本社会全体で支えるという目的に適うかどうかという観点からなされるべきです。言うまでもなく朝鮮学校に通う子どもたちも、他の子どもたちと同じく日本社会の子どもたちであり、(子どもたち自身の主体的かつ政治的な意見表明をする権利が保障されるべきなのはもちろんのことでありますが)、その教育の問題に、政治は不用意に持ちこまれるべきではありません。

 理由なき民間への砲撃・殺傷がなされた場合、そのような行為が許されない行為であり、そのような行為を指示・実行した者が強い非難に値することは言うまでもありません。

 しかし、このことを、高校無償化制度の適用にあたって考慮することには反対します。そのようにすることは、結局、子どもたち自身がどうすることもできない、外国の、政治的な事がらの責任を子どもたちに負担させることになるからです。このように考えることは、政治的な問題を制度に不用意に持ち込むべきではないとして、無償化制度の適否にあたって教育内容の審査を行わないことを決定した検討会議の見解とも符号するものと考えます。

 前回の当協議会意見書でも表明したとおり、このまま高校無償化制度の対象とされない
期間を長引かせることが、朝鮮学校に通う子どもたちに被差別感情を抱かせ、また朝鮮学校に対する社会の差別感情を誘発することになりかねないことをおそれます。

 審査手続きを再開し、速やかに朝鮮学校を高校無償化制度の対象として認定することを求めます。以上

 魚拓
 http://www.lazak.jp/documents/lazak_2010.12.3.pdf

 また「1689 懲戒請求アラカルト9」から

 (中略)

 大阪よりさらに悲惨なのが兵庫県弁護士会で、85、170、191にあるように外患罪と懲戒請求だけで以下のようになる。

 兵庫県弁護士会元会長 春名一典
 会長  白承豪
 副会長 尾藤寛
     村田吾郎
     鈴木亮
     籔内正樹
     幸寺 覚(兵庫県)

 (引用ここまで)


.....選挙では在日や反日勢力の主力として動くのがこのコリアン勢力である。違法な政治活動を堂々と行う神経は理解ができないが、今まで甘やかしすぎたのである。

 対立図式を「日本人対在日」とし、

 『朝鮮学校補助金は不支給』
 『外国人生活保護は不支給既存分は三カ月で打ち切りか本国送還』

 この2点だけで押せばそこそこ勝負になりそうな流れだね。

 なお兵庫県知事選の投票日は7月2日である。


とろりん。

 ですが、こういうものもあり、誰を何を信頼して良いのかわかりません。


ttps://youtu.be/AFhRKQJhUrk

投稿日:2017年6月21日

【余命三年情報】1689 懲戒請求アラカルト9 2017年6月21日

【余命三年情報】1689 懲戒請求アラカルト9 2017年6月21日

ソース:余命三年時事日記 1689 懲戒請求アラカルト9 2017年6月21日    
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/21/1689-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%99/

1689 懲戒請求アラカルト9

日本を愛する心

 皆様の所に届く調査開始通知書のコメントを見て「あれっ?」と思ったのですが、私の所に届いた山口県弁護士会の事案番号は1049〜1054号で、山ほととぎす様の所に届いた事案番号は65〜70号となっていて、対象弁護士の順番は同じですが番号が違っています。

 また、ひらめ様へが755〜760号、Ikula様へが377〜382号とバラバラです。同じ通知書で印刷してあるはずなのに、なぜ事案番号が違っているのでしょうか?

 同様に、新潟県弁護士会の通知書も番号が違っていますね。


.....今のところ24弁護士会のうち9弁護士会が報告されている。それぞれバラバラの対応のようなので、原本のコピーがあればありがたい。地検もそうだったが、弁護士会もめちゃくちゃだな。ご指摘の事案番号の件は当初から???となっておりまだわかっていない。


てんちゃん

 余命様スタッフの皆様日本再生大和会の皆様いつもありがとうございます。

 皆さんのメッセージを読みながら我が家にはいつ届くんだ(涙)と思っておりましたがついに昨日新潟県弁護士会と山口県弁護士会から調査開始通知書が届きました!

 あちら様は嫌がらせのつもりでもこちらは懲戒請求書が届いてる事の確認になり、また皆さんの報告を読んで気持ちも新たに頑張ろうという気になっているように思い皮肉なもんだなと(笑)

 爺様の肘が本当に心配です。

 何も出来ませんが皆さんと一緒にひた押しあるのみです!


匿名希望

 余命プロジェクトチームの皆様、本当にほんとうにお疲れ様です。

 本日夕方からの仕事でしたが、仕事前に用事があるため外出してすぐに大阪の弁護士事務所より書留が届いているとの電話が。

 今、家に戻って確認したところ配達証明でした。わざわざ配達証明とは。

 サイン色紙とは価値も意味も全く異なりますが大事に残しておくことにします。


多摩丘陵地帯

 日本サイレントさんへ

 朝鮮人学校補助金支給要求声明を出した当時、東京の吉岡毅弁護士は事務次長を当時努めてました。

 会長名で声明を出したとは言え、事務次長が知らなかったと言うのはあり得ない話です。埼玉の方は、プロフィールと情報を深く掘った際、芳ばしい情報が上がっていたので間違えた?と疑問に思ったのです。

 1687で余命爺がおっしゃった通り、正確に懲戒請求を出すのが目的なのではなくて、最近の事情を鑑み早急に自浄努力が発揮出来るか見ています。自浄能力があるなら、発言の重さから対象者を自ら割り出して処分できる筈ですから。まぁ、9割以上判らないから処分しないという動きになるでしょうね。

 個人的には、この疑問は解消しています。


103

 まさか爺さんの口から「放置プレイ」なる言葉が出てくるとはwww

 自分が初めてこの単語を聞いたのは「シティーボーイズ」の公演で大竹まことが解説していたもので、思い返して調べてみたら「放置プレイ専門の女王様は仕事をしている?」というのがあって大笑い!

 確かにガス抜きに対して律儀に返す必要はないですね。


.....青くなっての戦いは負け戦、笑いと余裕は勝ち戦である。

 「ガス抜きに対して律儀に返す必要はない」これ座布団10枚だね。



KAKL

 余命様

 ご指示有難うございます。

 6/19福岡県弁護士会からも普通郵便で受付通知書が届きました。

 この後どこから来るか楽しみですが、全てスルー致します。

 読みの深さに敬服しております。

 作業量の多さが想像を絶しますが、お体大事になさって下さい。

 綺麗になった日本を一目見たいものですね。


浅き夢見氏

 ここまで来れました。有り難うございます!

 19日、いたってシンプル普通便で新潟県弁護士会、山口県弁護士会より、調査開始通知書が我が家に届きました。普段、縁の無い送り主の肩書だけでビックリしますが、何も言わずに手渡してくれる主人の理解が有り難いです。すでに既出ですのでご報告だけさせて頂きます。安倍総理の支持率が下がったと報じていますが、どうせ捏造報道でしょうから心配はしておりません。日本人は、粛々とヒタ押すのみですね

 (浅き夢見氏)


ミキサー

 山口県弁護士会及び新潟県弁護士会から、調査開始通知書が16日付けで届いた事を報告します。

 内容は改めて何か報告するような事はありません笑

 余命の皆さま日本再生大和会の皆さま、いつも有り難うございます。


気ままおやじ

 余命翁様、スタッフの皆様、日本再生大和会の皆様

 こんばんは、気ままおやじと云います。

 日頃の皆様のご尽力に感謝します。

 私の所にも、

 1.群馬弁護士会(押印はあるが、コピーされている)
 2.大阪弁護士会(押印と割り印あり)

 が来ました。

 群馬弁護士会は、「懲戒支給者 各位」となっており、A4一枚です。

 大阪弁護士会は、個人名となっており、A4二枚です。

 対応の違いがあり、面白いな!! と視ています。

 次に何が来るか? 期待をしています。

 取り急ぎ報告まで!!

 体調を崩されている方がおられるとの事、直接手伝いが出来ないのですが、無理をなされない様にして下さい。


.....大阪弁護士会からは初めての情報だね。ここは日弁連の会長を出している弁護士会だから注目されている。

 今回、第五次告発では166朝鮮人学校補助金支給要求声明により組織の長として告発され、188では同じ案件で個人として懲戒請求されている

 日本弁護士連合会会長 中本 和洋(大阪)

 大阪弁護士会会長 松葉知幸

 懲戒請求の露払いとして綱紀委員会があるのであるが、誰でもできる懲戒請求の理由が外患罪に基づく利敵行為であるから、まず外患罪適用下であることを否定しなければならない。しかし1民間組織がそんな権限など持ち合わせていないし、公的機関検察であってもその関係は判断除外されていることである。

 事実関係において却下ができないので先に進むことになるが、懲戒請求者が弁護士会の要求に応じず先の手続きをしないと彼らの規定では懲戒請求は無効となる。ところが利敵行為という国益に関する重大行為を単なる手続き上の不備をもって却下し、利敵行為を容認、追認した自浄努力をせず自浄能力もないという事実は残り、これは今後、別途追求されることになる。

 大阪弁護士会のHPが消えているという情報が寄せられているが、一時的なメンテナンスか、あるいは更新準備であろう。まあ、弁護士会のHPなどは広告宣伝の存在でしかなかったが、それでも役員情報くらいは掲載していた。

 今回、懲戒請求されているメンバーは、朝鮮人学校補助金支給要求声明について、日弁連の声明と別途声明を出した弁護士会の幹部である。しかし日弁連が出しているので、傘下の弁護士は全員が対象となっているのである。単にお目こぼしになっているにすぎない。

 また誰でも懲戒請求できるということがわかったから、そういう状況で弁護士リストなどさらしたくないだろう。

 日弁連のHPから副会長声明や写真が消えたのは事実上の懲戒請求リストと朝鮮人学校補助金支給要求声明幹部リストをさらしているようなものなので当然だろう。

 日弁連の、「ホームページにアクセスしたときに情報を収集して管理する」という新たな注意書きは、「嫌がらせをこえてもう恫喝」であろう」。

 この一連の動きは組織防衛・会員への情報提供、つまり、多くの情報をカットして会の情報は会員のページで流すように戦線を縮小していく方向を示したもので、今後、全弁護士会がそうなるのは確実である。


主婦です

 大阪弁護士会からキター(笑)それも配達証明郵便です。受取のハンコ押しましたよ!ポストに不在通知があって、びっくりしましたよ!見事な嫌がらせですね〜。

 *********以下内容*********

 (割り印あり)
 平成29-(綱)-667〜675
 2017年(平成29年)6月19日
 懲戒請求者 殿    大阪弁護士会 会長 小原正敏 (印)

 ご通知

 貴殿からの平成29年6月8日当会受付の懲戒請求について、綱紀委員会に事案の調査をもとめましたので、通知します。

 本会が、相当の期間内に懲戒の手続きを終えないときは、貴殿は弁護士法第64条の規定により、日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。

 なお、懲戒事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって、懲戒の手続きを開始することができないこととなっておりますので、その旨ご了承ください。

 また、貴殿の住所・電話番号等連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて届出てください。


 事件番号 平成29年(綱)第667号〜675号事件
 対象会員 別紙のとおり
 以上

 ******************************

 <相当の期間>の目安とか何にも書いてないので、異議の申し立ては来月とかでもOKって事?大阪弁護士会が相当と決めれば10年でもあり?

 そのくせに<懲戒事由があったときから3年>って、何をやらかしても3年ごまかしたら時効成立で全部チャラですか?ハハハ〜

 これだけ手間暇予算かけて、嫌がらせして通知文書の受取がされなかった人間の懲戒請求はなかったことにしたいのでしょうね。

 群馬県弁護士会は普通郵便でしたが、宛先不明で帰ってくる封書が想定外に少なくて焦ったのかもと思っていますが、真相はいかに?

 パヨクと違って沢山の不正な水増し署名はないと思うのですがね?

 ガス抜きのつもりが、ガスが多すぎて失敗したら面白いのですがね(笑)


.....前項でも既述しているように大阪弁護士会は幹部の全員が外患罪ないしは懲戒請求されている。組織としては崩壊している。現会長も次回第6次では外患罪で告発される。

 懲戒請求理由にあるように、日弁連傘下の弁護士はすべてが懲戒請求理由を抱えているのである。よって綱紀委員会も懲戒委員会も犯罪者が犯罪者を裁くという前代未聞の事態が発生している。

 この大阪よりさらに悲惨なのが兵庫弁護士会で、85、170、191にあるように重複を恐れずに書くと外患罪と懲戒請求だけで以下のようになる。

 兵庫県弁護士会会長 春名一典
 兵庫県弁護士会元会長 春名一典
 会長 白承豪
 副会長 尾藤寛
     村田吾郎
     鈴木亮
     籔内正樹
     幸寺 覚(兵庫県)
 兵庫県弁護士会元会長 春名一典
 会長 白承豪
 兵庫県弁護士会元会長 春名一典
 会長 白承豪
 副会長 尾藤寛
     村田吾郎
     鈴木亮
     籔内正樹

 これに白承豪会長の関係でLAZAK代表として傘下の弁護士が加わるから、まったく組織としては崩壊している。懲戒請求は事務的に間に合わなかったからで、在日コリアンに対する差別的扱いを絶対しないという順法精神から在日コリアン弁護士会所属の弁護士すべてが外患罪と懲戒請求の対象となる。以下ざっと挙げておく。詳細は33にどうぞ。

 在日コリアン弁護士協会(LAZAK)の会員弁護士

 殷勇基 在日コリアン弁護士協会代表
 金竜介(きん・りゅうすけ 2014〜2015年度 LAZAK代表)
 姜文江(きょう・ふみえ 2014〜2015年度 LAZAK副代表)
 韓雅之(はん まさゆき 2014〜2015年度 LAZAK副代表)
 「薫(ぺえ ふん LAZAKの2002年設立時の共同代表)
 成末 奈穂(なるすえ なほ)
 金 愛子(きん あいこ)●
 金紀彦(きん のりひこ 東京事務所代表)
 金慶幸(きむ きょんへん)
 沈賢治(しむ ひょんち)
 李政奎(い じょんぎゅ)
 李麗奈(りー れいな)
 高英毅(こう よんき LAZAKの2002年設立時の共同代表 LAZAK理事)
 金喜朝(きん よしとも LAZAK 2008年8月から代表)
 白承豪(はく しょうごう/べくすほ 2012〜2014年 LAZAK代表)
 韓検治(はん こむち 神戸セジョン外国法共同事業法律事務所 共同代表)
 崔舜記(さい しゅんき 神戸セジョン外国法共同事業法律事務所 共同代表)
 黄文錫(ふぁん むんそく 神戸セジョン外国法共同事業法律事務所共同代表)
 邊公律(ぴょん こんゆる)
 李宇海(いー うへ)東京神谷町綜合法律事務所代表弁護士
 金弘智(きむ ほんじ LAZAK会員)弁護士
 呉奎盛(ご けいせい)弁護士
 成綾子(なり・あやこ)弁護士
 原田學植(はらだ・がくうえ)弁護士
 李将(いー じゃん)弁護士
 安田栄哲(やすだ・えいてつ)弁護士
 韓泰英(はん・てよん)弁護士
 金帝憲(きんていけん LAZAK会員)
 宋昌錫(ChangsokSong LAZAK会員)
 金哲敏(きん あきとし/きむ ちょるみん LAZAK会員)
 金 秀玄 (きむ すひょん LAZAK会員)
 金 大Y(きん だいよう LAZAK会員)
 黄大洪 (こう だいこう LAZAK会員)
 南泰準(TaejoonNam LAZAK会員)
 江興民(JIANGXINGMIN)
 林範夫(いむぼんぶ LAZAK会員)
 金奉植(きむ ぼんしく LAZAK会員)
 趙誠峰(ちょ せいほう LAZAK会員)
 白充(ぺく ちゅん LAZAK理事)
 金英哲(きむ よんちょる LAZAK理事)
 梁文洙(やんむんす LAZAK会員)
 金 昌浩(きむ ちゃんほ LAZAK会員)
 張界満(ちゃん げまん LAZAK会員)
 宋惠燕(そん へよん LAZAK会員)

 おなじみの方ばかり、中には通名の方がいる。大丈夫かね。

投稿日:2017年6月21日

【余命三年情報】1688 懲戒請求アラカルト8 2017年6月20日

【余命三年情報】1688 懲戒請求アラカルト8 2017年6月20日

ソース:余命三年時事日記 1688 懲戒請求アラカルト8 2017年6月20日    
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/20/1688-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%98/

1688 懲戒請求アラカルト8

因幡の白兎

 昨日に続きご連絡致します

 昨日の(東京弁護士会)に続き先程福岡県弁護士会より懲戒請求の受付通知が届きました

 2017(平成29)年6月16日
 福岡県弁護士会
 会長 作間 功  弁護士会の捺印あり

 懲戒請求の受付通知

 貴殿から平成29年6月6日付けにてなされた懲戒請求を平成29年(綱)第1169号乃至第1175事件として受付し、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱紀委員会に調査をさせることにしましたので、ご通知申し上げます。

 なお、貴殿の住所等の連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて当会までご連絡ください。  

 一応連絡しましたのような形式だけに感じるものです 笑

 アラカルト6を拝見してへー!なんとご立派な組織なの?改めて実態を認識しなおします

 まだ家族の名前のものは届いていませんので届き次第ご連絡させて頂きます

 大量の告発状の仕分け皆さんからのメール等大変なご尽力に感謝の言葉しか浮かびません有り難うございますm(__)m


ミカンの実

 日本が大好きです!

 やっと書類が来ましたよ。

 中をざっくりと読んで、放置プレイです。

 了解です。

 (お菓子の缶に、お手紙入れときますね。)


ひらめ

 余命様、スタッフ様方のお働きに心配しつつ何もお手伝いも出来ないことに歯がゆい思いでいます。お体を酷使しながらの御活動に本当に感謝致します。

 さて、弁護士会への懲戒請求の件ですが私の元にも新潟と山口から通知がありました。余命様や読者様からの情報を一通り読んでみて分かったことは、驚愕と遺憾、呆れ・・弁護士&弁護士会はどうしようもない腐った犯罪者・犯罪者組織だ、ということでした。

 私の手元に来た通知書を見ると、新潟:平成29年の懲戒請求者番号が890〜895号です。山口も755号〜760号。6月の頭なので今年まだ5ヶ月しか経っていないのに、懲戒請求が800〜900件もあるなんて・・・本当に余命様のおっしゃる通りの「ヤクザもびっくり」の犯罪件数です。そして1685に掲載の弁護士による横領や詐欺事件等のその額の大きさ。。億??えええ???本当に信じられない。。

 こんな【犯罪】実績が明らかになってしまっては、健全な活動をされている弁護士さんたちが早晩逃げ出すことになるのでしょうね。このまま既存の弁護士会に身を置いていれば、同じ「犯罪者orヤクザモノ」と判断されてしまいますものね。。学校では「弁護士は正義の味方、利益団体等からの懐柔を避けるため独立性を保てるよう高い報酬を受ける」などと教わった記憶がありましたが、これも全くの嘘だったということでした。

 余命様がほんの少し「市民としての真っ当な行動」をされるだけで、どうしてこうも様々な悪事があぶりだされてしまうのでしょうか・・本当に情けないです。しかし1682の真砂宗様の投稿のように、熱心に(犯罪)組織活動をされているのはやっぱりアッチの方々で、善良なノンポリ弁護士さんは目の前の顧客の為の仕事に懸命に取り組まれているのに忙しく、そのような犯罪に手を染め犯罪者に手を貸す時間も余裕もないわけですから、気が付かなかったのも仕方ないのかもしれませんが。それにしても私の持っていた弁護士さんへのイメージはこれで明確に完全に180°変ってしまいました。

 もう「正義の味方」には見えません。もう残念ですが、誰を見てもどの方でも「犯罪者かも」にしか見えません。弁護士の職業としてのステータス?地に落ちたどころか、ヤクザでしょ?に変ってしまいました・・・これが余命読者の一般的な感想なのではないでしょうか? 

 ⇒「私はそうではない!」という弁護士様は早急に自治自浄能力有りと宣言できる、新弁護士団体を立ち上げてください。ご自分たちの為にも。

 (お父さーん見てるー?投稿したよ☆)


渡部陽子

 たねつけばな

 毎度お世話になっております。

 みなさま!おはようございます!

 昨日、6月19日午後「新潟県弁護士会」「山口県弁護士会」から、「調査開始通知書」が普通郵便にて届きました。

 もう既に何人かの方がご報告していらっしゃいますから、簡単にお知らせ致します。

 娘が驚いて「弁護士会」からって何かしているの?

 私は皆さまのコメントを読んでいましたから、ううん!ちょっと問い合わせしてたのよ。と平然と答えました。

 深く追及も受けなくて「そう!」で終わりました。

 俄然「私もこの戦いに参加しているんだ!」とほくそ笑みました。


紫のバラ

 弁護士の横領、詐欺事件で実刑判決を受けても、懲戒がこんなにゆるいのはびっくりしました。投資詐欺、オレオレ詐欺、補助金詐欺、霊感商法がなくならないのは、理由はわかりますよ。在日弁護士が潜んでいて、結局、弁護士同士庇いあってますよ。

 敗戦後の日本の闇ですね。共産党系は、暴力革命ですかね。


digital-alien

 昨日19日、帰宅すると山口県弁護士会と新潟県弁護士会から調査開始通知書が届いていました。

 新潟は6月15日付けで会長名兒玉武雄と押印。

 山口は6月16日付けで会長名田畑元久と押印。

 共にA4ペラ一枚の素っ気ないものでした。

 それにしても余命翁様をはじめ、スタッフの方々が疲労困憊の様子。心配でなりません。

日付の記入とか、何かお手伝いをしたいと思いつつ、声は掛からないだろうなとも思いつつ・・・。

 (digital-alien)


轟木龍藏

 余命の皆様、スタッフの皆様

 龍藏です。

 もうどなたかから提案があったかも知れませんが、日付けだけなら、スタンプあるいは、上乗せ印刷は如何でしょうか?折り畳まれていると出来ませんか?次回からはA4のまま送ってもらえると少しは楽かも知れません。

 口を出すだけで恐縮ですが、ご検討頂ければ幸甚です。

 くれぐれも自愛ください。


鎌田建樹

 山口県弁護士会から 調査開始通知書が来ました。

 6月16日付です

 群馬弁護士会さまからはまだきていません

 以上


ikula

 余命様、スタッフの皆様

 いつもご尽力ありがとうございます。

 肘の具合はいかがでしょうか?

 本日新潟弁護士会より(事件番号新弁平成29年(網)第44号から第49号)6/5付け懲戒請求調査開始通知証と山口弁護士会より(事件番号平成29年(網)第377号から第382号)6/8付け調査開始通知証が届きました。
山口と言えば安倍首相の地元でもあり複雑な思いです。

 封書を見た瞬間ちょっと驚きましたが、放置一択ですね。

 先ずはご報告まで


万朶の桜齋藤英樹

 お疲れ様です。自分も東京弁護士会、第一東京弁護士会、福岡弁護士会から懲戒請求の受理通知が届きました^^生暖かい気持ちで放置させていただきますw


ちびにゃん

 余命翁様、PTの皆様、日本再生大和会の皆様

 日本を取り戻す為の大変な活動を有り難うございます。

 暑い日が続いております。お身体に気を付けて下さいね。

 どこからも封書が届かず残念に思っておりましたら、母から本日3通渡されました!!

 2日前に1通届いていたのに、「何か問題でも起こっているのでは。」と手元に隠していたようで・・・。本日他に2通届いたので手渡す気になったようです。(ざっくりと告発状の話をしましたら納得しておりました。)

 現在手元には、『第一東京弁護士会(簡易書留)』『東京弁護士会(特定記録)』『福岡弁護士会(普通郵便)』の3通があります。少しでもお役に立てているのですよね。残念ながら『群馬弁護士会』からの封書は届いておりませんが・・・。

 次はどこの弁護士会から封書が届くのかとワクワクしております♪

 今後も、ひた押しに。ご協力させて下さいまし。


.....もう、嫌がらせや恫喝が通じなくなっている。社会的地位はがた落ちで


佐久奈堕理

 神翁さま、皆様、毎日ありがとうございます。

 我家にも第一東弁会から受付通知届きました。

 すでに皆様のご報告に与る同名吉岡毅弁護士について、「-法律事務所については、云々-と規定されています。」

 なんじゃそりゃ?

 とのことで、ググってみると第一東京は〔たけし〕さん。

 埼玉のお方は(つよし)さんアネモネ法律事務所とのこと。

 この方も相当アクの強いお方の様で、王蟲●理教元信者で教祖の弁護人だとか。

 まぁ、どうでも良いことですが、この対応が神翁様の仰有られる”嫌がらせ”なれば、そんな幼稚な精神構造の半人前人足が、ご正道を守護している事実には唯々驚愕するばかりであります。分別のある社会人のすることでは到底ありますまい。


サイレント日本人

 「多摩丘陵地帯」さんの以下質問「東京第一と埼玉弁護士会の両名のブログを拝見して経歴も確認しましたが補助金支給要求声明を出したのは、埼玉弁護士会所属の方の様に思われますがいかがなものでしょう?確認をお願い致します。」に対しては、東京の方が対象であって、それに間違いがない旨、ちゃんと説明すべきです。


奔馬の如く

 第二東京弁護士会から、「懲戒請求事件の調査開始について(通知)」が届きましたのでご報告いたします。

 2017年6月15日付
 第二東京弁護士会
 会長 伊藤 卓

 事案の表示
 平成29年(コ)第550号乃至第553号

 対象弁護士
 早稲田祐美子(第550号)
 戸田 綾美 (第551号)
 神田 安積 (第552号)
 井出 直樹 (第553号)

 別紙「ご連絡」が同封されていました。
 
 2017年6月15日付
 第二東京弁護士会綱紀委員会
 委員長 櫻井 光政

 項目 1.〜5.

 (内容については特に当方が対応すべきものはないため、放置します)


とりとり

 余命翁様、スタッフの皆様、日夜、日本再生のためにご尽力いただきありがとうございます。

 私の所(福岡県)にも、第二東京弁護士会館から、「懲戒請求事件の調査開始の通知」が6月17日に届きました。

 弁護士会からの特定記録の印が押された封書を見た時には、少し緊張しました。

 自分の所にもやっと来たかと思い、戦いに参加しているのだと確認できました。

 2017年6月15日付
 第二東京弁護士会館綱紀委員会
 委員長 櫻井 光政

 事案の表示 平成29年(コ)第594号乃至第597号

 対象弁護士
 早稲田 祐美子(第594号)
 戸田 綾美(第595号)
 神田 安積(第596号)
 井出 直樹(第597号)


anony

 余命チーム様

 こんにちは。

 大分ご無沙汰してます。

 私の元にも、同じ様な書類が多数来ておりますが、何かもう、偉そうな名前を使った架空請求詐欺にしか思えませんね。

 何分、世間様にはお上の一部として認識されているのが、タチの悪い所で。

 ミラーサイトの有志で、弁護士会架空請求詐欺対策サイトなんてのを作っても良いかなと思うこの頃です。

 anony


とある愛国者

 余命様、余命PTの皆様いつもお疲れ様です。

 昨日、「懲戒請求に関する回答書」の件でお尋ねした者です。

 あれって放置すればいいだけなんですね、了解しました。

 ただの嫌がらせでしたか、彼らはもう手詰まりなんでしょうねえ(苦笑)


taimei

 余命様、スタッフの皆様、

 お忙しい中、早速にお返事有難うございました。

 やはり多くの方々より同じ問い合わせが入っていたようですね。

 「判明できない」は私の転記ミスで、「判別できない」の文章が正しいものでした。すみません。

  回答書は放置致しますが、回答をしないと対象の弁護士を特定出来なかったと判断し、懲戒請求書は小田修司弁護士1名に対するものとして扱う=吉岡毅弁護士は懲戒請求の対象としない、と記されているのが、非常にいやらしいところです。


.....委任状をもっての懲戒請求ではない。個人個人の懲戒請求である。よって、今後、あと1000通残っているから、これを1000回繰り返すことになる。特定できないかねえ。

投稿日:2017年6月20日

【余命三年情報】1687 懲戒請求アラカルト7 2017年6月19日

【余命三年情報】1687 懲戒請求アラカルト7 2017年6月19日

ソース:余命三年時事日記 1687 懲戒請求アラカルト7 2017年6月19日    
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/20/1687-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%ef%bc%97/

1687 懲戒請求アラカルト7

働くバブル男

 今月初めに大和会に告発状と懲戒請求書を送付いたしました。到着はレターパックの追跡で確認したのですが、今の所弁護士会からの返信はありません。

 なければ無いで構わないのですが、もし書留が来た場合の対処についてこの度の皆様のコメントと余命PTの解説が大変参考になります。ありがとうございます。

 余命先生の肘の1日も早い回復をお祈りしつつ、余命PTの皆様の不眠不休の活動に心より敬意を表します。


.....前回お知らせしたばかりだが、いただいた懲戒請求書が1300ばかりあり、告発状処理の合間を見ては日付を記入してまとめているのだが、昨日時点で400人分9600件しか送付できていない。まだ来ていないのは、残っているからだと思う。彼らが勝手に作った規則ではあるが、一応、受付通知は規則なので送ってくる。楽しみにお待ち願いたい。


蕎麦焼酎


 皆様のコメントとを常に拝見し、改めて、私自身がまだ又、お花畑だと認識しました。どうかこれからも忌憚ない意見をよろしくお願い致します。ありがとうございます。


M45

 余命様並びに関係者の皆様、本当にありがとうございます。

 週末に私の所にも、第二東京弁護士会より特定記録郵便で例のA4用紙4枚入りの封書が届いていました。

 それと、新潟県弁護士会と山口県弁護士会からも調査開始通知書が普通郵便で届いておりました。
今後も同様の郵便が届くのでしょうね。

 自浄作用は全く期待してませんが、彼らのこれからの対応には大変興味がありますけどね、私たちは出来ることを粛々とやって行くだけです。


木こりどん

 本日、新潟県弁護士会と山口県弁護士会から、調査開始通知書が郵送されてきました。

 まあ、素っ気ない、脅しにもならん文章でした。


ナナシさん2周目

 本日6/19に福岡弁護士会から「懲戒請求の受付通知」が届きました。右上の日付は6/16となっています。




 余命様スタッフ様同志の感謝申し上げます。

 ご報告いたします。第一東京弁護士会6月18日と福岡県弁護士会(1枚)6月19日普通郵便が来ました。

 余命様の解説回答で「返信や署名等は一切必要がない。放置一拓である。」バッサリ(笑)一刀両断ですね!彼等はエスカレーターに乗っている事に気づいていないのかな〜到着もまじかなのに・・・
皆様ご自愛なさって下さい。

 2017(平成29)年6月16日
 福岡県弁護士会 会長 作間 功
 懲戒請求の受付通知

 貴殿から平成29年6月6日付けになされた懲戒請求を平成29年(綱)第1113号乃至1119号事件として受付し、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱記委員会に調査をさせることにしましたので、ご通知申し上げます。

 なお、貴殿の住所等の連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて当会までご連絡ください。


sandcastle

 私もやっと皆様の仲間入り(笑)。弁護士会からお手紙が来たー!

 私には山口県と新潟県から来ました。栃木じゃなかった…。各弁護士会でNo.○〜×まではドコドコが〜みたいな談合?まさか無いよねー?なーんて。

 調査ねえ…センセイ方にちょっとお話聞いて、終わりかな。大人のご都合ですしお寿司。

 弁護士会自体はガス抜き、アリバイ作りで。テロ等準備罪や外患罪にビビったのでしょうか。悪いこと()しなきゃいいだけなのに。

 安倍首相支持率下がり報道とか、もう末期(笑)。必死過ぎて憐れみしかでてこなくなりました。50〜60代は確かに流されやすいみたいですがね。

 お忙しい中、申し訳ありません。ご報告でした。


こつる

 日本万歳!

 余命記事1685から考えると懲戒請求の結果が出るのは一年とか二年後?

 本日6月19日、福岡弁護士会より懲戒請求の受付通知書がきました。この文書の右上 会長 作間功にかかる角印が鮮明ではなくかすれているので、お里が知れる会だと思います。

 ここは3、4年かかると見た。

 会が結果を出す前にいろいろ終わりそうですね。

 弁護士の広告は大量に出ているので、メディアに弁護士不祥事報道を押さえるようプレッシャーをかけることは可能だと思います。


.....懲戒請求だけなら結構かかりそうだが、外患罪、共謀罪、マイナンバー、テロ法等はみな日本再生の手段だからね。やっとそろい踏みという状況になったから、以外と早いかもしれない。沖縄那覇地検は告発状を返戻せず、事実上受理状態であるので沖縄タイムス、琉球新報、翁長知事、山城を含め基地反対勢力はいつでもお縄にできる状況である。

 今回も追告発している。また神奈川も川崎デモから民事、刑事両面で告訴が準備されているからここ1年で様変わりがあるな。期待したいね。


山ほととぎす

 本日、私のところに山口県弁護士会から通知書が届きました。他にも受け取った方がおられると思いますが、次のとおりです。

 平成29年6月16日
 山口県弁護士会 会長 田畑元久
 調査開始通知書 平成29年6月8日付けで受理 調査開始日 平成29年6月9日
 対象弁護士 平成29年(綱)第65〜70号
 弁護士森重知之(第65号)、同田畑元久(第66号)、同白石資朗(第67号)、同佐伯奉文(第68号)、同黒川裕希(第69号)、同小澤亮平(第70号)


ごろごろ

 皆さん、こんばんは。

 山口県弁護士会と、新潟県弁護士会から、調査開始通知書が届きました。


御隠居

 余命翁様、スタッフの皆様、日本再生大和会の皆様、関係各位の皆様お疲れ様です。

 本日(6/19)、福岡県弁護士会会長名(作間功)にて懲戒請求の受付通知がありました。

 懲戒請求日
 ・平成29年6月6日付
 懲戒請求
 ・平成29年(鋼)第973号
 乃至第979号
 受付通知
 ・2017年(平成29)6月16日付

 参考に懲戒請対象者は、
 ・原田直子(福岡市中央区天神)
 ・冨山敦(福岡市中央区警固)
 ・迫田学(北九州市小倉北区金田)
 ・井下顕(福岡市中央区六本松)
 ・千綿俊一郎(福岡市中央区大名)
 ・松尾佳子(久留米市櫛原町)
 ・齊藤芳朗(福岡市中央区大手門)

 以上6名ご報告迄。


多摩丘陵地帯

 6/19に平成29年6月16日付けで、福岡県弁護士会会長作間功様より懲戒請求の受付通知が来ました。以下文章抜粋

 貴殿から平成29年6月6日付けにてなされた懲戒請求を平成29年(綱)第574号及至第580号事件として受付し、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱紀委員会に調査させることにしましたので、ご通知申し上げます。

 福岡県弁護士会の印はありますが、東京第一弁護士会のように割印はないです。

 先入観を持ってはいけないのは不味いですが、やる気が無さそうです。


轟木龍藏

 余命の皆様、スタッフの皆様

 龍藏です。

 ご苦労様です。私の手許にも東京のふたつの弁護士会から届き、本日は福岡県弁護士会作間功会長名で、6月16日付の懲戒請求の受付通知(平成29年(綱)第693号乃至第699号事件)が届きました。文面では、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱紀委員会に調査をさせることにしたそうです。

 余命様のお勧めにより、放置プレイと致します。何通集まるかが楽しみです。


エル・ポポラッチ

 余命様、スタッフの皆様、読者の皆様いつもありがとうございます。

 第一東京弁護士会、東京弁護士会に続き、本日福岡県弁護士会からも懲戒請求の受付通知が届きました。

 内容はやはり横並びで、

 福岡県弁護士会
 会長作間功

 懲戒請求の受付通知

 貴殿から平成29年6月6日付けにてなさられた懲戒請求を平成29年(綱)第63号乃至第69号事件として受付し、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱紀委員会に調査をさせることにしましたので、ご通知申しあげます。

 なお、貴殿の住所等の連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて当会までご連絡下さい。

 やはり、日弁連からの通達が各都道府県弁護士会にいってるのでしょうかね?


.....日弁連の会長が告発されていて懲戒請求されているから弁護士会が混乱していてもう訳がわからない前代未聞の状況であるから推移を見守るしかないだろう。署名等の要請は放置一拓である。

 挙げても無視されて終わり。検察審査会と同じである。単なるガス抜きで意味がない。



多摩丘陵地帯

 法と秩序を守る正義の犯罪組織が、今回の懲戒請求で何もアクションを起こさないのであれば、組織解体の一要因になるわけですね。腐れ加減を試すリトマス試験紙がわりのものですね。なまじここで懲戒されては、組織解体の力が削がれますね。

  「自浄能力が有ります→対象者の処分→隠れている対象者が何事も無く生き残る」こういう図式になれば、何時までも腐った部分が残り続ける訳で。朝鮮人学校補助金支給要求声明を自らの意思(組織ぐるみで?)で言ったものが判らない、というなら「弁護士はお子様ですか?」という話ですね。

 横領は日常茶飯事、自浄能力無し、政治主張する・・・お察し下さいと言ったところでしょうか。


ottotto

 大変ご苦労様です。おかげさまで希望を持って過ごすことが出来ます。

 ところで、たった今、福岡県弁護士会から「懲戒請求の受付通知」がまいりました。我々仲間にも到着している最中と思われます。中には一通・・・

 ↓

 「貴殿から平成29年6月6日付けにてなされた懲戒請求を、平成29年(綱)第1232号乃至第1238号事件として受付し、懲戒委員会の審査に付するか否かについて綱紀委員会に調査をさせることにしましたので、ご通知申し上げます。

 なお、貴殿の住所等の連絡先を変更した場合は、・・・・・・・。」


余命のおかげ

 余命様、PTスタッフの皆様、毎日ありがとうございます。

 私の所にも群馬弁護士会から、調査開始通知書なるもの(笑)が届いております。内容は、みなさんと同じです。

 それにしても、塀の中に居る弁護士の多さに呆れてしまいました(棒)

 兵庫県知事選挙の候補に、朝鮮学校補助金停止、外国人生活保護停止を掲げている候補がおられます。本心からかどうかは、わかりませんが。

 疲労骨折なさっているとのこと。。。無理せず旗振りお願いいたします。


アンカン

 いつもありがとうございます。またまた手短にお知らせします。

 本日19日、山口県弁護士会より「調査開始通知書」が届きました。

 平成29年6月16日付
 山口県弁護士会会長田畑元久押印あり。
 6月8日付で受理した懲戒請求について、、、、対象弁護士6名記名
 調査開始日平成29年6月9日

 以上。新潟県弁護士会の調査開始通知書同様一枚のみ。

 何という嫌がらせなんでしょう〜〜


日本を愛する心

 こんにちは。日頃の皆様のご尽力に感謝します。

 本日(6月19日)、新潟県弁護士会及び、山口県弁護士会より懲戒請求の調査開始通知書が届きましたのでご連絡いたします。

 新潟県弁護士会は、通知日6月15日、会長印有り、事件番号新弁平成29年(綱)第962号〜第967号まで6件。

 山口県弁護士会は、通知日6月16日、会長印有り、事件番号平成29年(綱)第1049号〜第1054号まで6件。

 両弁護士会とも書留等ではなく、普通郵便でした。

 詳細等、必要であれば連絡(ブログにて呼びかけてもらえば)下されば郵送させて頂きます。

 事件番号は、各県ごとの番号でなく全国通しの(綱)○○号なんでしょうか?年度始まりの番号だとすると4月から2ヶ月半で1000オーバーとはかなりの多さなんでしょう。

 弁護士会のポーズかも知れませんが、こうやって通知が来ると、少しでも役に立っているような気がして嬉しいです。

 これからも頑張ってください。


どんぐり715

 「1683懲戒請求アラカルト4」で「吉岡毅弁護士が「東京第一弁護士会」と「埼玉弁護士会」に同姓・同名で所属していますのでどちらの弁護士か指定してくださいとの「懲戒請求に関する回答書」なるものが同封されてきております。どちらの方が該当者なのかお知らせください。取り急ぎご連絡いたします。」の質問をお送りした者です。

 「1685懲戒請求アラカルト6」余命翁のご指示通り、放置いたします。回答有難ございました。


.....既述の通り、一般的に懲戒請求の処理は半年から1年半もかかっている。これが検察審査会のように順番待ちで処理されるということになると、件数の数から言っても数年はかかると思われる。

 調査のための問い合わせその他について放置一拓というのは大きな積極的意味がある。綱紀委員会から懲戒委員会への事案送付に通常半年以上かかり、そのほとんどが却下となり、実際の懲戒委員会での処分に、また1年かかるという時間稼ぎをブロックしているのである。通知にあるように、放置すれば約1ヶ月で懲戒請求はチャラになる。

 今、我々が弁護士会に求めているのは数年先の懲戒処分ではなく、また弁護士会自治の自浄能力の確認ではない。現状抱える問題解決への早急、かつ積極的な自浄努力である。通常、不透明な次のステップに行くのに半年かかるところを1ヶ月でクリアできれば、戦略目的は達成している。そういう時間的な意味があるのである。

 懲戒請求事案が消去されれば、事実上却下処分と同じで自浄努力が問われることになるし、そこから進めばなお結構なことである。

 昨年8月2日告発の伏見事案はなんだかんだで約1年間も放置され、また東京地検10月告発開始から第五次まですでに10ヶ月間門前払いである。

 放置プレイは、時間稼ぎを繰り返させない積極的手段なのである。

投稿日:2017年6月20日

【余命三年情報】1686 2017/6/19アラカルト 2017年6月19日

【余命三年情報】1686 2017/6/19アラカルト 2017年6月19日

ソース:余命三年時事日記 1686 2017/6/19アラカルト 2017年6月19日    
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/06/20/1686-2017619%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/

1686 2017/6/19アラカルト

ななこ

 百田尚樹氏の講演を中止させた一橋大学の院生である梁英聖氏は在日本朝鮮人人権協会に属する活動家でした。機関誌「人権と生活」最新号の目次から、執筆記事のタイトルとヘイト利権を主張する巻頭言を投稿いたします。

 なお、梁氏は全国で活動しており、2015年度は協働ネットしがの研修事業で講師を務めています。その資料を最後に引用します。

 ◆在日本朝鮮人人権協会 『人権と生活』44号・目次

1686-@.jpg


 『人権と生活』44号・目次
 ∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴人権と生活44号(2017年6月)∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴
 ■主張:差別とヘイトの連鎖を断ち切るために
 【特集】差別とヘイトのない社会へ

 ◇大阪朝鮮学園補助金裁判判決に見る「歴史の偽造」―大阪府私立外国人学校振興補助金制度の創設をめぐって……藤永壮
 ◇広島における運動実践―官・民あげての差別に抗して……村上敏
 ◇震災後の「外国人犯罪」の流言と現在……郭基煥
 ◇ヘイトスピーチ解消法と部落差別解消法―地域社会における「両輪」の方途……山本崇記

 ★◇監視とルールの提案によって新しい反差別運動を―反レイシズム情報センター(ARIC)の差別監視活動から……梁英聖★

 ◇排外主義と主流LGBT運動?「ヘイト」概念を超えて……マサキチトセ

 ■インタビュー
 ◇人間を苦しめる差別をなくしたい……石田貞さん

 ■寄稿
 ◇二重の隠蔽としての「北朝鮮」報道―怒り・バッシング・悪魔化……森類臣
 ◇朝鮮のろう者と触れ合って―手話で日朝の懸け橋に……桑原絵美

 ■連載:差別とヘイトのない社会をめざして(4)
 ◇欧州における反差別法・政策の紹介……前田朗

 ■会員エッセイ
 ◇「学生だからこそ」出来ることがある―大学生ウリハッキョサポーターズの挑戦…柳学洙

 ■最近の同胞相談事情
 ■書籍紹介―人権協会事務所の本棚から
 ■年金制度改正と在日同胞―同胞の年金相談の事例から
 ■資料
 ◇在日同胞・在日外国人 人口統計
 ◇在日同胞帰化許可者数統計
 ◇在日同胞 死亡・出生統計
 ◇在日同胞婚姻統計
 ◇在日同胞離婚統計

 カテゴリー:人権と生活,書籍|投稿日:2017年5月26日|

 ◆『人権と生活』44号 巻頭言

1686-A.jpg


 差別とヘイトの連鎖を断ち切るために

 「本邦外国出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(以下、「解消法」)」の成立から一年が経過した。本来であれば、日本政府は一九九五年の人種差別撤廃条約加入時に条約の精神に鑑み、人種差別を撤廃するための法整備などに着手するべきであったが、既存の法制度で抑制することができないほどの人種差別は認識していないなどとしながらその責務を怠ってきた。

 その日本でようやく誕生した反人種差別法である「解消法」はその前文で、在日外国人に対する差別的言動が当事者に「多大な苦痛」をあたえ、「地域社会を分断する」害悪があることを認め、「不当な差別的言動は許されないことを宣言」している。同法の成立・施行によって、日本政府はそれまで否定し続けてきた差別の被害を認め、反差別の立場から差別的言動の解消に向けた取組みを推進することとなった。

 「解消法」施行以降、地方自治体においても「解消法」の実効化にむけた条例づくりが検討されたり、中止となったヘイトデモもあるなど、一定の効果も現れている。しかしながらピーク時に比べて減少してはいるもののヘイト街宣やデモは止むことなく開催されており、インターネット上でのヘイト・スピーチとその拡散は依然として問題となっている。許されないはずの差別的言動は今もなお横行しているのだ。

 それもそのはず、反差別の先頭にたつべき日本政府自身が、差別的意識を助長する不当な政策を継続している有り様だからだ。「高校無償化」制度から、ほかの高校生たちと同じ人権を保障する必要はないとばかりに朝鮮学校の子どもたちを排除し、地方自治体が朝鮮学校との友好関係のなかで支給するに至った補助金の再考を促す通知を発出するなどの不当な差別政策を改めない日本政府の姿勢が、下劣なヘイト・スピーチ発生の誘因となり続けているのは明らかであろう。

 振り返ると一九八〇年代後半から二〇〇〇年までのチマ・チョゴリ切り裂き事件に象徴される朝鮮学校の児童・生徒たちへの暴言・暴行事件の前段にも、朝鮮民主主義人民共和国との間の政治的・軍事的緊張のなかで打ち出された日本政府の共和国に対する敵視政策や「制裁」措置があった。

 二〇〇二年の朝・日首脳会談以降は、日本政府が「拉致問題」を前面に押し出しながら共和国とつながりのあるものに対しより露骨な権利制限を発動することで排外主義を勢いづかせ、京都朝鮮学校襲撃事件のような凶悪なヘイトクライムをも誘発した。そしてそれらを伝えるメディアは、チマ・チョゴリ切り裂き事件多発の際にも、京都朝鮮学校襲撃事件発生の際にも、排外主義者らに対する批判こそしたが、そのような事件の呼び水となった日本政府の差別政策には無頓着で、むしろ「北朝鮮バッシング」を執拗に展開し「北の脅威」を喧伝することで「北」を「悪魔化」し、「北」とつながりのある朝鮮学校の子どもたちは権利制限や差別を受けても仕方がないかのような印象を社会全般にあたえてきた。

 日本政府が差別を扇動し、メディアがそれに加担することで、社会一般に朝鮮と名のつくものに対するヘイトが侵食し、三者を循環しながら日々ヘイトが増幅している。このように、在日朝鮮人に対する差別とヘイトは、継続する植民地主義をベースに国家の動きと密接に絡み合いながら深化しているのだ。

 差別とヘイトのない社会を実現するためには、やっと手にした反人種差別法である「解消法」を足がかりとして、より包括的な人種差別撤廃基本法の制定を求めていくことが肝要だ。しかしそれだけではいけない。既述したように、在日朝鮮人に対するヘイト・スピーチの原因には根深い植民地主義があり、日本政府による一貫した朝鮮学校差別があり、それらが日本社会で在日朝鮮人は差別をしても良い対象であるかのような偏見を生み出し、ヘイト・スピーチをまん延させ、排外主義を助長させてきたのだ。日本をして植民地主義を克服させない限り、排外主義はこれからも増大していくだろうし、差別とヘイトの連鎖は断ち切れない。

 継続する植民地主義自体の、そしてそれによって引き起こされているヘイト・スピーチやヘイトクライムの最たるターゲットとなっている朝鮮学校の子どもたちを裁判闘争も含むあらゆる手段を講じて守っていくという在日朝鮮人の尊厳をかけた私たちの闘いのその先は、差別とヘイトのない社会へとつながっていると確信している。どんなに長く険しい道のりであっても、朝鮮学校への「高校無償化」適用や補助金支給再開を含む民族教育の保障を勝ち取るまで決して屈することなく突き進んでいこう。

 カテゴリー:人権と生活,書籍|投稿日:2017年5月26日|

 ◆2015年度事業報告等–協働ネットしが
 ttps://www.kyodoshiga.jp/file_box/files/member/file_1612_9b2cf53ba2e886f731312a1637237bce.pdf

 2015年度事業報告
 19頁/36頁

 2.研修事業

 (1) 地域リーダー養成講座 参加数 279人

 地域住民、各種団体、人推協、NPO、企業などの関係者を対象に、地域で活躍されるリーダーの養成をめざして開催した。

 部落問題の歴史や現状、解決の方向性について考える講座や、性の多様性やヘイトスピーチなど、現在の多様な課題について学びを深め、地域での活動に資するものとなった。本講座も単発的なものでなく、継続的な内容の講座にすることが課題である。

 3回
 月日:7月16日(木)
 講義内容:在日コリアン・ヘイトスピーチ問題
 講師:梁英聖(一橋大学)
 受講者: 26人
 会場:滋賀県立男女共同参画センター


 この関連だが、川崎市には「市民文化局人権、男女共同参画室」という部署がある。

 法務省の出先みたいなものだが、それでもヘイトスピーチ関連では時の省庁である。

 日本人から見ると在日の手先にしか見えないが、一応、名前だけは人権と男女参画と書かれている。ここが昨年の川崎デモ関連の公園使用許可問題で大ポカをやった。

 人権擁護を担当する部署があきらかな人権侵害を演じてしまったのである。

 「1670川崎デモ憲章資料」PDFで掲載してあるが、公園内行為許可申請について福田川崎市長から不許可決定通知が出されている。

 従来、この関係は川崎区役所道路公園センター管理課の担当であり、4人〜6人の押印で運営されていた。それがこの件では「建設緑政局緑政部みどりの企画管理課」「市民文化局人権男女共同企画室」という部外者が参画し、果ては市長まで16人もの押印という回議書となっている。

 決定の理由が

 <平成>28年5月24日に成立した本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取り組みの推進に関する法律に規定される不当な差別的言動を行う恐れが認められるため>ということなのだが、公園許可申請をした主催者のデモは「日本浄化デモ第三弾」というものでヘイトとはまるで関係がないものであった。

 申請した主催者に関係のない罪をなすりつけ、でっち上げて、またそれを行う恐れがあるとしての不許可はまさに憲法違反、人権侵害というまごうことなき犯罪である。

 このあり得ない人権侵害に対し、担当部署である「市民文化局人権、男女共同参画室へ

 1.川崎市におけるヘイト団体に関する定義について

 1.主催者である瑞穂尚武会がヘイト団体であると見なす根拠及び過去のヘイトスピーチと認定される発言についての根拠について開示請求したところ

 該当条文はありません。

 (理由)当該文書は、文書不在のため開示することができません。という開示拒否通知があり、根拠なき処分が行われたことがあきらかとなった。

 その人権侵害事件に人権擁護を標榜する担当幹部が課長、室長そして局長まで雁首をそろえて裁可押印しているのである。

 第五次告発では特定ができなかったので、これら職員は告発していないが、次回は関係者全員を告発することになる。もちろん外患罪での告発である。一方、デモ参加者もこの件は民事、刑事両面で告訴の準備をしていると聞いている。

 共謀罪が成立して7月10日すぎには施行される。有事外患罪適用下では裁判官も弁護士も検察官も聖域はない。弁護士会が告発され、弁護士が懲戒請求されている。

 昨日、ローカル地検に残りが発送された。また、あと10日もすれば東京地検を初めとする第一陣告発状がすべて返戻されてくる。(笑い)検察官もいよいよ告発対象となる。

 もう予定がぎっしりで書き切れないからこの関係はここまでにする。


郡子

 いつもお世話になります。初めてメールします。

 6/17東京弁護士会通知書、6/18第一東京弁護士会から簡易書留が届きました。第一東京弁護士会からは以下の通りです。

 送付書類

 ・懲戒請求の受理通知 1枚
 ・懲戒の請求(懲戒手続)について 1部(4枚)
 ・懲戒請求に関する回答書 1枚

 懲戒請求の受理通知…当会会員 小田修司弁護士 (事件番号:平成29年 一綱第247号綱紀事件) 第一東京弁護士会会長 澤野正明 押印と割印有り。

 ※懲戒請求に関する回答書…貴会から平成29年6月16日付け文書にて確認がありました吉岡毅弁護士の件について、次のとおり回答いたします。

 私が懲戒請求の対象として懲戒請求書に記載した吉岡毅弁護士は

 □ 第一東京弁護士会に所属する吉岡毅弁護士です。
 □ 埼玉弁護士会に所属する吉岡毅弁護士です。

 平成 年 月 日
 住所
 氏名 捺印

 ※吉岡毅弁護士が二人存在(同姓同名)している様なので、どちらの方の懲戒請求をしているのか、7月10日必着で回答を求めています。

 回答の無い場合は、対象の弁護士を特定出来なかったと判断して、今回の懲戒請求書は当会会員である小田修司弁護士1名に対するものとして扱いますので…とあります。どのように回答すれば宜しいでしょうか?ご指示をお願いします。

 懲戒請求に関する回答書の宛先

 〒100-0013
 東京都千代田区霞が関1-1-3弁護士会館11階
 第一東京弁護士会綱紀委員会宛


.....突然にこんな通知書が来ると驚くよな。まあ陰湿かつ悪質な嫌がらせだよ。冷静に考えればすぐにわかることだ。

 □ 第一東京弁護士会に所属する吉岡毅弁護士です。
 □ 埼玉弁護士会に所属する吉岡毅弁護士です。

 全弁護士が強制加入の組織である日弁連に懲戒請求したのなら同姓同名の確認はわかる。しかし、所属する第一東京弁護士会に懲戒請求したのであるから、その段階で対象弁護士は特定されている。なぜそこに埼玉弁護士会吉岡毅弁護士が出てくるのだろうか?

 これはあからさまな虚偽告発のようなもので、たぶん第一東京弁護士会は埼玉弁護士会吉岡弁護士になにか恨みがあるのだろう。(???www)埼玉弁護士会に所属する吉岡毅弁護士は当然、名誉毀損で第一東京弁護士会を告訴することになるだろう。

 少なくともこの件について、第一東京弁護士会は埼玉県弁護士会所属吉岡毅弁護士に謝罪かつ今回の懲戒請求者に対しては詳細な経緯の説明と謝罪が必要であろう。

 先般お知らせしているが4人が過労でダウン。余命も右手がアウトの状況である。昨日は6人体制で残務整理して告発状の送付は完了したが、本日は7人がアウトで二人きりである。告発を優先したため懲戒請求書の送付が遅れている。とにかく1通ずつの日付記入が大変なのだ。懲戒請求第一波は200名4800件、第二波は6月19日付けで4800件を本日送付した。残りが約800名、20000件ほどある。できるだけ急ぐが時間がかかりそうだ。 こういう状況であるから、本日送付分を含めて第一東京弁護士会はあと1000件ばかり、延々と虚偽告発的通知を懲戒請求者に送付することになる。つまり確信的な犯罪行為の繰り返し継続となるからさすがに無理。このままでは第一東京弁護士会会長と綱紀委員会メンバーは刑事告発されることになるだろう。

 事実関係が明らかで争いようのない事案についての申告や告発は、テーマが同じである場合は組織対象が広く大きいほど差異がでてくる。ポカがあれば自縄自縛もあれば自爆もある。全国知事生活保護費支給問題、朝鮮人学校補助金支給問題、弁護士会への朝鮮人学校補助金支給要求声明問題、そして今回の懲戒請求もその取り組みの一環である。

 全国知事の場合は責任関係がはっきりとせず進展していないが、弁護士会については明らかに確信的声明ということで刑事告発と懲戒請求にまで進んでいる。

 いずれも告発に対して検察は門前払いという対応をしているが、第四次告発までの経緯を見れば明らかなように、権限外の外患罪否定、何の根拠もない告発に関する証明、疎明要求、そして返戻文書に公文書として押印がないなど無理を重ねている。

 都合の悪い事案を隠そうとしてウソをつくとそれを隠すためにまたウソをつく。犯罪を隠そうすれば、また犯罪を重ねるという悪循環スパイラルが起きる。

 今回の懲戒請求では第一東京弁護士会がはまってしまった。一人の傘下弁護士を救うために無関係の埼玉弁護士会弁護士を巻き込んでしまった。明らかな犯罪行為で、当事者綱紀委員会と弁護士会の会長の責任は免れまい。このままでは弁護士会全体が炎上しかねない。

 綱紀委員会がガス抜き装置であることは明らかだが、放置がチャラとなることなどは枝葉末節である。今回外した、川崎デモ公園問題でのねつ造事件弁護士は原告団により懲戒請求される予定である。放置がチャラなら結構なことだ。まさに自殺行為であり、自浄能力なしとして法務省が介入、解体あるいは第二の弁護士会設立に進むだろう。

投稿日:2017年6月20日